FC2ブログ

水堂(みっと)さん(第三十八番 安福寺)

参拝日 2018.3.10

『概略』
  • 日輪山 安福寺 天台宗

  • 佐賀県杵島郡白石町大字堤3144(地図

  • 御本尊 阿弥陀如来

  • ご真言 おん あみりた ていせい から うん

  • 霊場御本尊 薬師如来

  • ご真言 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか


県道268号線を登ってくると、「安福寺」の寺標があり、もうひとつ「薬師三十八番札所・水堂さん」の看板がさらに上へ登るように出ています。
少し迷ったのですが、札所の案内板の方を頼りにもう少し車を走らせました。

しばらく走らせると観音堂の広場のようなスペースにたどり着きほっと一安心です。

思いのほか広い境内は、霊場感満載です。
ちなみに奈良時代のとある日、猟師が一匹の白鹿を見つけ射止めたところ、鹿は金色の光を放ち消え失せてしまいました。
猟師は不思議なこともあるものだと思いながらその姿を消した跡を探すと今猟師が放った矢は見事に石の観音様に突き刺さっていました。
この様を見た猟師は「あぁ、殺生の恐ろしさ」とばかり今までの行いを悔い改め、名も法弓と改め、ここに安福寺を建立し念仏三昧の行者となって水堂開山の前提を作ったそうです。

そして時は進み平安時代、高倉天皇は病を召されて霊夢にて「九州肥前の日輪山中に霊水あり、それを服すれば病も平癒あらさんか」と観音様のお告げがあり、さっそくその地を治めている小松内大臣平重盛公に命じられその霊水を手に入れ服したところ、不思議なことに平癒されたという逸話が残っています。
その後天皇の勅命により七堂伽藍や六十六坊を建立し栄えたそうです。

まずは「九州四十九院薬師霊場 第三十八番札所 納経所」と記された薬師堂へ。

49y38-01.jpg

堂内に霊場ご本尊の薬師如来とご朱印もありました。

49y38-02.jpg

本来は本堂に参拝した後、本堂脇から繋がる参道より登ってくるのが正規の参拝ルートだとは思いますが、とりあえずこちらに登ってきて大正解でした。

水堂境内には薬師霊場の札所である薬師堂のほか、水堂境内の中心となるお堂の「観音堂」や「霊水堂」があります。
葦葺きの「観音堂」には本尊の聖観世音菩薩で左右に阿弥陀如来を脇侍として祀られているそうです。

49y38-03.jpg

また「霊水堂」には本草は聖観世音菩薩で両脇に三体ずつ六地蔵が安置されていて、観世音菩薩の下より霊水が出るそうです。

49y38-04.jpg

さらに境内には、平清盛の長男である重盛の塔と呼ばれている宝塔もあります。

49y38-05.jpg

そして奥まったところに土地改良事業の成就を祈願して町によって建立された合掌観音立像があり現在では農作物の豊作祈願の観音様として地元の人から親しまれているようです。

49y38-06.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

ご朱印

49y38-00.jpg

ご詠歌

49y38-000.jpg

霊水に 身は清めつつ すがすがと
     導かれゆく 弥陀の浄土へ

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州四十九院薬師霊場  遍路  ご朱印  巡礼  第三十八番  安福寺  水堂さん  天台宗 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

晴氣薬師(第四十二番 見明寺)

参拝日 2018.3.10

『概略』
  • 妙台山 見明寺 天台宗

  • 佐賀県小城市小城町晴気1966(地図

  • 御本尊 薬師如来

  • ご真言 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか


見明寺は長崎道のすぐ脇の西晴気の集落の奥に静かに構えています。

49y42-01.jpg

間口の広い本堂は平成8年の再建だそうです。

落ち着いた佇まいの中に金色に輝く「見明寺」と書かれた扁額が再建されたのが最近であることを物語っています。

本堂内部の須弥壇にご本尊である薬師如来をはじめ、脇仏である鎌倉時代の作風が偲ばれる阿弥陀如来立像などが奉安されています。

境内には真新しい如意輪観音が美しい姿で安置されていました。

49y42-03.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

ご朱印

49y42-00.jpg

ご詠歌

49y42-000.jpg

るりいろの おくにひそめし かみがみの
     まえにはべりし ひとぞめでたし

みちゆきや さきながくして ちぢれいし
     やまいおろせと るりのやまでら

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州四十九院薬師霊場  遍路  ご朱印  巡礼  第四十二番  天台宗  晴氣薬師 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

歴史が偲ばれる本堂と豪壮な滝(第二十一番 見瀧寺寶地院)その2

参拝日 2018.3.10

『概略』


天然石を並べ敷き詰めた石段を息を切らせながら上り詰めると、これまた歴史が感じられる山門が「ようお参りに来られた」とばかりに出迎えてくれます。

33s21-09.jpg

そこをくぐれば古刹としての威厳を感じられる銅板葺きの寶地院本堂。

33s21-10.jpg

堂前には大日如来をはじめ

33s21-11.jpg

数多くの石仏が参拝者を迎えてくれています。

33s21-12.jpg

そして本堂裏手に回ると少々下ったところに鏡山十一面堂があります。

33s21-13.jpg

霊場感満載のお堂です。

33s21-14.jpg

さらに石段を下ると、このお寺の見どころのひとつに落差75メートルの「清水の滝(別名・珠簾の滝)」があります。

33s21-15.jpg

別名の珠簾の滝の名を彷彿とさせる景観は圧巻です。

33s21-16.jpg

土用の丑の日に詣でて、この滝のしぶきにかかると病気にかからないと言われ多くの参拝客が来られるそうです。
そのためにお滝行の更衣所やお籠り堂も整備されています。また滝を背にした広場は綺麗に整備され訪れた人々の憩いの場ともなっているようです。

33s21-17.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

ご朱印

33s21-00.jpg

合掌

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州西国三十三観音霊場  遍路  巡礼  ご朱印  佐賀  宝地院  寶地院  見瀧寺  天台宗  千手観世音菩薩 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

杉の巨木と路傍の仏が迎える古刹(第二十一番 見瀧寺寶地院)

参拝日 2018.3.10

『概略』


宝地院は通称、清水観音の名で親しまれていて、延暦22年(803年)桓武天皇の勅命により伝教大師・最澄の名代としてこの地を訪れた聖命上人により開創されたと伝えられています。

開創当時は300以上の僧坊、堂宇がある大寺院でしたが、1409年の兵乱にて焼失しましたが、後に鍋島藩主・鍋島勝茂が観音堂を再建し、鍋島家累代の祈願所となったそうです。

まずは相当の年代が感じられる仁王門をくぐり、

33s21-01.jpg

推定樹齢500年という杉の巨木など鬱蒼とした木々に囲まれた参道を進ます。

33s21-02.jpg

森林浴をしながら路傍に目をやれば、手作り感満載の仏様たちが、参拝者を出迎えてくれます。

33s21-03.jpg

また参道には磨崖仏や、

33s21-04.jpg

往時を偲ばせてくれる堂宇が点在しています。そのうちのひとつ稲荷堂

33s21-05.jpg

そして円通堂

33s21-06.jpg

さらには江戸時代の建立と伝わる弁財天堂・・・

33s21-07.jpg

さぁこの石段を上り詰めれば、本堂域です。

33s21-08.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを


ご詠歌

にごらじな ちかいもふかき のりのみず
     ながれもつきぬ たきのしらいと

合掌

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州西国三十三観音霊場  遍路  巡礼  ご詠歌  佐賀  宝地院  寶地院  見瀧寺  天台宗  千手観世音菩薩 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

神仏習合の祈りの場(第四十五番 持光寺)

参拝日 2018.2.10

『概略』
  • 竹林山 持光寺 天台宗

  • 佐賀県佐賀市本庄町末次518(地図

  • 御本尊 千手千眼観世音菩薩

  • ご真言 おん ばざら たらま きりく

  • 御本尊 薬師如来(末次薬師)

  • ご真言 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか


佐賀城の南、昔ながらの田園風景が広がる旧村落に持光寺はあります。
寺伝によれば豊富秀吉が朝鮮出兵の折戦勝祈願を行ったこともあるようです。
また龍造寺氏、鍋島氏代々の祈願寺でもありました。

その持光寺は神仏習合の祈りの場としての色彩が色濃く残っているお寺です。
入り口には石の鳥居があり、境内には今も多くのお宮が残っています。

また一見すると古民家を思わせる本堂には、ご本尊の千手洗眼観世音菩薩をはじめ抱宮の本地仏が祀られています。

49y45-01.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

ご朱印

49y45-00.jpg

ご詠歌

49y45-000.jpg

肥前寺の 大悲の力 強ければ
    心をまろく 慈悲を念ぜよ

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州四十九院薬師霊場  遍路  ご朱印  巡礼  第四十五番  持光寺  天台宗 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ