FC2ブログ

蒙霧升降(ふかききりまとう)

今日から七十二候の第45候の「蒙霧升降ふかききりまとう)」です。
深い霧がまとわりつくように立ち込める頃です。

いまだ残暑厳しき毎日が続きますが、朝晩特に早朝は空気が多少冷えてきて山間部や水辺では空気が冷えて山間の湖面などは一面白い霧に覆われるようになります。

蒙霧升降 ふかききりまとう

皆さんも避暑地の高原の中にある湖などでそんな光景を眼にしたことがあるかと思います。
日中は真夏の日差しが降り注ぐ中、早朝のほんの一瞬、幻想的な風景を作ってくれるのもこの時期ですね。

このように「涼」を感じさせてくれるひとときは、厳しい日差しをよけて日陰で口に含んだ冷たい「かき氷」の一口と同じような至福のひとときをもたらしてくれます。

そこでそんな夏ならではの楽しみのひとつ美味しいかき氷についての蘊蓄を・・・

この「かき氷」現代人ばかりの楽しみではなかったようです。

日本書紀に氷室の記述が

わが国最古の歴史書である「日本書紀」には額田大中彦皇子(ぬかたのおおなかつひこのみこと)が狩りに出かけた折、氷室を見つけ、その所有者である豪族に保存法、使用法を聴き、その氷を宮中の天皇に献上し大変喜ばれたという記述があります。
 それ以降蔵氷、賜氷という制度が起こり、調停のために氷室を管理する役職まで設けられたとのことです。

当時は製氷技術などは勿論無いのですから冬期に池で水を凍らせそれを切り出し麓の穴蔵や洞窟の奥に入れておきます。冷却効果を高めるためにたくさんの氷を入れ、断熱効果のためおがくずなどを氷にかけておいたようです。今ブームになっている天然氷もこの製法に倣って作ったものでその口どけの良さは絶品です。

清少納言の枕草子にはかき氷の件が

また清少納言の「枕草子」の「あてなるもの(上品なもの、よいもの)」の段に
「削り氷にあまずら入れて新しき金鋺(かなまり)に入れたる」と書かれています。
現代語では「削り氷にシロップのような蔓草の一種である甘葛(あまがづら、あまづら)の汁をかけて新しい金属の器に入れてあるのが実に優雅です」とでもなるでしょうか。

かき氷の歴史

明治2年・・・私たちに身近なかき氷はアイスクリームを発祥させたと伝わる店が氷水店を開店。

明治4年・・・函館・五稜郭の堀で生産された天然氷が「函館氷」と銘打って京浜市場に登場し、輸入氷より品質も良く安価であったため商品化に成功。

明治11年・・・それに便乗した粗悪な氷の販売を取り締まるため内務省が「氷製造人並販売人取締規則」を制定。衛生検査に合格した氷の生産地及び販売者を示した幟や看板を掲出することを義務付けました。

明治20年・・・削氷機が発明される。

氷削り器 削氷機

昭和初期・・・削氷機が普及することによりかき氷が一般化した。

ざっくりかき氷の歴史はこんな経緯でした。

戦前は削った氷に砂糖を振りかけた「雪」・砂糖蜜をかけた「みぞれ」・小豆餡をのせた「金時」が主流でした。
戦後になってかき氷専用のシロップ(氷蜜)が普及して現在に至ります。

九州沖縄のご当地かき氷3選

最後にそんな「かき氷」全国地にご当地かき氷なるものも存在しているようですが、九州沖縄のご当地かき氷をご紹介しておきましょう。

  1. 熊本県のご当地かき氷「コバルトアイス


  2. 熊本の銘菓の蜂楽饅頭のお店が出している「コバルトアイス」。国産蜂蜜を使った自家製シロップに練乳をミックスし、涼しげなコバルトブルーに色付けしたちょっと見ブルーハワイのようなかき氷。

    コバルトアイス

  3. 鹿児島県のご当地かき氷「しろくま


  4. もう知名度は全国区の「しろくま」。かき氷にみかんやパイナップルの缶詰の果物を盛り込み小豆をのせ、練乳をかけたもので、最近ではカップ入りやアイスキャンディーも出ています。

    鹿児島 しろくま

  5. 沖縄県のご当地かき氷「ぜんざい」


「ぜんざい」は本土のぜんざいとは違い、小豆や金時豆(こちらの方が一般的)を甘く煮てその上にかき氷をかけたもの。煮汁を凍らせたものをかき氷にしているお店もあります。

沖縄 ぜんざい 氷ぜんざい

他の各地にもご当地かき氷があるようですので、暑いさなか旅先でのご当地かき氷がその地の夏の風物詩となり旅の思い出にもう一ページ加えてくれることでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - ジャンル: 地域情報

タグ: 七十二候  九州  沖縄  鹿児島  熊本  蒙霧升降  ふかききりまとう  かき氷  コバルトアイス  しろくま 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

週末の日本酒 花の香 はなのか 純米吟醸 菊花

  • 銘  柄:花の香 菊花

  • 特定名称:純米吟醸

  • 精米歩合:麹米50% 掛米60%

  • 飲用温度:花冷え(はなひえ)10℃

  • 好感度 :☆☆☆★★

  • 醸造所 :花の香酒造株式会社 熊本県玉名郡和水町西吉地2226-2

  • その他 :創業時、蔵周辺に梅の古木があり、春になると蔵の中に花の香りが漂うことから「花の香」という清酒が生まれました~ラベルより


日本酒 花の香 はなのか 純米吟醸 菊花 熊本

バランスの取れたフルーティーさと旨味、華やかさの中に落ち着きもありシーンを選ばないお酒でした。
関連記事

テーマ: 日本酒 - ジャンル: グルメ

タグ: 日本酒  花の香  はなのか  純米吟醸  菊花  熊本 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

遊園地と妙にマッチしているお寺(第百一番 大勝寺)

参拝日 2013.2.11

『概略』

成田山 大勝寺 真言宗智山派

熊本荒尾市下井手1595-6(地図

御本尊 南無大日大聖不動明王坐像
ご真言 のうまく さんまんだ ばだらだん せんだ まかろしやだ そわたや うんたらた かんまん

西日本最大級の遊園地「グリーンランド」に隣接するように大勝寺の白く現代的な伽藍は構えられています。

それもそのはず、グリーンランドの以前の経営母体である三井グループを中心に有明奉賛会が設立され、昭和47年に九州一円の信者の懇請により、有明の地を聖地と定め、千葉県成田山新勝寺から「成田山」の山号と「大勝寺」の寺号をいただき、本山のご本尊・不動明王の御分身を勧請し、開創されたお寺です。

101-01.jpg

広々とした参道を進み、山門、中門とくぐると間口の広い本堂があります。
堂内もとても広く、参拝者も多さが想像できます。

101-02.jpg

本堂の周辺にも、御車祈願殿、大師堂をはじめ水子堂や鬼子母神堂などの諸堂、そして水掛不動明王、十三仏などの石仏も広い境内に溶け込むように開放的に配されていました。

101-04.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

101-03.jpg

ご詠歌

めぐり来て 不動の慈悲を 願うなら
        陽も美しき 荒尾の里に

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  熊本  荒尾  第百一番  大勝寺  成田山  真言宗智山派  南無大日大聖不動明王 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

猫寺(第九十八番 生善院)

参拝日 2013.2.11

『概略』

千光山 生善院 真言宗智山派

熊本球磨郡水上村大字岩野3542(地図

御本尊 阿弥陀如来坐像
ご真言 おん あみりた ていぜい から うん

生善院は通称「猫寺」で知られ、その名の通り山門前には狛犬ならぬ狛猫(?)が立ち、境内にはあちらこちらに猫の置物が点在しています。

98-01.jpg

何故「猫寺」かというと、寺の縁起に由来するものです。

昔、相良藩に謀反の疑いをかけられ非業の死を遂げた普門寺住職・盛誉法印の母・玖月善女が相良氏を恨み愛猫・玉垂とともに息子の後を追い身を投じました。
その後、藩主が化け猫に苦しめられたため、その猫の供養とともに法印親子を祀るため普門寺跡に建立したのが生善院だそうです。

山門をくぐり正面が豪農の民家を思わせる入母屋造の本堂で、こちらにご本尊として盛誉法印の影像の阿弥陀如来が奉安されています。

98-02.jpg

一際目を引くのは本堂右手にある茅葺屋根で黒漆に鮮やかな彩色が施された観音堂で、国指定の重要文化財となっています。
そして観音堂には法印の母・玖月善女の影像である千手観音が納められているそうです。

98-03.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

98-04.jpg

ご詠歌

野も過ぎて 里をも過ぎて 中山の
      寺に参るは 後の世の為

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  熊本  球磨郡  第九十八番  生善院  真言宗智山派  猫寺  阿弥陀如来 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

人吉高野山(第九十九番 高野寺)

参拝日 2013.2.11

『概略』

青井山 高野寺 真言宗大覚寺派

熊本人吉市下青井町47(地図

御本尊 弘法大師坐像
ご宝号 南無大師遍照金剛

高野寺人吉駅にも程近く、青井阿蘇神社の門前に建つ大正15年創建の比較的新しいお寺です。

正面にある本堂は「御身堂」とも呼ばれ、蓮の花をモチーフにした奈良・法隆寺の夢殿を模し、その1/2のサイズにした八角形のお堂です。

99-01.jpg

こちらの本堂には、高野山龍城院から移された弘法大師坐像で、脇侍に不動明王、愛染明王がお祀りされています。

この不動明王は「出世不動」と呼ばれ、九州三十六不動尊霊場第十八番札所ともなっています。

本堂手前には四国八十八ヶ所の本尊石仏が居並び、また境内には四季折々の季節を感じさせてくれる花々とともにベンチも置かれています。
そんな穏やかな空気の流れる空間は「人吉の高野山」と呼ばれ親しまれているのも頷けます。

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

99-02.jpg

ご詠歌

青井山 八角堂の 御仏は
    祈る心に 出世あらたか

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  熊本  人吉  第九十九番  高野寺  人吉高野山  真言宗大覚寺派  弘法大師 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ