FC2ブログ

織幡明神の本地仏の如意輪観世音菩薩(第三十一番 鎮国寺)

参拝日 2017.2.11

『概略』

屏風山 鎮国寺 真言宗御室派

福岡県宗像市吉田966番地(地図

御本尊   胎蔵界大日如来坐像
ご真言   おん あびらうんけん ばざら だとばん

霊場御本尊 如意輪観世音菩薩坐像
ご真言   おん はんどま しんだ まに じんば ら うん

鎮国寺は、梅や桜の名所とも知られる山の中腹に伽藍を構えています。

33s31-01.jpg

中国より帰朝された弘法大師が、鎮護国家の根本道場として最初に建立された寺であるとされ、後には嵯峨天皇の勅願寺となり、黒田藩主をはじめ、九州全域から広く崇敬を集めてきたといわれています。
本堂(五仏堂)に、霊場本尊である如意輪観音が安置されています。

33s31-02.jpg

その如意輪観音は、伝教大師最澄の作といわれ宗像大社の境外摂社の織幡明神として現れた本地仏とされ「本地垂迹(仏や菩薩が人々を救済するため日本の神となり現れたと説く)説」に基づき造られたとされています。

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

ご詠歌

まことある みちをおしえて もろびとの
     まゆいをすくう のりのすべらぎ

ご朱印

33s31-00.jpg

合掌

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

九州八十八ヶ所百八霊場ご朱印など関連記事も併せてご覧ください。
九州八十八ヶ所百八霊場・鎮国寺 
九州八十八ヶ所百八霊場・鎮国寺(奥の院) 

*******************************************************
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州西国三十三観音霊場  遍路  巡礼  ご朱印  福岡  鎮国寺  真言宗御室派  如意輪観世音菩薩  九州八十八ヶ所百八霊場  九州三十三観音霊場 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

霊験あらたかな不動尊(第四十五番 大歓寺)

参拝日 2014.2.8

『概略』

金竜山 大歓寺 真言宗御室派

鹿児島県鹿児島市草牟田1-15-39(地図

御本尊 不動明王立像(一願不動)
ご真言 のうまく さんまんだ ばだらだん せんだ まかろしやだ そわたや うんたらた かんまん

大歓寺は鹿児島市内でも民家が立ち並んだ住宅街の一角にあり、大きな聖観音の石仏が出迎えてくれます。

野崎俊賢住職が昭和45年に創建された比較的新しいお寺で、当初は民家風のささやかな建物だったそうですが、信者の増加とともに新しく切妻造妻入の二階建の本堂を平成9年に建立されました。

45-02.jpg

1階部分は信者の便宜を図るためか駐車場になっていて、二階が本堂になっています。

その本堂にはご本尊の不動明王の他、吉祥天立像、大日如来坐像、十一面観音立像など300年以上前の作といわれる古仏や中国四大霊場の一つ普陀山から勧請した大きな千手観音坐像二体などが安置されています。

ご本尊の不動明王は「一つの願いを一心に願えば必ず成就する」といわれる一願不動尊です。剣に龍が巻きついている倶梨伽羅剣を右手にお持ちになっている珍しい尊増です。

この日の巡拝がここ大歓寺で終了という話を参拝後にご住職に何気なく話すと
「ならば近くに仙巌園という島津家の別邸があるので拠って行かれるといいですよ」と気さくにご案内いただいたので、立ち寄ることにしました。

45-03.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

45-01.jpg

ご詠歌

手を合わす 心の法の舟浮かべ
     一願不動 導きたもう

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  鹿児島市  大歓寺  真言宗御室派  不動明王立像 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

諸天善神の守護を受け(第九十四番 大日寺)

参拝日 2013.3.22

『概略』

金剛山 大日寺 真言宗御室派

福岡久留米市長門石2-15-12(地図

御本尊 大日如来坐像
ご真言 おん あびらうんけん ばさら だとばん

すっかり春めいてきた陽気に誘われて福岡県南部の久留米市を散策がてら新たに札所に加わった大日寺さんに参拝しようと出かけました。

九州新幹線の全線開通ですっかり様変わりしたJR久留米駅より2キロ程の回りを市営住宅や一般住宅に囲まれた一角に大日寺はあります。

一見すると日本旅館のような佇まいで、寺の看板がなければ見逃してしまいそうです。

94-01.jpg

第九十四番札所の表札を確認しつつ、お迎え地蔵に迎えられて玄関を入ると河童の姿の水神様や観音様が鎮座されていました。

94-02.jpg

促されるまま二階へ上がると本堂となっていて、中央にご本尊の大日如来、左右の脇仏に不動明王と地蔵菩薩がお祀りされています。

昭和60年の開山と非常に新しいお寺ですが、ご住職の対応も非常にきめ細かく、まるで親戚の家に伺ったような居心地の良さを感じさせてくれるお寺でした。

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

94-03.jpg

ご詠歌

耳納より 光明輝く 大日寺
    すがる願いは 救いたもうぞ

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  福岡  久留米  大日寺  真言宗御室派  大日如来坐像 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

子がえる寺(第九十三番 正法寺)

参拝日 2013.2.7

『概略』

瑠璃山 正法寺 真言宗御室派

福岡飯塚市平恒401(地図

御本尊 薬師如来坐像
ご真言 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

JR九州・福北ゆたか線「天道駅」に程近い小高いところに伽藍を構える正法寺の歴史は古く、江戸時代に遡りますが、詳細は記録が失われ不明ではあるものの、かつては穂波四国八十八ヶ所霊場の第四十七番八坂寺として信仰を集めていました。
昭和44年発刊の穂波町誌によれば戦後まもないころ当時穂波町にあった正法寺の住職であった京都大本山仁和寺の第43代門跡の立部瑞祐大僧正(後に宗像の鎮国寺にも晋住)の布教によって信者が増え、活動が活発になったため正式な寺院となることが望まれ、昭和22年に瑠璃山正法寺となったと記されています。

93-01.jpg

さて、かえるの石像が並ぶ石段を上ると仁王像に前を守られた本堂があります。
この本堂は現・原口性亮住職が晋山した際、老朽化の激しかった本堂を平成21年に再建されたものだそうです。

93-02.jpg

旧来の八坂寺のお堂は今も本堂の脇にあり、石仏の阿弥陀如来が祀られ、また仁和寺ゆかりの不動尊も伝えられています。

93-03.jpg

飯塚は炭鉱の町として有名ですが、その土地柄に相応しく正法寺の石垣は炭鉱から石炭と一緒に出た「ボタ石」で出来ていて、その斜面にはカエルの七福神の像が並んでいます。

93-04.jpg

ここ正法寺がどうして「こがえる寺」なのでしょう・・・
それは現・原口性亮住職が晋住する前は、九州八十八ヶ所百八霊場第三番札所の清影山・如意輪寺の原口元秀住職が約25年間兼務されていたそうで、そのため如意輪寺を「親がえる寺」とし正法寺が「子がえる寺」となりました。
ゆえに正法寺にも「カエル部屋」に2000体のカエルが安置されているそうです。

93-05.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

93-06.jpg

ご詠歌

南無薬師 諸病悉除の 願い込め
    守らせたまえ 慈悲の御光り

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)
九州八十八ヶ所百八霊場第三番札所 清影山 如意輪寺
九州二十四地蔵尊霊場第十番札所 清影山 如意輪寺
九州三十三観音霊場第五番札所 清影山 如意輪寺
上記の過去記事も併せてご覧いただければ幸いです。

*******************************************************
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  福岡  飯塚  第九十三番  正法寺  子がえる寺  真言宗御室派  如意輪寺 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

数少ない定朝様式の仏像(第六十三番 蓮厳院)

参拝日 2011.2.5

『概略』

金剛勝山 蓮厳院

佐賀県鹿島市大字山浦甲1476(地図

御本尊 阿弥陀如来坐像
ご真言 おん あみりた ていぜい から うん

一見おだやかな田園風景の中に佇む民家と見紛うような素朴な建物ではありますが、かつては後白河天皇が一国一伽藍の創建を発願し当地には慶照上人を開基として金剛勝院が建立され、この蓮厳院はその一院だったのです。金剛勝院は壮大な寺院だったようで鹿島志によれば「仏殿を作り、講堂、鐘楼、大門、中門みな備わる。門内に祠を構え八幡神を以て寺鎮となす。大門の外に路をはさんで十二の子院あり」と記されています。

しかし第六十二番札所の誕生院と同様、永禄年間の大友宗麟の兵火により焼失し蓮厳院のみとなってしまいました。
現在、蓮厳院が建っているところは同時の金堂の跡といわれています。

蓮厳院の本堂は藁葺きで向拝がついています。庫裡も同様に藁葺きでこの地方独特の「くど造」という「鈎型」になっているのが特徴の屋根です。

63-01.jpg

本堂裏手にまわると白亜の収蔵殿があり、国指定の重要文化財となっている二体の阿弥陀如来、一体の薬師如来が安置され、金剛勝院の時代を彷彿させてくれます。

63-02.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

63-03.jpg

ご詠歌

ありがたや 弥陀の光に 導かれ
      仏の庭を 踏むぞ うれしき

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  佐賀  鹿島市  第六十三番  蓮厳院  真言宗御室派  阿弥陀如来  定朝様 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ