幸せ観音(第十二番 椿大堂)

参拝日 2017.3.11

『概略』

西高野山 椿大堂善通寺) 高野山真言宗

大分県豊後高田市黒土1400(地図

御本尊 十一面観音
ご真言 おん まか きゃろにきゃ そわか(おん ろけい じんばら きりく そわか)

霊場御本尊 聖観世音菩薩(幸せ観音
ご真言 おん あろりきゃ そわか

国東半島の中に「九州三十三観音」霊場の札所があったので立ち寄ることにしました。

ところが目指すお寺のある地域は、椿堂(椿大師)・椿大堂善通寺・椿観音)・椿光寺の三ヶ寺がいずれも「元祖」「ゆかり」と謳うカオス地域でした。
諸説あるためここでは触れることはやめておきます。

というわけで、私は「九州三十三観音霊場」めぐりですので、黙って椿大堂に向かいます。

左に椿光寺の修行大師の大きな像を見ながら、右手の石段を上がって山門をくぐります。

33k12-01.jpg
*境内より外に向かって撮影

この山門は椿堂(椿大師)と共用になっていて、目指す椿大堂善通寺)はくぐってすぐ右にあります。

33k12-02.jpg

善通寺と書かれた扁額の下より階段を登ると本堂があります。

33k12-03.jpg

こちらでお参りをさせていただき、本堂を辞して、さらに階段を登ると鐘楼に出ます。
その鐘楼の隣に、突いた鐘の音が幸せとなって返って来る様にと入魂開眼されている霊場ご本尊の「幸せ観音」様がおられました。

33k12-04.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

ご詠歌・ご朱印

幸せの 鐘の音ひびく 椿堂
    観音慈悲の 声と聞くらん

33k12-05.jpg

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州三十三観音霊場  遍路  ご朱印  巡拝  第十二番  椿大堂  善通寺  幸せ観音 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ