FC2ブログ

国東地方屈指の古刹(第九番 長安寺)

参拝日 2017.3.11

『概略』

金剛山 長安寺 天台宗

大分県豊後高田市加礼川635(地図

霊場御本尊 薬師如来 
ご真言 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

寺院御本尊 千手観音菩薩
ご真言 おん ばさら だるま きり そわか(おん ばざら だるま きりく・おん ばざら たらま きりく)

記事にも書きましたが、九州西国三十三観音霊場の第五番札所・天念寺ご朱印はこちら長安寺で授かることになります。

たまたま九州四十九院薬師霊場巡礼も始めていましたので薬師様巡礼と併せて伺うことができました。

長安寺六郷満山の中山本寺で、養老2年(718年)に仁聞菩薩によって聞基されたと伝えられる古刹です。

谷川に沿いながら山道を登りつめると、長安寺さんの駐車場に到着します。
別名「花の寺」と呼ばれるほど春はシャクナゲ、秋は紅葉と、その時季には大型観光バスで来訪される方も居られるとかで、駐車場は比較的広くとっておられました。

駐車場より少し歩いたところに間口の広い本堂があります。

49y09-01.jpg

正面の扉は開け放たれ、ご本尊の「千手観音菩薩」がすぐに目に入ります。

49y09-02.jpg

お寺の方にお声をかけて、四十九院薬師霊場と天念寺さんのご朱印を授けていただき、境内の散策をさせていただきました。

長安寺六郷満山の中山本寺として勢力を増大し、鎌倉期には六郷山の惣山として満山100余ケ寺を統治し学頭職として満山約1000人の僧侶を統率していたというほど全盛期を迎えていたそうです。

しかし関ヶ原の戦いで西軍に組した大友義統は徳川方黒田如水の軍と石垣原の合戦で大敗。
大友方の吉弘統幸(長安寺の別当職)はこの合戦で壮絶な戦死を遂げました。
翌年、統幸の残党の居る屋山城は黒田軍により攻撃され、長安寺も運命を共にしたという。

その後豪円和尚が長安寺の法灯を復興させますが、六郷満山の統括の資格は長安寺には戻らず、杵築城主の崇敬を受けた両子寺が満山の支配力を獲得したそうです。

49y09-03.jpg

そのような歴史をたどった長安寺ですが、境内には深い樹木に囲まれながら経蔵・宝物殿・護摩堂などが立ち並び、本堂左手の山道を登ると奥の院へと続きます。

49y09-04.jpg

寺宝には国指定の銅板法華経や天台僧・円尋が奉安したといわれている木造の「太郎天像」や二童子立像があり、とりわけ太郎天は不動明王を本地仏とするといい神仏習合の国東修験を髣髴させるものです。

49y09-05.jpg

他にも国東塔や宝筺印塔など石造の文化財も点在していました。

49y09-06.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

ご朱印

49y09-07.jpg

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

関連記事:両子寺 天念寺

*******************************************************
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州四十九院薬師霊場  遍路  巡礼  ご朱印  第九番  長安寺  天台宗  薬師如来  千手観音菩薩  太郎天像 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

温泉施設を有するお寺(第四十八番 薩摩薬師寺)

参拝日 2013.3.16 

『概略』

音泉山 薩摩薬師寺 高野山真言宗

鹿児島県薩摩郡さつま町求名570(地図

御本尊 薬師如来立像
ご真言 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

薩摩半島北部に位置する薩摩薬師寺は新寺建立したまだ新しいお寺です。

48-01.jpg

まずは到着して目に飛び込んでくる赤い鳥居をくぐり石段を上ると、鎌倉の鶴岡八幡宮の御分身を祀った鎮守の八幡神社にお参りします。

48-02.jpg

次に緩やかな勾配の宝形造の本堂に参拝します。

48-03.jpg

ご本尊は高さ13センチと小さいながらも高野山からお迎えした霊験あらたかな薬師如来様です。

また脇仏の不動明王様は鎌倉の北条泰時開山の成就院からお迎えした、男女の縁はもとより、あらゆる不思議な縁結びにご利益のある仏様だそうです。

さてここ薩摩薬師寺の一番の特色は境内に温泉入浴施設を有していることでしょう。

48-04.jpg

もちろんアルカリ性単純泉の天念温泉であり、薬師温泉として地元の人々や仕事帰りの方たちの語らいと癒しの場として毎日多くの方で賑わっているそうです。

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

48-05.jpg

ご詠歌

癒えざるも 導きませと 参り行く
     祈りの道に 瑠璃のともしび

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  鹿児島  第四十八番  薩摩薬師寺  高野山真言宗  薬師如来 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

平戸松浦藩の祈願寺(第七十四番 東漸寺)

参拝日 2011.4.23

『概略』

岩問山 東漸寺 真言宗智山派

長崎佐世保市中里町250(地図

御本尊 薬師如来立像
ご真言 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

平戸松浦藩寄進といわれる山門の前には、幹回り約7.2メートル、高さ約20メートルそして樹齢約500年といわれる大きな楠が迎えてくれます。
この楠、長崎県の天然記念物にも指定されていて、今もなお青々と葉を茂らせて思わず手を合わせたくなるような生命力をが伝わってきます。

和銅年間(708~715)に行基菩薩が現在の奥の院となっている岩問山に草庵を結び薬師如来を祀ったのが東漸寺の始まりと伝えらています。

境内は心地よく整備されて本堂手前の蘇鉄がとても印象的です。

74-01.jpg

本堂は入母屋造に唐破風の向拝をつけ、右側には千鳥破風も有する豪華ながら京風の美意識も感じさせてくれる建物です。

74-02.jpg

ご本尊の行基菩薩作の薬師如来様へのお参りを済ませ、境内に戻ると本堂左手の弘法大師を乗せた石門をくぐると四国八十八ヶ所の本尊石仏がすらりと居並ぶミニ霊場となっていました。

74-03.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

74-04.jpg

ご詠歌

瑠璃光の 楠葉にもるる 岩問山
    大悲の光 照りて 隈なし

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  長崎  佐世保  第七十四番  東漸寺  真言宗智山派  薬師如来 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

鎮西薬師(第七十一番 浄漸寺)

参拝日 2011.4.23

『概略』

医王山 浄漸寺 真言宗智山派

長崎佐世保市上原町510(地図

御本尊 薬師如来坐像
ご真言 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

行基菩薩が東大寺勧進のため全国を巡錫し、速来(現在の早岐)を訪れた折、楠木の霊木で薬師如来を刻み、堂宇を建立したのが、ここ浄漸寺の始まりだそうです。

当時は早岐小学校近くの百段石と呼ばれているところに境内があったそうですが、火災や廃仏毀釈による廃寺などの末、明治に入り現在地に再建されました。

山門のない石段を上ったところの正面に入母屋造の本堂があり、行基菩薩作の薬師如来がご本尊としてお祀りされているそうですが、秘仏となっていて残念ながら直接拝することは出来ませんでした。

71-02.jpg

境内には天を突くような大きな楠が立っていて、とても開放的な空気が漂っています。

71-01.jpg

そんな境内に点在する石仏も味わい深いものが多く、とりわけ稚児大師はとても愛らしいお姿で立っておられました。

71-03.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

71-04.jpg

ご詠歌

浄漸の 薬師の み前に 巡り来て
    瑠璃の光に 消ゆる 罪とが

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  長崎  佐世保  第七十一番  浄漸寺  真言宗智山派  薬師如来 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

キリシタン観音のおわす寺(第六十七番 東光寺)

参拝日 2011.4.16

『概略』

三間山 東光寺 真言宗大覚寺派

佐賀県武雄市山内町大字三間坂甲14866(地図

御本尊 薬師如来坐像
ご真言 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

唐から帰朝した弘法大師が大路十九番札所となっている西光密寺を創建したした時に、その末寺として建立したのがこの東光寺だと伝えられています。

そして鎌倉時代には黒髪三所権現と称して修験の道場となり武雄領主の祈願所として栄えました。その後、火災により焼失するも天文16年(1547年)阿忍僧都が再興し中興開基としています。

入母屋造に向拝をつけた本堂内陣に阿忍僧都が安置したしたご本尊の薬師如来、脇侍に阿弥陀如来と聖観音の他、不動尊、愛染明王などの尊像が祀られています。

67-01.jpg

その薬師如来様は九州四十九院薬師霊場の霊場ご本尊ともなっています。

67-02.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

67-03.jpg

ご詠歌

旭日射す 瑠璃の光に 照らされて
    祈りささげん 今日のうれしさ

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  佐賀  山内町  第六十七番  東光寺  真言宗大覚寺派  薬師如来  キリシタン観音 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ