FC2ブログ

日本一雄大荘厳な磨崖仏

国東半島を巡っていてどうしても立ち寄ってみたいところはまだまだあります。

参拝日:2017.3.18

山間の集落の中の細い生活道を登り切った所に駐車場があり、その入り口の左手受付で200円の拝観料を納めさせていただきました。
そして磨崖仏までの登りの参道の入り口に「胎蔵寺」さんのご朱印の受付の案内があったのでお願いしてから登ることにしました。

磨崖仏までの距離は350mで、そのうち鬼の石段といわれている場所までは舗装された263mの登りの山道が続きます。

170906-01.jpg

その地点にベンチが置かれ休憩所のように待っている場所があり、小さな石の鳥居が立っています。
鳥居の先より、乱積みの石段が続いています。

170906-08.jpg

ここが鬼が一夜にして築いたという伝説の石の階段だそうです。

170906-02.jpg

距離にして87mほどに過ぎないが、大小の石を乱雑に積んだ階段は登りにくく、両脇に設けられたスチール製の手すりが頼りの難所です。

その伝説というのは
「大昔、この付近に鳥や獣を食って暮らしていた鬼がいたそうです。だが、それらを食い尽くした鬼は『このあたりの田染(たしぶ)の人間を食うことを許して頂きたい』と熊野権現に願い出ました。
困った権現は一計を案じて『石の仏に詣でるこの山道に一夜のうちに石を積んで百段を築いてくれるなら許そう』と答えたそうです。
この付近は石がさほど多くないので、一夜のうちに百段の石段を築けるのは不可能だ、と権現は考えたようですが、鬼は疾風のごとく駆け回って石を探し、みるみるうちに石段を積み上げてしまいました。
驚いた権現は、早く夜が明けねば大変なことになると、近くの山に登って鶏の鳴き声を真似て夜明けを告げました。
この時、鬼はすでに九十九段まで石段を築き、最後の石をかついで立石峠まで来ていたのでしたが、鶏の鳴き声を聞いて精魂つきて倒れてしまったそうです」
という話が民話として残っています。

実際のところは磨崖仏造立のとき修行僧たちが信仰の一念によって築きあげた石段のようです。

その鬼の石段の途中に広場があり、その左手を見上げると、向かって右側の大日如来様の像と伝えられる(一説には薬師如来ではないかと)磨崖仏は像高さが約6.7m、

170906-04.jpg

そして左側には8mの高さの不動明王像がありました。

170906-03.jpg

受付でいただいたパンフレットにも「日本一雄大荘厳な熊野磨崖仏」と書いてありましたが、それも大袈裟な表現ではないなぁと実感しました。

さらに鬼の石段磨崖仏を通り越してさらに上まで続いていて、登り切ると熊野権現を祭る熊野神社がありました。

170906-05.jpg

帰り道は鬼の石段を下り舗装された参道の途中から右手に折れると「胎蔵寺」の裏手より境内に下りられました。
胎蔵寺熊野権現を鎮守としていたのですが、明治の神仏分離令により、熊野神社胎蔵寺に分けられ、今日に至っているそうです。

170906-06.jpg

胎蔵寺ご朱印

170906-07.jpg
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 寺社巡り - ジャンル: 旅行

タグ: 熊野磨崖仏  熊野神社  胎蔵寺  ご朱印  大分  国東半島  豊後高田市 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

六郷満山の総持院・両子寺、霊水走水観音

九州四十九院薬師霊場の49札所、九州三十六不動霊場の番外札所を含めた38札所、九州西国霊場の33札所、九州三十三観音霊場の特別霊場を含めた35札所そして九州二十四地蔵尊霊場の24札所と九州7県にまたがる延べ179寺院にも及ぶ巡礼の旅が本格的にスタートしました。
福岡ベースから近いところから少しずつ始めていましたが前回の「英彦山」に続き比較的距離のあるお寺も回り始めました。

薬師霊場、西国霊場、九州三十三観音の第一番札所はそれぞれ打ち始めましたがそれ以外の2霊場の第一番札所の打ち始めがまだでしたので、今回不動霊場の第一番札所「両子(ふたご)寺」へのお参りに伺うことにいたしました。

福岡ベースから約3時間、国東半島の中央に聳える両子山(721メートル)の中腹に目指す両子寺はあります。

境内への参拝入口にほど近い駐車場に車を停めてまずは1.5キロメートルほど歩き霊水走水観音堂へ向かいました。

170307-00.jpg

観音堂のすぐ裏手の崖面に馬頭観音がお祀りされていて、雨乞いの観音として信仰があり、また乳出の観音として乳の出ない母親が観音水の貯水池の出口を清掃すれば走水の如く乳が出ると言われています。

170307-01.jpg

この湧水、両子山七不思議のひとつで、雨季でも乾季でもその湧水量は一日50立方メートルと一定で、増えることも減ることもないそうです。
まさに般若心経にある不増不減です。

この日も地元のご夫婦でしょうか、水を汲みに来られていました。

170307-02.jpg

ご真言 おん あみりとう どはんば うん ぱった そわか
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 大分県  国東市  国東半島  六郷満山  総持院  別格本山  天台宗  両子寺  霊水  走水観音 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

暦は「啓蟄」

未だ北寄りの風が冷たく感じられる日々が続いていますが、暦はもう「啓蟄
早春の光を浴びて温もりを帯びてきた土の中から虫たちも這い出してくる季節だそうです。

確かに福岡ベース近辺の私の散歩コースの御笠川の川べりでも少しずつ春が近づくのを感じられる光景が目に入ってきます。

170306-01.jpg

170306-02.jpg

そんな微妙な季節となった先週末、ちょっと足を延ばしたお遍路に「国東半島」方面へ出かけてきました。

170306-04.jpg

とある寺院では早咲きの桜が見ごろでした。

170306-06.jpg

帰り道はお遍路とともに行っている「道の駅」のスタンプ集めのため「道の駅くにさき」にも立ち寄りました。

170306-05.jpg

170306-03.jpg

お遍路の模様は明日からアップしていきますのでお付き合いくださいね。
関連記事

テーマ: 九州道の駅 - ジャンル: 地域情報

タグ: 啓蟄  ホトケノザ  オオイヌノフグリ  国東半島  河津桜  お遍路  道の駅  スタンプ 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ