FC2ブログ

菖蒲華(あやめはなさく)

沖縄では梅雨も開け、気温も空も雲の様子もすっかり夏モードですが、七十二候では『菖蒲華(あやめはなさく)』で水辺に菖蒲(あやめ)の花が美しく咲く頃です。

平安時代などでアヤメと書かれたのは、端午の節句の菖蒲湯(しょうぶゆ)にその葉を使うサトイモ科のショウブのことだったようで、それが江戸時代になってから現在のアヤメ科のアヤメを指すようになったようです。
同属の燕子花(かきつばた)とは、「いずれあやめか燕子花」という言葉どおり、非常に見分けがつきにくいです。

沖縄でも4月上旬ごろ満開になるアヤメ科の「オクラレルカ」というアイリスの一種で和名では「長大アイリス」といわれるトルコ原産の花が多く栽培されています。
紫色のアヤメのような花が咲き、主に花材として葉を使うために栽培されています。

170628.jpg
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 沖縄 - ジャンル: 地域情報

タグ: 沖縄  七十二候  菖蒲  アヤメ  杜若  かきつばた  オクラレルカ 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ