FC2ブログ

博多祇園山笠2018 三番山笠・恵比須流 舁き山 山呼萬歳声 やまはよぶばんせいのこえ

三番山笠恵比須流
恵比須流は元々は「石堂流」呼ばれていた伝統ある流の一つです。
諸説ありますが、博多のもう一つの伝統行事である「博多松囃子」で夫婦恵比須神に奉仕することから「恵比須流」と称するようになったようです。

今年の舁き山の標題は「山呼萬歳声やまはよぶばんせいのこえ)」。
制作人形師は亀田 均氏です。

前漢の武帝が嵩山に登り、国家の鎮護を祈ると、臣民一同が天子祝して歓喜の声をあげました。
その声は全山にこだまして、「万歳」ときこえた、という故事があります。
戦国時代、島津氏によって焼かれ廃墟となった博多の復興のため、豊臣秀吉は太閤町割を行いました。
そして復興した博多の町は再び繁栄を取り戻しました。
町人たちは大いに拍手喝采し、歓喜の万歳の声が周囲に響いたことでしょう。



スマホ等でご覧の方はこの画像をクリックしてください。↓

博多祇園山笠2018・三番山笠・恵比須流
博多祇園山笠2018・三番山笠・恵比須流 by (C)まさ@沖縄・九州

関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 福岡 - ジャンル: 地域情報

タグ: 博多祇園山笠  三番山笠  恵比須流  舁き山  山呼萬歳声  やまはよぶばんせいのこえ 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ