FC2ブログ

幻の大寺

国東半島でもう一ヶ所是非とも訪ねてみたい所に「真木大堂」があります。

熊野磨崖仏より3キロメートルほどのところにあります。現地に着くと通りを挟んで広い駐車場があり、多くの参拝者や観光客が訪れるのだろうと推測できましたが、この日は訪れる人も疎らで人混みがあまり好きではない私には幸運でした。
駐車場から道を渡り数段の石段を上ると右手に宗務所(案内所)があり、こちらでご朱印をお願いし、拝観料の300円をお納めしました。

170911-01.jpg

真木大堂六郷満山本山本寺8ヶ寺の一つとして36坊を有し六郷満山寺院最大の寺院であった馬城山伝乗寺のゆかりの地で各寺坊のご本尊をこの堂に集め守り続けておられます。
その馬城山(まきさん)伝乗寺は、国東半島に点在する六郷満山の他の天台宗の寺院と同様に、仁聞菩薩により養老2年(718年)に開基されたと伝えられています。

まずは右手の旧本堂にお参りをさせていただきます。

170911-02.jpg

旧本堂は永い間仏像を安置してあった真木大堂旧堂で江戸時代のものとされています。
正面には国東半島では極めて珍しい木造の仁王像がお祀りされています。
その仁王像の肩越しの朱塗りの扉には皇室の御紋章がありますが、鎌倉幕府より蒙古来襲の折に異国降伏の祈祷を行うよう指示があり、国難を救うため長期にわたり大祈祷が行われました。
その後、元を退けた恩賞として将軍家を経て朝廷より菊花の紋章が下賜されたそうです。
そして正面には阿弥陀如来掛け軸。

さぁいよいよ収蔵庫である「真木大堂」に・・・
収蔵庫内には、平安から中世にかけて花開いた六郷満山文化の栄華を色濃く残す本尊阿弥陀如来坐像、不動明王立像、大威徳明王立像、二童子立像、四天王立像の9体の平安仏が安置されていて、その保存状態は驚くほど良好でした。

左 大威徳明王

ご真言 おん しゅちり きゃらろは うん けん そわか

ご朱印

170911-03.jpg

中央 阿弥陀如来坐像・四天王立像

阿弥陀如来ご真言 おん あみりた ていせ(ぜ)い から うん
持国天ご真言   おん ぢりたらしゅたら らら はらまだな そわか
増長天ご真言   おん びろだきゃ やきしゃ ぢはたえい そわか
広目天ご真言   おん びろばくしゃ のうぎゃ ぢはたえい そわか
多聞天毘沙門天)おん べいしら まんだや そわか

ご朱印

170911-04.jpg

右 不動明王矜羯羅童子制咤迦童子

不動明王ご真言  なまく さまんだ ばさらだん せんだ まかろしやだ そわたや うんたらた かんまん(のうまく さんまんだ ばざらだん せんだ まかろしやだ そわたや うんたらた かんまん)

ご朱印

170911-05.jpg

その他境内には大晦日には参拝者も鐘を撞ける「鐘楼」や「熊野社」などがありますが、実はこのお寺の創建に関して確かな文献が存在せず『幻の大寺』と言われています。

170911-06.jpg 170911-07.jpg

そんな悠久の歴史の流れと六郷満山特有の仏教文化に浸れる素敵なひと時を過ごすことができた参拝でした。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 馬城山  伝乗寺  傳乗寺  真木大堂  幻の大寺  ご朱印  阿弥陀如来  不動明王  大威徳明王  二童子 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

国宝の寺・富貴寺

国東半島のお遍路をしていると目的の札所以外にも立ち寄りたい寺院がたくさんあり、さすが仏の里「六郷満山」だなぁと強く感じます。

その中のひとつ「富貴(蕗)寺」も是非立ち寄りたいお寺でした。(参拝日 2017.3.18)
大分県豊後高田市田染蕗(たしぶふき)2395 

養老2年(718年)仁聞菩薩の開基と伝えられ、阿弥陀堂として宇佐八幡大宮司の氏寺として建立されたものだそうです。

170905-01.jpg

石段を登り仁王門をくぐり、さらに石段を登って大堂に参拝。

170905-02.jpg

阿弥陀堂としては九州最古和様建築物で数度の修理・修復を経て、昭和27年、国宝に指定されました。

170905-03.jpg

大堂は左右の扉より入場し拝観できる。
堂内中央には高さ85センチ榧(かや)材寄木造りの阿弥陀如来坐像を目の前で拝む事ができます。
また堂内壁面には、多数の仏の壁画が描かれていてこれらも重要文化財となっています。

大堂右手より少し登ると奥の院があり、岩を繰り抜いた穴に薬師如来像と2対の石仏が安置されていました。

170905-04.jpg

帰り際山門手前を脇に入ったところに本堂があり、ご本尊、阿弥陀三尊像阿弥陀如来・観世音菩薩・勢至菩薩)が安置されていて県指定の有形文化財となっています。
本堂前の石段は文化2年の銘があるそうです。

170905-05.jpg

ご朱印

170905-06.jpg
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 富貴寺  ご朱印  大分  豊後高田  六郷満山  大堂  国宝  阿弥陀堂  阿弥陀如来 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

猫寺(第九十八番 生善院)

参拝日 2013.2.11

『概略』

千光山 生善院 真言宗智山派

熊本球磨郡水上村大字岩野3542(地図

御本尊 阿弥陀如来坐像
ご真言 おん あみりた ていぜい から うん

生善院は通称「猫寺」で知られ、その名の通り山門前には狛犬ならぬ狛猫(?)が立ち、境内にはあちらこちらに猫の置物が点在しています。

98-01.jpg

何故「猫寺」かというと、寺の縁起に由来するものです。

昔、相良藩に謀反の疑いをかけられ非業の死を遂げた普門寺住職・盛誉法印の母・玖月善女が相良氏を恨み愛猫・玉垂とともに息子の後を追い身を投じました。
その後、藩主が化け猫に苦しめられたため、その猫の供養とともに法印親子を祀るため普門寺跡に建立したのが生善院だそうです。

山門をくぐり正面が豪農の民家を思わせる入母屋造の本堂で、こちらにご本尊として盛誉法印の影像の阿弥陀如来が奉安されています。

98-02.jpg

一際目を引くのは本堂右手にある茅葺屋根で黒漆に鮮やかな彩色が施された観音堂で、国指定の重要文化財となっています。
そして観音堂には法印の母・玖月善女の影像である千手観音が納められているそうです。

98-03.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

98-04.jpg

ご詠歌

野も過ぎて 里をも過ぎて 中山の
      寺に参るは 後の世の為

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  熊本  球磨郡  第九十八番  生善院  真言宗智山派  猫寺  阿弥陀如来 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

鎌倉時代の阿弥陀如来像(第七十二番 光輪院)

参拝日 2011.4.23

『概略』

櫨山 光輪院 高野山真言宗

長崎佐世保市宮地町4-5(地図

御本尊 阿弥陀如来坐像
ご真言 おん あみりた ていぜい から うん

中央公園、裁判所そして市立図書館が並び佐世保市の文化ゾーンともいえる一角に光輪院は伽藍を構えています。

高台へと緩やかに上る道を登ると境内があります。

門を入り正面が霊安堂、その左隣は木造の入母屋造妻入の毘沙門堂、そしてさらに左手奥がギリシャ神殿を思わせるような四本の柱が立ち宝形造に相輪が建つ屋根の鉄筋コンクリート造の本堂が並び建っています。

72-01.jpg

毘沙門堂は奈良の信貴山より勧請された毘沙門天が安置され、堂前には赤い木造燈籠が趣を添えています。

72-02.jpg

本堂には近年修理された金色に輝く阿弥陀如来立像がご本尊としてお祀りされていますが、鎌倉時代の作と推定される古仏だそうです。

お参りを済ませ境内に戻ると、堂宇と反対側の塀にそって、墓石のような石の台座に坐して居並ぶ十三仏も印象深いものがありました。

72-03.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

72-04.jpg

ご詠歌

いささかの 濁りにしまぬ 心持て
     山の清水を 今 汲みにけり

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  長崎  佐世保  第七十二番  光輪院  高野山真言宗  阿弥陀如来 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

修験の道場(第六十九番 西光密寺)

参拝日 2011.4.16

『概略』

佐賀県武雄市山内町宮野黒髪山中腹(地図

御本尊 薬師如来坐像
ご真言 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

御本尊 阿弥陀如来坐像
ご真言 おん あみりた ていぜい から うん

御本尊 十一面千手観音坐像
ご真言 おん ばざら たらま きりく

山号の黒髪山は修験の道場です。
延暦23年、弘法大師が入唐に際し登拝し海上安全と大願成就を祈願しました。

大同元年帰朝後、弘法大師は再び黒髪山に再び登り不動明王を爪彫り(爪刻不動明王【つまぼりふどうみょうおう】と呼ばれています)西光寺を建立し安置し、弟子の快護を住持させたのが始まりです。
正保2年(1645年)中興の法印尊覚は旧嵯峨御所大覚寺宮から大智院の称号を受け、末寺八十を数えるに至りましたが、明治に入り火災で焼失し佐世保に移転しました。
現在この爪刻不動明王さまは佐世保市の黒髪山大智院(第百四番札所)にお祀りされています。

その後西光密寺が再建され現在のご本尊は、 黒髪三所権現の本地仏といわれる、薬師如来、 阿弥陀如来、千手観音の三体の掛け仏さま(秘仏)となっています。

さてこちらの札所にご参拝の際にご注意いただきたいのは、山上の西光密寺さんは毎月1日、14日以外は無住なので兼務されておられる山麓の定林寺(佐賀県武雄市山内町宮野1024)が納経所となっていることです。

69-01.jpg

定林寺に参拝、西光密寺の納経朱印をお願いした後、約4キロの舗装された山道を登ると広めの駐車場にたどり着きます。

69-02.jpg

そこより少し徒歩で登り、石段を上がると入母屋造の西光密寺本堂です。

69-03.jpg

境内は、寺屋敷跡として山内町の史跡に指定され、南無阿弥陀仏碑や石仏が点在し、往時の信仰の深さが偲ばれます。

69-04.jpg

69-05.jpg

69-06.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

69-07.jpg

ご詠歌

緑なす 名も黒髪の 岩陰に
   大師の み跡ぞ 今にまします

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  佐賀  山内町  第六十九番  西光密寺  真言宗大覚寺派  薬師如来  阿弥陀如来 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ