昨日は旧暦の7月7日

7月7日といえばまず頭に浮かぶのは一年に一回の織姫様と彦星様のデートの日、「七夕」ですよねぇ
お盆の行事としてもとても大事な日なのはご存知でしたか?

170829-01.jpg

沖縄ではご存知の通り現在でも旧暦お盆の先祖供養をしますので、旧暦の7月7日はちょうど一週間前。

祖先の墓参りで線香やお茶などを供えたり、七夕であることやお盆が近づいていることを告げお盆の案内をします。

その後、お墓の周りの草刈をしたり掃除をしたりします。そしてお家ではお仏壇の掃除をしたりお茶をお供えします。

ところで沖縄お盆といえば、なんと言っても「エイサー」ですよね。
一昨日北谷公園陸上競技場にて「第52回 沖縄青年ふるさとエイサー祭り」が開催されましたので観覧にいってきました。

170829-02.jpg

やっぱりエイサーはいいですねぇ~

170829-03.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 沖縄 - ジャンル: 地域情報

タグ: 沖縄  お盆  旧盆  エイサー  七夕 

[edit]

trackback --   Comment (1)

PAGE TOP

コメント

感謝の心を持って手を合わせて幸せ

「盲亀の浮木」人とのつながりは盲亀浮木の如く。
大海に住む盲目の亀が百年にただ一度だけ海面に浮かんでくる時に、
たまたま穴の開いた流木が浮いて、その流木の穴に首入れるという仏教の寓話があります。
言わば、めぐり合うことは非常に難しいことの例えです。

このように考えてみると、
血のつながる家族となることは、盲亀浮木のような奇跡の確率です。
生まれてくることは、両親がいます。それぞれの祖父母4人。
時間軸をさかのぼっていくと、10代を遡ったら自分と同じ血が流れている先祖は1024人。
20代前だと100万人!

そのうちのただのひとりでも欠けたら、自分はいま存在していないです。
「命」を次につないできたから、現在の自分の「命」があります。
家系図作りが、命のつながりを知ることで家系の歴史を知ることができます。
先祖に手を合わせて感謝の心は常に大切にしていきたいです。

お盆お彼岸 #- | URL 【2017/08/31 22:28】 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ