玉陵(たまうどぅん)

せっかく首里城まで来たので、お隣の「玉陵たまうどぅん)」へも立ち寄りました。

玉陵 たまうどぅん

玉陵琉球王朝第二尚氏陵墓です。

玉陵 たまうどぅん

墓室は三つに分かれていて

玉陵 たまうどぅん

沖縄では以前、遺体を埋葬あるいは納棺したのち、一定年月を経て取出し、遺骨を洗い清めて骨壺に納める葬礼が行われていました。
普通3~7年後には棺を取出して洗骨しますが、それを行うのは女性と決められ、海水、湯水、酒などで洗い清め、足骨から順次骨壺に入れて、最後に頭蓋骨を納めたようです。

玉陵 たまうどぅん 中室

正面の中室はその洗骨前の遺骸を安置する部屋

玉陵 たまうどぅん 東室

そして向かって左側の東室は洗骨後の王と王妃

玉陵 たまうどぅん 西室

右側の西室には限られた家族が葬られています。

玉陵 たまうどぅん

玉陵 たまうどぅん 獅子石像
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 沖縄 - ジャンル: 地域情報

タグ: 玉陵  たまうどぅん  沖縄  首里城  第二尚氏  陵墓 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ