FC2ブログ

週末の日本酒(純米吟醸 万齢 希)

  • 銘  柄:万齢 

  • 特定名称:純米吟醸

  • 精米歩合:55%

  • 飲用温度:花冷え(はなひえ)10℃

  • 好感度 :☆☆☆☆★

  • 醸造所 :小松酒造株式会社 佐賀県唐津市相知町千束1489


純米吟醸 万齢 希

すっきり爽やかな飲み口の中に華やかなフルーティさが広がるとても飲みやすいお酒でした。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 日本酒 - ジャンル: グルメ

タグ: 純米吟醸  万齢    小松酒造  佐賀 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

垂玉観音(第二十八番 常安寺)

参拝日 2018.4.7

『概略』
  • 円通山 常安寺 曹洞宗

  • 佐賀県唐津市北波多徳須恵365(地図

  • 御本尊 十一面観世音菩薩立像

  • ご真言 おん ろけい じんばら きりく そわか

  • 霊場御本尊 十一面観音坐像

  • ご真言 おん ろけい じんばら きりく そわか


こちら常安寺も波多氏ゆかりのお寺で、波多氏の家臣・今江新右衛門 常安が法浦用演大和尚を開山に迎えて創建しました。

その後波多氏の衰退とともに一時は廃寺となってしまいましたが、寛永元年、医王寺の十四世涼山玄清大和尚が再興しました。

お寺は国道202号線沿いにあり、九州三十六不動霊場第二十七番札所の正福寺からもほど近くにあります。

境内に入るとどっしりと重厚感のある本堂が真正面に迎えてくれます。

33s28-01.jpg

堂内内陣中央にご本尊の十一面観音菩薩様がおられます。そして右脇壇に霊場ご本尊の十一面観音様が・・・

33s28-02.jpg

参拝を済ませ境内に戻ると平和の鐘がありました。
この鐘に銘を書いたのはあの吉田茂氏だそうです。

33s28-03.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを


ご詠歌

まつらがわ きよきながれの きしなみは
    つきにくだくる たまかとぞみる

ご朱印

33s28-00.jpg

合掌

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州西国三十三観音霊場  遍路  巡礼  ご朱印  佐賀  常安寺  垂玉観音  曹洞宗 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

GW中の一献



米の旨味とともに、やや酸が強めに感じられる比較的どっしりとした感じのお酒でした。


関連記事

テーマ: 日本酒 - ジャンル: グルメ

タグ: 東鶴  さがの華  無ろ過生  東鶴酒造  佐賀  純米吟醸 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

歴史が偲ばれる本堂と豪壮な滝(第二十一番 見瀧寺寶地院)その2

参拝日 2018.3.10

『概略』


天然石を並べ敷き詰めた石段を息を切らせながら上り詰めると、これまた歴史が感じられる山門が「ようお参りに来られた」とばかりに出迎えてくれます。

33s21-09.jpg

そこをくぐれば古刹としての威厳を感じられる銅板葺きの寶地院本堂。

33s21-10.jpg

堂前には大日如来をはじめ

33s21-11.jpg

数多くの石仏が参拝者を迎えてくれています。

33s21-12.jpg

そして本堂裏手に回ると少々下ったところに鏡山十一面堂があります。

33s21-13.jpg

霊場感満載のお堂です。

33s21-14.jpg

さらに石段を下ると、このお寺の見どころのひとつに落差75メートルの「清水の滝(別名・珠簾の滝)」があります。

33s21-15.jpg

別名の珠簾の滝の名を彷彿とさせる景観は圧巻です。

33s21-16.jpg

土用の丑の日に詣でて、この滝のしぶきにかかると病気にかからないと言われ多くの参拝客が来られるそうです。
そのためにお滝行の更衣所やお籠り堂も整備されています。また滝を背にした広場は綺麗に整備され訪れた人々の憩いの場ともなっているようです。

33s21-17.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

ご朱印

33s21-00.jpg

合掌

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州西国三十三観音霊場  遍路  巡礼  ご朱印  佐賀  宝地院  寶地院  見瀧寺  天台宗  千手観世音菩薩 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

杉の巨木と路傍の仏が迎える古刹(第二十一番 見瀧寺寶地院)

参拝日 2018.3.10

『概略』


宝地院は通称、清水観音の名で親しまれていて、延暦22年(803年)桓武天皇の勅命により伝教大師・最澄の名代としてこの地を訪れた聖命上人により開創されたと伝えられています。

開創当時は300以上の僧坊、堂宇がある大寺院でしたが、1409年の兵乱にて焼失しましたが、後に鍋島藩主・鍋島勝茂が観音堂を再建し、鍋島家累代の祈願所となったそうです。

まずは相当の年代が感じられる仁王門をくぐり、

33s21-01.jpg

推定樹齢500年という杉の巨木など鬱蒼とした木々に囲まれた参道を進ます。

33s21-02.jpg

森林浴をしながら路傍に目をやれば、手作り感満載の仏様たちが、参拝者を出迎えてくれます。

33s21-03.jpg

また参道には磨崖仏や、

33s21-04.jpg

往時を偲ばせてくれる堂宇が点在しています。そのうちのひとつ稲荷堂

33s21-05.jpg

そして円通堂

33s21-06.jpg

さらには江戸時代の建立と伝わる弁財天堂・・・

33s21-07.jpg

さぁこの石段を上り詰めれば、本堂域です。

33s21-08.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを


ご詠歌

にごらじな ちかいもふかき のりのみず
     ながれもつきぬ たきのしらいと

合掌

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州西国三十三観音霊場  遍路  巡礼  ご詠歌  佐賀  宝地院  寶地院  見瀧寺  天台宗  千手観世音菩薩 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ