FC2ブログ

諸病に霊験新たなる霊水(第十六番 西福寺)

参拝日 2018.4.21

『概略』
  • 弦掛山 西福寺 真言宗智山派

  • 所在地 長崎県佐世保市世知原町矢櫃25-2(地図

  • 御本尊 十一面観音立像

  • ご真言 おん まか きゃろにきゃ そわか

  • 霊場御本尊 恵泉地蔵尊
  •  
  • ご真言 おん かかかび さんまえい そわか


1000年以上前より山伏が庵を結んで修行した行場であった西福寺、こちらのお寺も以前九州八十八ヶ所百八霊場遍路で一度お参りさせていただいております。

広めにとってある駐車場から石仏の並ぶ緩やかな登りの参道を通り

24j16-01.jpg

鐘楼の脇を抜けると

24j16-02.jpg

入母屋造の本堂が迎えてくれます。

24j16-03.jpg

堂内にはご本尊の十一面観音立像や霊場ご本尊の恵泉地蔵尊などが安置されています。

24j16-04.jpg

しかし何と言ってもこのお寺の見どころは、本堂左手より山側に少し進むと奇岩怪石懸崖に清水の滝がある大洞穴の岩屋にある奥の院でしょう。

24j16-05.jpg

この奥の院には以下のような伝承が今に伝わります。
「世知原村に住む吉井クラは篤く観音を信仰しており、朝夕念じていた。ある日のこと、突然の病魔におそわれ、病名もわからないまま、明日をも知れない難病に苦しんだ。そのような夜、クラの夢に観音が現れて、『我は弦掛の霊山に住む観世音菩薩である。大雨で土砂が崩れ、長い間土のなかにいる。早く人を遣わして、掘りあげてほしい。場所は滝壺より五尺のところである』と告げた。さっそく家族に夢の話をして、霊夢の場所を掘ったところ、観音など数体の石仏が現れ、滝の水で洗い清めて岩場の奥に安置した。家に帰ってみると、クラの病はすっかり治っていたという。」

24j16-06.jpg

この伝承にある諸仏の出現の地の霊水は難病に効くと言い伝えられています。

24j16-07.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

ご朱印

24j16-00.jpg

ご詠歌

24j16-000.jpg

忍辱(にんにく)の 慈悲にすがるる 諸人を
          救わせ給う 南無地蔵尊

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

またこのお寺は、他の霊場巡礼で参拝しておりますので、併せて過去記事をご覧いただければ幸いです。
九州八十八ヶ所百八霊場 

*******************************************************
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州二十四地蔵尊霊場  遍路  巡礼  ご朱印  第十六番  西福寺  恵泉地蔵尊 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

現在も響く健児の笑い声(第六番 西福寺)

参拝日 2018.3.24

『概略』
  • 日光山 西福寺 高野山真言宗

  • 所在地 福岡県田川市弓削田510(地図

  • 霊場御本尊 子育地蔵
  •  
  • ご真言 おん かかかび さんまえい そわか


西福寺は田川市の住宅街の中に伽藍を構えています。
境内には保育園も併設されていて、平日は子供たちの元気な声で満ち溢れていることと思います。

山門をくぐり右手に本堂があります。

24j06-01.jpg

寺伝によれば大友宗麟の兵火にて伽藍はすべて焼失しましたが、当時の村人は力を合わせて釈迦如来、阿弥陀如来、観世音菩薩の三尊仏像を境内地の井戸に投げ入れ焼失から免れたそうです。

24j06-02.jpg

その後この地が流行の病や災害が度々見舞われたので春日明神に詣でた際、そのご神託により仏体を井戸より発見し此の地に安置しました。
本堂右手には観音堂がありました。

24j06-03.jpg

そして観音堂と向かい合うように山門の左手に霊場ご本尊をお祀りしてある地蔵堂があり昭和60年に開眼された「子育地蔵尊」がおられます。

24j06-04.jpg

地蔵堂にはお守りのガチャなどもあったり、安置の弘法大師さまのお顔など、クスッと微笑んでしまうような光景が含まれていました。

24j06-05.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

24j06-00.jpg

ご詠歌

世の中の 親の願いは 健やかに
    育てと祈る 慈悲の姿に

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州二十四地蔵尊霊場  遍路  巡礼  ご朱印  第六番  西福寺  子育地蔵 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

弦掛観音(第七十六番 西福寺)

参拝日 2011.4.23

『概略』

弦掛山 西福寺 真言宗智山派

長崎佐世保市世知原町矢櫃25-2(地図

御本尊 十一面観音立像
ご真言 おん まか きゃろにきゃ そわか

駐車場より鐘楼の脇を石仏の配された参道を上っていくと入母屋造の弦掛山 西福寺の本堂があります。

76-01.jpg

山号は1581年、島原の有馬氏の軍勢が直谷城に押し寄せた際に直谷城主・志佐壱岐守の兵と平戸城主・松浦隆信が合流し、この地に陣を敷き、弓に弦を掛けて戦ったことにより「弦掛山」という地名が起きたことに由来しているようです。

76-02.jpg

本堂より奥の院へ向かう千年以上昔から山伏が岩屋の中に庵を結び修行してきた天然の聖地としての素晴らしさを改めて実感させられます。

76-03.jpg

巨大な岩が左右からそそり立ち、比較的広い三角形の空間を作り出しており、その中央には簡素ではあるものの入母屋造の小さなお堂もあります。
中には聖観音・十一面観音・馬頭観音・大日如来・地蔵菩薩などの石仏が安置されています。

また岩屋内には清らかな水も滴り落ちていて「清水の滝」といわれ、それに因んだ地蔵尊は九州二十四地蔵尊霊場第十六番札所ともなっています。

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

76-04.jpg

ご詠歌

幽谷に 清水したたる 石仏
  大悲の恵み 落つる 瀧つ瀬

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  長崎  佐世保  第七十六番  西福寺  弦掛観音  真言宗智山派  十一面観音 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ