そして祭りはクライマックスへ

170718-01.jpg

普段ですと、もうそろそろ街も人も寝静まろうとする午前一時過ぎ・・・
この夜は特別な瞬間を迎えようとしています。

170718-02.jpg

各流から山笠櫛田神社前に集合し始まます。

170718-03.jpg

そして午前4時59分、今年の一番山笠中洲流」が櫛田入りをし、その後は順に5分間隔でまだ明けきらない博多の街へ出ていきます。

170718-04.jpg

一気に博多の町は熱気に包まれ、祭りも最高潮となります。

170718-05.jpg

約5キロの道中を各流れの男たちが意地と誇りをかけて駆ける姿は、まるで九州男児を象徴するかのようです。

170718-06.jpg

最後に七番山笠「東流」が「廻り止め」へゴールすると、長くもあり短くもある博多の夏の風物詩もここ廻り止めで舁き手の男たちの余韻と共に静かに幕を下ろします。

170718-07.jpg

ただこの「廻り止め」は来年への新たなスタート地点であることも博多の男たちの表情は物語っているような気がしました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 福岡 - ジャンル: 地域情報

タグ: 福岡  風物詩  山笠  櫛田神社  追い山  中洲流  西流  千代流  恵比須流  土居流 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ