FC2ブログ

爪刻不動明王(第百四番 大智院)

参拝日 2011.4.23

『概略』

黒髪山 大智院 真言宗大覚寺派

長崎佐世保市戸尾町9-8(地図

御本尊 爪刻不動明王立像
ご真言 のうまく さんまんだ ばだらだん せんだ まかろしやだ そわたや うんたらた かんまん

佐世保駅にも程近い市街地の高台に大伽藍を構える大智院の山号の「黒髪山」は昔、弘法大師が登拝し、自ら爪で刻まれた不動明王を祀っておられた霊山です。
(*同じ山号のお寺「西光密寺」も参拝済みです。)

明治時代の大火により隆盛を極めた80を超えたといわれる末寺のほとんどが焼失し、当地に移転しました。その後戦災により衰退した時期もありましたが、世状の安定に伴い次第に寺勢も回復し平成18年には開創200年を迎えられたそうです。

境内に入ると正面に本堂があり、黒髪山三所権現の本地仏である薬師如来、阿弥陀如来、千手観世音菩薩を本尊に脇に不動明王、愛染明王がお祀りされています。

104-01.jpg

また圧巻なのは正面に鎮座される等身大の弘法大師のご尊像で、数年に一度お衣替えの儀式を行うことから「生身大師」「御衣大師」と呼ばれているそうです。

本堂の右手には不動護摩堂があり、移転とともに移されたご本尊の「爪刻不動明王」があり、平素は秘仏となっていて、毎年の節分星まつりの日にご開帳になるそうです。

お堂の右手に回り込むと石仏がたくさん並んだ「曼荼羅庭園」があり、季節の花々が素晴らしい空間を醸し出しています。

104-02.jpg

折りしも私が伺った時はシャクナゲの花が咲き誇っていました。

104-03.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

104-04.jpg

ご詠歌

黒髪の お山で大師 お爪にて
    不動の姿 お刻りたまえり

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)
九州八十八ヶ所百八霊場第六十九番札所 黒髪山 西光密寺の過去記事も併せてご覧いただければ幸いです。

*******************************************************
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  長崎  佐世保  第百四番  大智院  爪刻不動明王  黒髪山  真言宗大覚寺派 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

平戸松浦藩の祈願寺(第七十四番 東漸寺)

参拝日 2011.4.23

『概略』

岩問山 東漸寺 真言宗智山派

長崎佐世保市中里町250(地図

御本尊 薬師如来立像
ご真言 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

平戸松浦藩寄進といわれる山門の前には、幹回り約7.2メートル、高さ約20メートルそして樹齢約500年といわれる大きな楠が迎えてくれます。
この楠、長崎県の天然記念物にも指定されていて、今もなお青々と葉を茂らせて思わず手を合わせたくなるような生命力をが伝わってきます。

和銅年間(708~715)に行基菩薩が現在の奥の院となっている岩問山に草庵を結び薬師如来を祀ったのが東漸寺の始まりと伝えらています。

境内は心地よく整備されて本堂手前の蘇鉄がとても印象的です。

74-01.jpg

本堂は入母屋造に唐破風の向拝をつけ、右側には千鳥破風も有する豪華ながら京風の美意識も感じさせてくれる建物です。

74-02.jpg

ご本尊の行基菩薩作の薬師如来様へのお参りを済ませ、境内に戻ると本堂左手の弘法大師を乗せた石門をくぐると四国八十八ヶ所の本尊石仏がすらりと居並ぶミニ霊場となっていました。

74-03.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

74-04.jpg

ご詠歌

瑠璃光の 楠葉にもるる 岩問山
    大悲の光 照りて 隈なし

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  長崎  佐世保  第七十四番  東漸寺  真言宗智山派  薬師如来 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

鎌倉時代の阿弥陀如来像(第七十二番 光輪院)

参拝日 2011.4.23

『概略』

櫨山 光輪院 高野山真言宗

長崎佐世保市宮地町4-5(地図

御本尊 阿弥陀如来坐像
ご真言 おん あみりた ていぜい から うん

中央公園、裁判所そして市立図書館が並び佐世保市の文化ゾーンともいえる一角に光輪院は伽藍を構えています。

高台へと緩やかに上る道を登ると境内があります。

門を入り正面が霊安堂、その左隣は木造の入母屋造妻入の毘沙門堂、そしてさらに左手奥がギリシャ神殿を思わせるような四本の柱が立ち宝形造に相輪が建つ屋根の鉄筋コンクリート造の本堂が並び建っています。

72-01.jpg

毘沙門堂は奈良の信貴山より勧請された毘沙門天が安置され、堂前には赤い木造燈籠が趣を添えています。

72-02.jpg

本堂には近年修理された金色に輝く阿弥陀如来立像がご本尊としてお祀りされていますが、鎌倉時代の作と推定される古仏だそうです。

お参りを済ませ境内に戻ると、堂宇と反対側の塀にそって、墓石のような石の台座に坐して居並ぶ十三仏も印象深いものがありました。

72-03.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

72-04.jpg

ご詠歌

いささかの 濁りにしまぬ 心持て
     山の清水を 今 汲みにけり

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  長崎  佐世保  第七十二番  光輪院  高野山真言宗  阿弥陀如来 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

鎮西薬師(第七十一番 浄漸寺)

参拝日 2011.4.23

『概略』

医王山 浄漸寺 真言宗智山派

長崎佐世保市上原町510(地図

御本尊 薬師如来坐像
ご真言 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

行基菩薩が東大寺勧進のため全国を巡錫し、速来(現在の早岐)を訪れた折、楠木の霊木で薬師如来を刻み、堂宇を建立したのが、ここ浄漸寺の始まりだそうです。

当時は早岐小学校近くの百段石と呼ばれているところに境内があったそうですが、火災や廃仏毀釈による廃寺などの末、明治に入り現在地に再建されました。

山門のない石段を上ったところの正面に入母屋造の本堂があり、行基菩薩作の薬師如来がご本尊としてお祀りされているそうですが、秘仏となっていて残念ながら直接拝することは出来ませんでした。

71-02.jpg

境内には天を突くような大きな楠が立っていて、とても開放的な空気が漂っています。

71-01.jpg

そんな境内に点在する石仏も味わい深いものが多く、とりわけ稚児大師はとても愛らしいお姿で立っておられました。

71-03.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

71-04.jpg

ご詠歌

浄漸の 薬師の み前に 巡り来て
    瑠璃の光に 消ゆる 罪とが

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  長崎  佐世保  第七十一番  浄漸寺  真言宗智山派  薬師如来 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

弦掛観音(第七十六番 西福寺)

参拝日 2011.4.23

『概略』

弦掛山 西福寺 真言宗智山派

長崎佐世保市世知原町矢櫃25-2(地図

御本尊 十一面観音立像
ご真言 おん まか きゃろにきゃ そわか

駐車場より鐘楼の脇を石仏の配された参道を上っていくと入母屋造の弦掛山 西福寺の本堂があります。

76-01.jpg

山号は1581年、島原の有馬氏の軍勢が直谷城に押し寄せた際に直谷城主・志佐壱岐守の兵と平戸城主・松浦隆信が合流し、この地に陣を敷き、弓に弦を掛けて戦ったことにより「弦掛山」という地名が起きたことに由来しているようです。

76-02.jpg

本堂より奥の院へ向かう千年以上昔から山伏が岩屋の中に庵を結び修行してきた天然の聖地としての素晴らしさを改めて実感させられます。

76-03.jpg

巨大な岩が左右からそそり立ち、比較的広い三角形の空間を作り出しており、その中央には簡素ではあるものの入母屋造の小さなお堂もあります。
中には聖観音・十一面観音・馬頭観音・大日如来・地蔵菩薩などの石仏が安置されています。

また岩屋内には清らかな水も滴り落ちていて「清水の滝」といわれ、それに因んだ地蔵尊は九州二十四地蔵尊霊場第十六番札所ともなっています。

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

76-04.jpg

ご詠歌

幽谷に 清水したたる 石仏
  大悲の恵み 落つる 瀧つ瀬

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  長崎  佐世保  第七十六番  西福寺  弦掛観音  真言宗智山派  十一面観音 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ