FC2ブログ

日蘭胎動の地が眼下に広がる(第三十番 最教寺)・奥の院への参道

六地蔵石塔の脇を抜け

33k30-09.jpg

33k30-10.jpg

奥の院へと続く参道の途中には、鎮守社の稲荷神社。

33k30-11.jpg

そしてその両側には四国八十八ヶ所の苔むしたご本尊の石仏が居並んでいました。

33k30-12.jpg

五分ほど上ると長い石段が待ち受けていました。

33k30-13.jpg

その石段を上らずに少し先に進むと復興建立の松浦鎮信公の墓所があります。

石段を上ればいよいよ奥の院域。正面には改修中の本堂、そして左手に朱色も鮮やかな三重塔が迎えてくれます。

33k30-14.jpg
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州三十三観音霊場  ご朱印  遍路  巡拝  第三十番  最教寺  長崎県  平戸  虚空蔵菩薩  奥の院 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

九州八十八ヶ所百八霊場結願の札所(第百八番 鎮国寺奥の院)

参拝日 2014.4.12

『概略』

屏風山 鎮国寺 真言宗御室派 別格本山

福岡県宗像市吉田966(地図

御本尊 不動明王立像
ご真言 のうまく さんまんだ ばだらだん せんだ まかろしやだ そわたや うんたらた かんまん

四国遍路では結願の後、高野山の奥の院に参拝することになっているそうですが、九州八十八ヶ所百八霊場ではここ鎮国寺奥の院に上り結願を報告することにしたいものです。

本堂そばに建つ「大師堂」の右手から案内に従い奥の院への参道を上っていきます。

108-01.jpg

参道の両脇には四国八十八ヶ所の苔むした石仏が立ち並び、途中、弘法大師が現在奥の院となっている不動堂で修行されていたときに彫り上げた梵字といわれる「梵字岩」などがあります。

108-02.jpg

さらに上っていくと山門を兼ねた木造の建物をくぐると山肌の石窟に突き刺さるように奥の院が建っています。

108-03.jpg

この石窟で唐より帰朝した弘法大師は修行したと伝わっています。

108-04.jpg

堂内には不動明王を本尊に、釈迦如来、八代龍王が祀られています。

辺り一体には霊場ならではの空気が流れ、百八霊場を巡り終えた感慨にはピッタリの場所です。

108-05.jpg

再び戻り大師堂にて結願の報告のこの遍路最後の読経・・・境内に出ると不思議な達成感が湧いてきました。

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

108-06.jpg

ご詠歌

身代わりの 誓いをたのむ 鎮国寺
     阿字の山坂 のぼるうれしさ

*******************************************************
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  結願  弘法大師  空海  福岡  鎮国寺  奥の院  真言宗御室派別格本山 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

春めいた陽気に誘われて

昨年末に新年初詣に際して、神社用のご朱印帳を用意しようと思い立ち太宰府天満宮で購入し、太宰府天満宮をはじめ福岡県内の神社のご朱印もだいぶいただきました。

170314-10.jpg 170314-11.jpg

ふと見返すと太宰府天満宮のすぐ裏手の天開稲荷社と竃門神社のご朱印を未だ頂いていなかったのでウォーキングをかねて出かけてきました。

西鉄大牟田線の都府楼駅よりスタートし、まずは竃門神社を目指します。

170314-03.jpg

竃門神社は大宰府政庁の鬼門に当る宝満山に大宰府鎮護のために祀られたそうです。
そのため方除け、厄除け、災難消除の神様として信仰されました。

170314-01.jpg

太宰府天満宮を過ぎて内山入り口から宝満山登山口へ向かう上り坂を進み竃門神社に到着するとさすが縁結びのご利益のある神様が祀られていることや昨今の「ご朱印ブーム」とも相まってうら若き女性の参拝者が多く見受けられました。

170314-04.jpg

ご朱印を頂いた後、もと来た道を引き返し今回のもう一か所の目的地「天開稲荷社」に向かいました。
こちらへも何度も伺ってはいたもののご朱印はいただいていなかったので、あらためてお参りをさせていただきました。

170314-05.jpg

こちらの「天開稲荷社」は鎌倉時代末期に京都の伏見稲荷大社から勧請され、宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)がお祀りされている神社で「九州最古のお稲荷さん」だそうです。

御本殿裏手には石室の奥の院があり、もちろんこちらにも参拝しました。

170314-08.jpg

今回は竃門神社から下ってきたためお参り後にくぐりおりましたが、通常は朱色の鳥居が続く急な石段を上りお社に上がることになります。
この赤い鳥居は、いつ見ても思わずシャッターを押したくなるような風情のある情景です。

170314-06.jpg

こちらのご朱印は大宰府天満宮の本殿で授けていただけるとご案内が稲荷社の社務所に張り出してあったのでお参り後、太宰府天満宮に立ち寄りお参りし、天開稲荷社のご朱印をいただき帰路につきました。

170314-02.jpg

帰り道すがら、今日のもう一つの目的のために帰りは大宰府から西鉄大宰府線で二日市で途中下車。

こちらで最近私が嵌っているさしみ用の醤油を購入して本日の予定は滞りなく終了しました。

170314-09.jpg

太宰府天満宮の境内の梅はまだ見ごろの木がありましたが、全体的にはそろそろ梅から桜の季節かもしれません。そんなことで今年の桜の開花予想の情報を・・・

170314-07.jpg

福岡 開花日3/24 満開日4/5・大分 開花日3/28 満開日4/9 ・長崎 開花日3/28 満開日4/8・佐賀 開花日3/28 満開日4/7・熊本 開花日3/29 満開日4/8・宮崎 開花日3/30 満開日4/9・鹿児島 開花日4/2 満開日4/12

*溜まってしまった神社参拝記録は追々アップしていきますのでお付き合いください。
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 宝満宮  竃門神社  縁結び  天開稲荷社  奥の院  石室  太宰府天満宮  朱印帳  ご朱印  えびす醤油 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ