FC2ブログ

蒙霧升降(ふかききりまとう)

今日から七十二候の第45候の「蒙霧升降ふかききりまとう)」です。
深い霧がまとわりつくように立ち込める頃です。

いまだ残暑厳しき毎日が続きますが、朝晩特に早朝は空気が多少冷えてきて山間部や水辺では空気が冷えて山間の湖面などは一面白い霧に覆われるようになります。

蒙霧升降 ふかききりまとう

皆さんも避暑地の高原の中にある湖などでそんな光景を眼にしたことがあるかと思います。
日中は真夏の日差しが降り注ぐ中、早朝のほんの一瞬、幻想的な風景を作ってくれるのもこの時期ですね。

このように「涼」を感じさせてくれるひとときは、厳しい日差しをよけて日陰で口に含んだ冷たい「かき氷」の一口と同じような至福のひとときをもたらしてくれます。

そこでそんな夏ならではの楽しみのひとつ美味しいかき氷についての蘊蓄を・・・

この「かき氷」現代人ばかりの楽しみではなかったようです。

日本書紀に氷室の記述が

わが国最古の歴史書である「日本書紀」には額田大中彦皇子(ぬかたのおおなかつひこのみこと)が狩りに出かけた折、氷室を見つけ、その所有者である豪族に保存法、使用法を聴き、その氷を宮中の天皇に献上し大変喜ばれたという記述があります。
 それ以降蔵氷、賜氷という制度が起こり、調停のために氷室を管理する役職まで設けられたとのことです。

当時は製氷技術などは勿論無いのですから冬期に池で水を凍らせそれを切り出し麓の穴蔵や洞窟の奥に入れておきます。冷却効果を高めるためにたくさんの氷を入れ、断熱効果のためおがくずなどを氷にかけておいたようです。今ブームになっている天然氷もこの製法に倣って作ったものでその口どけの良さは絶品です。

清少納言の枕草子にはかき氷の件が

また清少納言の「枕草子」の「あてなるもの(上品なもの、よいもの)」の段に
「削り氷にあまずら入れて新しき金鋺(かなまり)に入れたる」と書かれています。
現代語では「削り氷にシロップのような蔓草の一種である甘葛(あまがづら、あまづら)の汁をかけて新しい金属の器に入れてあるのが実に優雅です」とでもなるでしょうか。

かき氷の歴史

明治2年・・・私たちに身近なかき氷はアイスクリームを発祥させたと伝わる店が氷水店を開店。

明治4年・・・函館・五稜郭の堀で生産された天然氷が「函館氷」と銘打って京浜市場に登場し、輸入氷より品質も良く安価であったため商品化に成功。

明治11年・・・それに便乗した粗悪な氷の販売を取り締まるため内務省が「氷製造人並販売人取締規則」を制定。衛生検査に合格した氷の生産地及び販売者を示した幟や看板を掲出することを義務付けました。

明治20年・・・削氷機が発明される。

氷削り器 削氷機

昭和初期・・・削氷機が普及することによりかき氷が一般化した。

ざっくりかき氷の歴史はこんな経緯でした。

戦前は削った氷に砂糖を振りかけた「雪」・砂糖蜜をかけた「みぞれ」・小豆餡をのせた「金時」が主流でした。
戦後になってかき氷専用のシロップ(氷蜜)が普及して現在に至ります。

九州沖縄のご当地かき氷3選

最後にそんな「かき氷」全国地にご当地かき氷なるものも存在しているようですが、九州沖縄のご当地かき氷をご紹介しておきましょう。

  1. 熊本県のご当地かき氷「コバルトアイス


  2. 熊本の銘菓の蜂楽饅頭のお店が出している「コバルトアイス」。国産蜂蜜を使った自家製シロップに練乳をミックスし、涼しげなコバルトブルーに色付けしたちょっと見ブルーハワイのようなかき氷。

    コバルトアイス

  3. 鹿児島県のご当地かき氷「しろくま


  4. もう知名度は全国区の「しろくま」。かき氷にみかんやパイナップルの缶詰の果物を盛り込み小豆をのせ、練乳をかけたもので、最近ではカップ入りやアイスキャンディーも出ています。

    鹿児島 しろくま

  5. 沖縄県のご当地かき氷「ぜんざい」


「ぜんざい」は本土のぜんざいとは違い、小豆や金時豆(こちらの方が一般的)を甘く煮てその上にかき氷をかけたもの。煮汁を凍らせたものをかき氷にしているお店もあります。

沖縄 ぜんざい 氷ぜんざい

他の各地にもご当地かき氷があるようですので、暑いさなか旅先でのご当地かき氷がその地の夏の風物詩となり旅の思い出にもう一ページ加えてくれることでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - ジャンル: 地域情報

タグ: 七十二候  九州  沖縄  鹿児島  熊本  蒙霧升降  ふかききりまとう  かき氷  コバルトアイス  しろくま 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

寒蝉鳴(ひぐらしなく)

今日から七十二候では「寒蝉鳴ひぐらしなく)」です。
寒蝉」とは秋を告げる蝉のことで、蜩(ひぐらし)を指すようです。
あの哀愁を帯びたカナカナ…という鳴き声は日の出前や日の入り直後の薄暗い時間帯に聴こえてきます。
特に夕暮れ時に聴こえてくるあの響きは日本人の琴線に触れる鳴き声だと思います。

蝉の鳴き声といえばあの松尾芭蕉の有名な句
閑さや 岩に染み入る 蝉の声」ですよね。
あの蝉の声はニ~ンニ~ンと鳴くニィニィゼミだそうです。
私はあの声はニィニィゼミではなくて蜩の声の方が似合うような気がします。

このようにセミの様々な鳴き声がるようで、沖縄では「カ~ンカ~ン」甲高く金属的な鳴き声の大島蝉オオシマゼミ)という小さな蝉がいます。内地育ちの私には初めて聞く鳴き声でした。

ちなみおなじみどころの蝉の鳴き声は
ニィンィゼミ「ニ~ンニ~ン」
ヒグラシ「カナカナカナカナ・・・」
アブラゼミ「ジージリジリ...」
ミンミンゼミ「ミーン、ミーン」
クマゼミ「シャア、シャア」
ツクツクボウシ「ツクツクボーシ、ツクツクボーシ」
こういったところでしょうか。

せみ くまぜみ 沖縄 寒蝉鳴 ひぐらしなく

夏から秋にかけてその移ろいを声で感じさせてくれる蝉達。
こんなちょっとした音にも季節を感じられることが出来る日本って素晴らしいですよね。
関連記事

テーマ: 九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - ジャンル: 地域情報

タグ: 歳時記  寒蝉鳴  ひぐらしなく  七十二候  九州  沖縄 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

立秋・涼風至(すずかぜいたる)

ニュースでも「暦の上では秋」の連呼と記録的、災害的猛暑の連呼がレギュラーニュースとなっています。
こう二十四節気と実態がかけ離れてくると四季に恵まれた国「日本」としても悩ましい限りです。
ちなみに細分化された七十二候では「涼風至」(すずかぜいたると読みます)。台風9号が接近している沖縄地方では湿度は高いものの連日よりは幾分涼しい風(強風ですが)吹いています。

私は余程の悪天候でない限り、ロコモティブシンドローム予防に毎日歩くように心がけていますが、沖縄ではこの「涼風」ふとした瞬間に感じることがあります。
身体に射すように照り付ける紫外線の中、海沿いの木々の影の下を通る時まるでエアコンの吹き出し口の前にいるかのような涼風が優しく火照った身体を包んでくれます。
暑いからこそ逆に感じられる「涼」なのかもしれませんね。

沖縄 海岸 海辺 木陰 涼風

しかし、38度、39度と体温を凌ぐような連日の猛暑
高齢者の熱中症による死亡事例の報道には他人事ではなく心が痛みます。

アナウンサーは「水分をこまめに摂り、室内では適切にエアコンを使用しましょう」と呼びかけていますが、それでも後を絶たないエアコン不使用による死亡事例。

呼びかけ自体は間違ってはいないのですが、不使用の理由をもう少し遠因も含めて検討する時に来ているのではないでしょうか。

確かに「エアコンが嫌い」という方もおられると思います。そのような方々には好き嫌いより命を守ることを優先するように呼びかけるべきだと思います。

私が憂慮しているのは「経済的理由」によりエアコンの使用を控えている方々のことです。

昨今の猛暑災害的であるならば、経済的理由によるエアコンの不使用が死亡事例の原因であるならば、もはやお亡くなりになられた方々は「災害的弱者」と言わざるを得ません。

地球温暖化もその一因であると言われている猛暑を含めた異常気象、今後ますます酷くなり続くことでしょう。

日本の政府も一機何十億、何百億という防衛装備の一割でもいいのでこういった高齢者等の災害弱者のために振り向けてこそ「国民に寄り添う政治」ではないかと強く思う今日この頃です。

最後に台風9号は先島地方に最接近する頃には猛烈な勢力に発達するようです。
台風が大きな被害をもたらさない様に祈るばかりです。
関連記事

テーマ: 九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - ジャンル: 地域情報

タグ: 歳時記  涼風至  立秋  二十四節気  七十二候  九州  沖縄  猛暑  台風9号  エアコン 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ