FC2ブログ

人魚伝説が伝わる寺(第三十二番 龍宮寺)

参拝日 2017.2.7

『概略』

冷泉山 龍宮寺

福岡県福岡市博多区冷泉町4-21(地図

霊場御本尊 聖観世音菩薩
ご真言 おん あろりきゃ そわか

九州最大のターミナル駅、博多駅より大博通りを十数分歩くとビルとビルの谷間に龍宮寺はあります。通りを挟んで向かい側には東長寺がどっしりとした伽藍を構えています。

33s32-01.jpg

山門をくぐると正面には三宝大荒神のお堂があり、その奥に近代的な建物の本堂に向かい合うように観音堂があります。

33s32-02.jpg

堂内には霊場ご本尊の「聖観世音菩薩」が祀られていていますが、この尊像は平成17年の福岡西方沖地震で被害を受けたそうです。

33s32-03.jpg

さてお寺の名前が龍宮城ならぬ「龍宮寺」となっていますが、寺名の通り「人魚」にまつわる伝説があるお寺です。
「貞応元年(1222年)4月14日に博多湾で漁師の網に人魚が捕らえられました。守護職が朝廷に報告したところ、朝廷は冷泉中納言を勅使として検分のため派遣しました。
乳房から上が人間、それより下半身は魚で体長は約150センチ弱だった」と伝わっています。そして人魚の骨と伝わるものが6片保存されているそうです。

33s32-04.jpg

境内には人魚塚もあり、その伝説を偲ばせてくれます。

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

33s32-05.jpg

ご詠歌

わたつみの みたまささぐる おとめごが
      あかすものりの こえやきくらん

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州西国三十三観音霊場  遍路  巡礼  ご朱印  福岡  博多区  第三十二番  冷泉山  龍宮寺  人魚 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

漆喰の街中に(第八十四番 法蔵院)

参拝日 2013.01.31

『概略』

飛形山 法蔵院

福岡県福岡市西区姪の浜6-2-35(地図

御本尊 十一面観音立像

現在もなお漆喰壁の街並みが残る旧唐津街道沿いにある法蔵院は、ご宝号の幟が無ければ通り過ぎてしまうほど街並みに溶け込んでします。

84_01j.jpg

街道に面した簡素な切妻造の山門をくぐると、京都の町屋を彷彿とさせる細長い路地のような参道があります。左手が庫裡、そして右側には水掛け地蔵尊や水子地蔵尊の小堂があり、ぼけ封じ観音などの諸仏が所狭しとコンパクトに並んでおられます。

84_02j.jpg

しかしご本堂に上がると、ご本尊の十一面観音をはじめ、大日如来、薬師如来、弘法大師、子宝子安地蔵尊や第八十二番札所である雷山から勧請した十一面観音の古仏、高野山からの十一面観音や不動尊、さらにはインドやタイから迎えられた尊像が実に荘厳に祀られていました。

法蔵院は昭和初期の二度にわたる大火の時に瑞光尼が筑後国八女の飛形山から十一面観音を勧請し、火伏せの願いを込めて火元に建立したのが始まりだそうです。
その飛形山は現在の八女郡立花町にある450m程の山で古くから修験者が籠った霊山であり、この縁起により山号を飛形山と号しました。

84_03j.jpg

さてこの法蔵院さんは我々巡拝者にとってまことにありがたい存在です。と言うのも九州各地の巡礼の開創に多大なるご尽力をなされたそうです。本当にありがとうございます(合掌)

*******************************************************
記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)
*******************************************************
-- 続きを読む --
関連記事

テーマ: 福岡 - ジャンル: 地域情報

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  福岡県  第八十四番  法蔵院  九州二十四地蔵尊霊場  九州三十三観音霊場  第三十二番 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ