土用の丑の日といえば

昨日は「土用丑の日」でした。
土用(どよう)とは、五行に由来する暦の雑節のことで、四立(立夏・立秋・立冬・立春)の直前約18日間のことを言うそうです。
一般的には、夏の土用(立秋直前)を指すことが多いけれど、その他の季節にあったんですねぇ

では何故丑の日に「うなぎ」??
日本で暑い時期を乗り切るために栄養価の高いウナギを食べるという習慣は万葉集にも詠まれているほどの古いものだそうですが、諸説ありますが、その習慣に火をつけたのは、あのエレキテルなどで有名な平賀源内が発案したという説が最もよく知られています。
ただ栄養価の高いものを食することが当たり前になった現代においてはエネルギーやビタミン等の栄養不足が原因で夏バテになることは考えにくく、夏バテ防止のためにうなぎを食べるという行為は医学的根拠に乏しく、効果があまりないようです。

また「丑の日」に『う』の字が附く物を食べると夏負けしないという風習もあったそうで、鰻以外には瓜、梅干、うどん、うさぎ、馬肉(うま)、牛肉(うし)などを食する習慣もあったようです。
今日においてはスーパーなどのチラシでうなぎ以外も便乗セール的に掲載されていますよね。

170726.jpg

さぁ気のせいでもいいから、例年と比べて異常と思われるほどの暑さの沖縄の夏を乗り切りたいと思い、私も昨日は「鰻」でした。
ちなみに今年は8月6日が「二の丑」だそうで、その日にも・・・
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 季節を感じる - ジャンル: ライフ

タグ: 土用  丑の日  うなぎ  スタミナ 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ