空海を救った不動明王(第三十四番 鎮国寺)

参拝日 2017.2.11

『概略』

屏風山 鎮国寺 真言宗御室派

福岡県宗像市吉田966番地(地図

御本尊   胎蔵界大日如来坐像
ご真言   おん あびらうんけん ばざら だとばん

霊場御本尊 不動明王立像(身代わり不動
ご真言   のうまく さんまんだ ばざらだん せんだ まかろしやだ そわたや うんたらた かんまん

今般お参りに伺った際の鎮国寺は梅はそろそろ終わりで、早咲きの桜や水仙が盛りを迎えていました。

36f34-02.jpg

境内で本堂と見紛うばかりの大きなお堂の護摩堂には、大師作と伝わる像高93センチあまりの木造不動明王が祀られ、身代わり不動として崇敬を集めています。
国指定重文の秘仏で、柴灯護摩の厳修される四月二十八日だけ御開帳されますが、こちらが霊場本尊です。

36f34-01.jpg

余談ですが、この柴灯護摩供では、境内で火渡りが行われ護摩木を燃やし住職をはじめ山伏や参拝者が燃え尽きた灰の上を素足で渡るそうです。
そして参拝者は誰でも参加できるそうですが、それほどの暑さではないようです。

さて鎮国寺には奥の院と呼ばれている「不動堂」があり、帰朝後弘法大師・空海様が籠もって修行したと伝わる岩窟を背に立てられています。

36f34-03.jpg

こちらのご本尊も不動明王様で弘法大師が遣唐使として渡海のおり台風に遭遇し、その際神仏に祈ったところ不動明王が出現し波を鎮めたという逸話があり、ご朱印には「波切不動尊」と書かれていました。

また鎮国寺のお不動様には様々な霊験話があり、車で大事故に遭ったのに怪我一つなくお守りだけが割れていたとか、腹痛で乗り遅れた飛行機に重大なトラブルが発生したとか底知れないパワーをお持ちのようです。


*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

36f34-00.jpg

ご詠歌

身代わりの 誓いをたのむ 鎮国寺
     阿字の山坂 のぼるうれしさ

ご朱印

36f34-000.jpg

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

九州八十八ヶ所百八霊場ご朱印など関連記事も併せてご覧ください。
九州八十八ヶ所百八霊場・鎮国寺 
九州八十八ヶ所百八霊場・鎮国寺奥の院) 

九州西国霊場 第三十一番札所 

*******************************************************
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州三十六不動尊霊場  遍路  巡礼  ご朱印  鎮国寺  身代わり不動  弘法大師  九州八十八ヶ所百八霊場  九州西国霊場  九州三十三観音霊場 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ