FC2ブログ

宮地嶽神社 奥之宮八社

宮地嶽神社には奥之宮八社の。「一社一社をお参りすれば大願がかなう」とう信仰があり、奧の宮八社巡りの信仰は日本最大級の石室古墳発掘を機に不動神社(史跡)が奉祀されたことにより更に盛んになったそうです。
ではひとつひとつお参りしていきましょう。

一番社七福神社 …福を運ぶ七福神

171002-01.jpg

「恵比寿(えびす) ・大黒天(だいこくてん)・毘沙門天(びしゃもんてん)・弁財天(べんざいてん)・福禄寿(ふくろくじゅ)・寿老人(じゅろうじん)・布袋(ほてい)」の七福神をまつり、様々なご利益を受ける事が出来るそうです。
ご朱印

171002-02.jpg

二番社稲荷神社 …食物とお米の方策を守る神様

171002-03.jpg

食物を守る神様として、五穀豊穣(野菜や果物の「豊作」)・腕前上達(調理の「腕前上達」)・商売繁盛(お店の「商売繁盛」)などの願い込めて農家のみなさんをはじめ、飲食店、調理人の方からの崇敬を集めているそうです。
ご朱印

171002-04.jpg

三番社不動神社 …災いや厄を除く神社

171002-05.jpg

日本一の大きさを誇る横穴式石室古墳の中に「お不動様」をお祀りしてあります。
古墳自体も「地下の正倉院」と呼ばれ、金の鐙(あぶみ)・冠(かんむり)・馬具類・大太刀等数多くの埋蔵物が発掘され、20点が国宝に指定されているそうです。
ご朱印

171002-06.jpg

四番社万地蔵尊 …子供達の守り神

171002-07.jpg

こちらのお地蔵様は子安地蔵で、特に宮地嶽のお地蔵様は万地蔵さまと呼ばれ、子供の願い事は何でも(万・ヨロズ)聞いていただけるらしいですよ。
ご朱印

171002-08.jpg

五番社恋の宮 …女性の心身内外をお守りする神様

171002-09.jpg

あわしま様(淡島神社)とぬれがみ様(濡髪大明神)の二柱を併せお祀りしてあります。
特に女性特有の体の病や恋愛に霊験あらたかで多くの女性が参拝しているそうです。
ご朱印

171002-10.jpg

六番社三宝荒神 …かまど、火除けの神様

171002-11.jpg

荒々しい火の神様で、火をコントロールする霊力があるそうで、台所や食べ物・調理の神様として信仰されています。
ご朱印

171002-12.jpg

七番社水神社 …水がコンコンと湧き続ける龍神様

171002-13.jpg

神の恵み「雨」が地下水となり、地下に大きな埋蔵水として流れていて、水枯れもする事も無く今日でも水がコンコンと湧き出ています。
水を大切にしてきた宮地村の人々の水に対する思いや信仰が水神社に込められているそうです。
ご朱印

171002-14.jpg

八番社薬師神社 …あらゆる病難から救う神様

171002-15.jpg

修験者が宮地嶽の山中にて修行を行う際に、病気や怪我が無いようにとお薬師さまをおまつりしたのが始まりとされています。
薬師如来を奉安するお寺は数多くありますが、薬師神社は数も少なく、当社は病に苦しむ人々の信仰が強い神社です。
ここでも修験道の神仏習合の世界が垣間見られました。
ご朱印

171002-16.jpg

ご朱印以外にも、八社巡りのスタンプラリーも催されているようです。
なお、三番社と四番社のご朱印は三番社の「不動神社」で、それ以外は薬師神社の隣にある社務所にて拝受できます。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 寺社巡り - ジャンル: 旅行

タグ: 光の道    宮地嶽神社  ご朱印  拝受場所  福岡  奥之宮八社  三大日本一  大注連縄  大太鼓 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

光の道で有名になった宮地嶽神社

海心寺の参拝を終えて、「」のCMの「光の道」で話題になった宮地嶽神社に参詣に行きました。
年に2回、目前に広がる宮地浜の海に落ち行く夕陽は、鳥居や参道の先に真っ直ぐ沈み、神社と海岸、そして相之島が一直線で結ばれ「光の道」が現れます。

170929-01.jpg

宮地嶽神社は「光の道」もさることながら、ご祭神に応神天皇の母にあたる「息長足比売命(おきながたらしひめのみこと)」別名「神功皇后(じんぐうこうごう)」と随従の勝村大神(かつむらのおおかみ)・勝頼大神(かつよりのおおかみ)を「宮地嶽三柱大神(みやじだけみはしらおおかみ)」としてお祀りしていて、宮地嶽三柱大神のご加護のもとで事に当たれば、どのような願いもかなうとして「何事にも打ち勝つ開運の神」として開運商売繁盛にご利益があるとされています。

170929-02.jpg

また三つの日本一○○でも有名です。

170929-03.jpg

その第一は拝殿の注連縄です。
直径2.6メートル、長さ11メートル、重さ3トンの日本一の大注連縄は毎年掛け替えられ約2反の御神田に、昔ながらの稲を生育させ、丹精込めたワラにてなわれたものです。

170929-04.jpg

そして第二は直径2.2メートルの日本一の大太鼓です。
例年、1月1日午前零時に大太鼓は打ち鳴らされ、その音は、境内から数キロ離れた所にも響くそうです。

170929-05.jpg

三番目は重さが450kgもある銅製の大鈴です。
当初は大注連縄と共に拝殿に飾られていましたが、その重量の為、今では鈴堂を建立し、奉安されています。


宮地嶽神社は宮地嶽三柱大神を配祀する御本殿の他に「奥之宮八社」と呼ばれる社が祀られています。
「一社一社をお参りすれば大願がかなう」とう信仰があり、昔から多くの人がお参りに訪れています。

170929-07.jpg

こちらの模様、ご朱印は来週にアップします。

ご朱印

170929-06.jpg
関連記事

テーマ: 寺社巡り - ジャンル: 旅行

タグ: 光の道    宮地嶽神社  ご朱印  福岡  三大日本一  大注連縄  大太鼓  大鈴  神功皇后 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

光の道の中程に(第二番 海心寺)

参拝日 2017.2.11

『概略』

津東山 海心寺 高野山真言宗

福岡県福津市宮司4-29-25(地図

御本尊 毘沙門天立像
ご真言 おん べいしら まんだや そわか

霊場御本尊 聖観音菩薩立像
ご真言   おん あろりきゃ そわか

こちら海心寺には九州八十八ヶ所百八霊場巡拝で一度お参りさせていただいています。

宮地浜海水浴場か宮地嶽神社まで延びる参道のほぼ中程に本堂かと思わせる海心寺毘沙門堂があります。

33k02-01.jpg

この入母屋造の大きなお堂に信貴山から勧請された「毘沙門天」が祀られています。

本堂はといえば、毘沙門堂の裏手、境内の中に入母屋造の「金剛閣」と呼ばれるお堂があり、こちらが高野山金剛流の詠歌の道場であり本堂です。

33k02-02.jpg

しかし海心寺にはもう一つ本堂があり、それは東町の海心寺開創の地にある現在は「奥の院」と呼ばれるお堂です。いずれ参拝に伺いたいと思っております。

さて霊場ご本尊の「ぼけ封じ観音」はこちら宮司の境内にお祀りされています。

33k02-03.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

33k02-04.jpg

ご詠歌

ありがたや 幾歳経ぬらん 災いを
      ここに納めて 海心の寺

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

海心寺には九州八十八ヶ所百八霊場巡拝の際に一度参拝しております。過去記事も併せて読んでいただければ嬉しいです。

*******************************************************
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州三十三観音霊場  ご朱印  遍路  巡拝  第二番  海心寺  毘沙門天  金剛閣  ボケ封じ観音  宮地嶽神社 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

海の奥座敷・津屋崎(第八十六番 海心寺)

参拝日 2014.3.22

『概略』

津東山 海心寺

福岡福津市宮司4-29-25(地図

御本尊 毘沙門天立像
ご真言 おん べいしらまんだや そわか

三つの日本一(大注連縄・大太鼓・大鈴)と開運勝利と商売繁盛の神様として九州でも指折りの参拝者を迎えている宮地嶽神社の参道に面して建っているのが海心寺・毘沙門堂です。

開基の海範和尚は幼少の頃から病弱でした。肋膜を患い手術を受け退院後、病気平癒祈願のため四国八十八ヶ所遍路の旅に出た際、病弱故の親不孝を憂い、自ら死を求めて海に身を投じようと思っていました。
その時通りがかった行者に自殺の非を諭され、人生をやり直す気持ちで出家得度したそうです。

地元に戻ってから和尚は東町に草堂を建立し、高野山本覚院から弘法大師像を勧請して、ご本尊としたのが始まりで、現在は奥の院と呼ばれています。

さて毘沙門堂ですが、二世、勉和尚が霊夢により奈良の信貴山玉蔵院から毘沙門天をお迎えし、飛地境内だったこの地に毘沙門堂を建立し、現在では活動の中心となっています。

86-01.jpg

宮地嶽神社の参道に面して大きく扉が開け放たれ、とても入り易く開放的なお寺です。
堂内に入れば信貴山から勧請された毘沙門天立像を中心に、信者の方々から奉納された毘沙門天が安置されています。

毘沙門堂の裏手、境内の奥に「金剛閣」と書かれた扁額が掲げられているお堂があります。
弘法大師をご本尊に、金剛歌菩薩金剛舞菩薩を脇侍としてお祀りされています。

86-02.jpg

二世、勉和尚が創設された詠歌に舞の振付けをした宗教舞踊の道場ともなっているそうです。

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

86-03.jpg

ご詠歌

ありがたや 幾歳経ぬらん 災いを
       ここに納めて 海心の寺

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  福岡  福津  津屋崎  宮地嶽神社  第八十六番  海心寺  高野山真言宗 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ