FC2ブログ

琉球八社 天久宮

さてこの日の琉球八社巡りの最後は「天久宮」です。
泊の外人墓地の裏手にその社は鎮座しています。

通りに面して鳥居があり、そこが駐車場になっています。
そこには小さな御嶽があり信仰の場所となっていました。

琉球八社 天久宮 ご朱印

脇にある階段を下りると社務所、拝殿・本殿があり、その奥に権現堂がありました。
社自体は非常に質素で素朴な感じがします。

琉球八社 天久宮

さらに階段を下りると御嶽があり、泊龍宮神(弁天負泰彦大神)が祀られています。

琉球八社 天久宮

他に見られない様な形式を感じられましたが、沖縄県神社庁のHPによる由緒には以下のように説明されていました。
「昔、銘苅村に銘苅の翁子という者がいました。
ある時、夕暮れの頃、天久野に威儀を正した法師を従えた気高い女人が山上より下って来るのに出会いました。
中腹には小洞窟があり、そこには井戸があり、水が湧き出て流れていました。
翁子が法師に女人が何者かを尋ねると、法師は、自分は山の中腹に住んでいて、女人は山上の森に住む者で名乗るほどのものではないと答えました。
翁子は不思議に思い気をつけていると、ある時、女人が洞窟に入る時に、中途で消えてしまうのを見ました。
翁子は驚き、事の次第を王の臣下に伝えました。
伝え聞いた時の王はその虚実を確かめようと役人に命じて洞窟に向かって香を供えたところ、それが自然に燃え出しました。
そこで洞窟の外に社殿を造営して祀ることにしました。
その時に神託あり、『我は熊野権現なり。衆生の利益の為に現れたり。かの女人は国家の守護神なり。弁財天である。衆生は神変の加護によりて妄念を解くことができよう』と。
昭和19年の空襲により社殿は焼失しましたが、戦後、御嶽形式により奉祀されています。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 沖縄 - ジャンル: 地域情報

タグ: 琉球八社  天久宮  ご朱印  沖縄  那覇市 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

琉球八社 安里八幡宮

末吉宮に続いて、ご朱印を授かりながら参拝を済ませていない琉球八社のひとつ「安里八幡宮」に向かいました。

琉球八社 安里八幡宮 ご朱印

開発著しい那覇の新都心地区に程近いところにあります。

ここは琉球八社の中で唯一熊野権現ではない神様が祀られています。

安里八幡宮の沿革を書いておきたいと思います。

琉球八社 安里八幡宮

第一尚氏第七代尚徳王により、1466年(明成化2年、文正元年)に創建されました。
『尚徳王は、武勇に勝れた英明な王で、先王、尚泰久の遺志をついで鬼界が島遠征のため、二千余の軍勢を率いて安里を通りかかったとき、鳥が鳴き飛び立つのをみて、たちまち弓を取り、乙矢(おとや)は地に立て、甲矢(はや)を弓につがい、天を仰ぎ、「一矢で飛ぶ鳥を射落としたら鬼界が島の平定をかなえさせ給え」と祈願したところ、見事に一矢でこれを射落とすことができました。
また、さらに進んで五十余艘の軍勢で那覇港を出港したところ、海中の波間に梵鐘が浮き沈みしながら漂い、軍船の側を離れなかったという。
尚徳王は、「これは八幡大菩薩の賜りたる霊鐘なり。これがわが手に入れば戦勝まちがいなし。帰国後は八幡宮を崇め奉る。」と誓い、船に載せ戦いに臨んだところ、果たして鬼界が島を平定し凱旋することができました。尚徳王は、この八幡大菩薩のお加護に感謝し、誓願に従い、矢を立てた地に安里八幡宮を建立し、さらに近くに高明山神徳寺を併設して梵鐘を掛けさせたのが安里八幡宮の始まりであります。』(沖縄神社庁HPより)

さきにも書きましたが、ご祭神は熊野権現ではなく応神天皇(おうじんてんのう)・玉依姫命(たまよりひめ)・神功皇后(じんぐうこうごう)です。

この神社も沖縄戦で焼失してしまいましたが、1972年の施政権返還後、安里八幡宮復興期成会により平成5年に社殿の復元がなされました。

現在は新都心に隣接する土地柄、住宅や高層ビルの中、ひっそりと佇んでいます。

琉球八社 安里八幡宮

そのようなわけで駐車場もありませんので、ご参拝の際は近隣の駐車場に車を止めてから徒歩で参拝することをお勧めします。
関連記事

テーマ: 沖縄 - ジャンル: 地域情報

タグ: 琉球八社  安里八幡宮  ご朱印  沖縄  那覇市 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

琉球八社 末吉宮

県道82号線沿いから末吉公園の駐車場に車を止めます。
駐車場から末吉宮への案内表示は特に無く高台の朱色の建物がおそらく末吉宮だろうと推測しそちらの方向へと歩を進めていきました。

安謝川をわたり少しずつ高度を稼いでいくと私にも認識できる石畳道に出ます。

琉球八社 末吉宮 石畳道

その道を琉球国王の気分に浸りながら登りつめると今日の目的地、末吉宮に到着です。

琉球八社めぐりをしながら、ご朱印を授かろうと思い立ったのですが、那覇のお宮は宮司さんが常駐しているところが少なく、そのために「波の上宮」でご朱印を代わって授けていただけます。
この末吉宮もそのひとつだったので、私も先に波の上宮でご朱印をいただき参拝が後回しになっていました。

琉球八社 末吉宮 ご朱印

念願の末吉宮の社殿に着くと、そこには京都の清水寺を想起させるような造りで趣のあるお社でした。

琉球八社 末吉宮

社殿前の石段の下には琉球石灰岩の石造りのアーチ門もあり、琉球感満点です。

琉球八社 末吉宮

ご祭神は熊野三所権現(イザナミノミコト・ハヤタマオノミコト・コトサカオノミコト)だそうです。
無事参拝を終え帰路、末社の「荒神」にも参拝しましたが、この一帯は一大聖地を形成しているようで、次回はもう少し細かく見て歩きたいと思いました。

琉球八社 末吉宮 荒神
関連記事

テーマ: 沖縄 - ジャンル: 地域情報

タグ: 末吉宮  琉球八社  沖縄  那覇市  ご朱印 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

初夏のような陽気に誘われて・沖宮(おきのぐう)へ

波上宮の参拝を終えて、ウォーキングを兼ねて徒歩で奥武山公園の中にある沖宮(おきのぐう)に向かいました。

170406-02.jpg

沖宮も創始は不詳だそうですが、むかし那覇港に不思議な光を国王が城中より見つけて漁人に海中を探すように命じられ、古木を得たそうです。
翌夜より水面が再び光るのを見てそれを熊野権現垂迹(すいじゃく)の霊木だとし、この地に宮社を建て祀ったのが始まりです。

ご祭神は天照大御神(あまてらすおおおんかみ)を沖縄語でいう天受久女龍宮王御神(てんじゅくめりゅうぐおおおんかみ)・天智門女龍宮王御神(あまちじょうめりゅうぐおおおんかみ)・天受賀女龍宮王御神 (てんじゅかめりゅうぐおおおんかみ)
そして左の御座には父御神の天龍大御神(てんりゅうおんおおかみ)・母御神の天久臣乙女王御神 (あめくしんおとめおおおんかみ)・天芳子乙女王御神(てんぽうしおとめおおおんかみ)・天仁子乙女王御神(てんじんしおとめおおおんかみ)・天来子乙女王御神(てんらいしおとめおおおんかみ)
右の御座には熊野三神である伊弉册尊(いざなみのみこと)速玉男命(はやたまをのみこと)事解男命(ことさかをのみこと)

170406-01.jpg

拝殿にて参拝を終え、左手の階段を上ると天燈山御嶽がありました。

170406-03.jpg

また沖宮には境内にその他末社として住吉神社・弁財天宮・八坂神社・権現堂・祖霊舎があります。

170406-04.jpg

170406-05.jpg

お参り終え、ご朱印もいただき、せっかくなので奥武山公園を散策してから帰路に着くことにしました。

170406-00.jpg
関連記事

テーマ: 神社めぐり - ジャンル: 旅行

タグ: 沖縄  ご朱印  琉球八社  沖宮  熊野権現  奥武山公園 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

初夏のような陽気に誘われて・波上宮へ

今日はまるで初夏のような陽気の中、沖縄県内の参拝の続きとして、波上宮(なみのうえぐう)に出かけてきました。
波上宮下のビーチはもうオープンしていたんですねぇ

170405-01.jpg

境内に入ると日本語ではないアジア系の言語が飛び交っていました。
それもそのはず、来る道中那覇クルーズターミナルには大きな旅客船が停泊していました。
おそらくその観光客でしょう、お守りの授与所には行列を作っていました。外国の方も「お守り」には興味があるのでしょうか…

170405-03.jpg

さてこちらは授与所の隣の「ご朱印受付」と書いてある入り口から入ってお願いしました。
ここ波上宮では「天久宮」「安里八幡宮」「末吉宮」が神職が常駐されていないので、三社分のご朱印もいただけます。
私も順序は逆になりましたが三社分のご朱印もお願いし、ご朱印帳をお預けして拝殿にお参りに向かいました。
(尚、三社のご朱印はおいおいお参りした時にアップしますのでご了解ください)

波上宮のご縁起は、海の彼方のニライカナイの神々に日々の豊漁・豊穣を祈ったこの波の上の崖端を霊応の聖地、拝所としたのが始まりのようです。

170405-02.jpg

また普天間宮と同様にこちらでも「熊野権現」にまつわる伝承があります。それは…
「南風原に崎山の里主なる者があって、毎日釣りをしていたが、ある日海浜で不思議な“ものを言う石”を得ました。彼はその石に祈って豊漁を得ることが出来たそうです。石は光を放つ霊石で大層大切にしていました。それを知った諸神が奪おうとしたのですが彼は必死に逃れてこの地に至ったときにご神託がありました。『吾は熊野権現也。この地に社を建てて祀りなさい。然らば国家を鎮護すべし』と。そこで里主はは王府に奏上し王府は社殿を建てて篤く祀った」と

以来那覇港の出船入船は高い崖と鎮座する神殿を拝み、また王府も王みずから正月には列を整え参拝し、朝野あげて崇敬をあつめています。

琉球八社の制の中で、波上宮は第一に位し、明治時代に入っても官幣小社となり沖縄総鎮守としてさらに崇敬されているそうです。
ちなみに御祭神は主神に伊弉册尊(いざなみのみこと)・速玉男尊(はやたまのみこと)・事解男尊(ことさかをのみこと)だそうです。

170405-00.jpg
関連記事

テーマ: 神社めぐり - ジャンル: 旅行

タグ: 沖縄  ご朱印  琉球八社  波上宮  天久宮  末吉宮  安里八幡宮  普天間宮  熊野権現 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ