岩峰群に囲まれた霊場(第五番 天念寺)

参拝日 2017.3.11

『概略』

長岩屋山 天念寺 天台宗

大分豊後高田市岩屋(地図

御本尊 聖観世音菩薩
ご真言 おん あろりきゃ そわか

国東半島の中心をなす「両子山(標高721m)の六つの谷筋に形成された集落「六郷」に栄えた六郷満山の寺院群の中でもここ天念寺は六郷満山座主格を持ちかつては大いに栄えたお寺です。

33s05-02.jpg

天念寺は昭和16年(1941年)の大洪水で本堂や庫裡、そして大切な記録まで失ってしまいました。
現在は岩峰群を背に護摩堂、身濯(みそそぎ)神社、そして再建された本堂が並んでいます。

33s05-01.jpg

本堂には痛みは激しいものの釈迦三尊や吉祥天などの木造平安仏が安置されています。

33s05-03.jpg

そしてそれこそ岸壁に突き刺さるように建っている「身濯神社」

33s05-04.jpg

33s05-05.jpg

裏手にまわると「突き刺さる」とはこのことだといわざるを得ない建物です。

33s05-06.jpg

そして棟続きのように建っている茅葺のお堂が「護摩堂」です。

33s05-07.jpg

こちらの岩窟内の内陣には薬師如来坐像が・・・そして片手が失われた破損著しい霊場ご本尊の「聖観音菩薩立像」。

33s05-08.jpg

この護摩堂は毎年旧暦の正月七日に法会として行われる「修正鬼会」の舞台となっています。修正鬼会は現在国指定の重要無形文化財となっていてます

33s05-09.jpg

天念寺でもう一つ有名なのが道路を挟んで反対側の長岩屋川の中にある巨岩に刻まれた不動三尊「川中不動」です。
度重なる氾濫などの水害除けのため祀られたと伝わっています。

33s05-10.jpg

さて天念寺のそばに真新しい建物があります。
平成15年に出来た「長岩屋伝統文化伝習施設・鬼会の里」です。

33s05-11.jpg

こちらではいつでも巨大画面の映像で鬼会を楽しむことが出来ます。

*ご参拝の際のご朱印は通常天念寺は無住のため長安寺(0978-27-3842)に連絡の上、頂いてください。

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

33s05-12.jpg

ご詠歌

よしあしを いわやのやまの ゆうかぜに
        みのけむりも そらにきえなん

ご朱印

shuins33-05.jpg

合掌

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州西国三十三観音霊場  遍路  巡礼  ご朱印  大分  豊後高田  長岩屋山  天念寺  聖観音菩薩  川中不動 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ