FC2ブログ

博多祇園山笠2018 七番山笠 中洲流 飾り山

2018年最後の流は中洲流でした。
中洲流も舁き山と飾り山を持っています。今日は飾り山をご紹介します。
今年の飾り山の表の標題は「長政関ケ原武勲(ながまさせきがはらのぶくん)」です。
制作人形師は三宅 隆氏。

博多祇園山笠2018 七番山笠 中洲流 飾り山 長政関ケ原武勲

長政とはいわずと知れた黒田長政のことです。
慶長五年に徳川家康方の東軍と石田光成方の西軍が激突しました。
世に言う『関ケ原合戦』です。
この戦いで東軍に加わった黒田長政は合戦の先陣を務めて大いに武功を表しましたが、一進一退の攻防を繰り返す中、午後になり小早川秀秋の裏切りによって西軍は総崩れとなり、東軍の勝利で幕を閉じました。
この時小早川秀秋に裏切りを勧めたのが黒田長政で、戦いの後徳川家康が長政の手を取り感謝したと言われています。
これらの武勲によって黒田長政は筑前国五十二万石を賜り、同年十二月豊前国中津城より小早川秀秋の居城であった名島城に移りました。
しかしこの城が五十二万石にはふさわしくなかったため、翌年から七年をかけて那珂郡警固村の福崎に新しく城を築き、城下町を出身地にちなんで福岡と名付けました。
ここに黒田藩の基礎が確立されたのです。

博多祇園山笠2018 七番山笠 中洲流 飾り山 長政関ケ原武勲

見送りの標題は「壮烈岩屋城之戦(そうれついわやじょうのたたかい)」
制作人形師は溝口堂央氏です。

博多祇園山笠2018 七番山笠 中洲流 飾り山 壮烈岩屋城之戦

こちらも九州制覇を目指す島津義久と大友家の家臣筑前の髙橋紹運との戦いをテーマにしています。
島津忠長、伊集院忠棟を大将とする二万の大軍を進軍させ岩屋城(現四王寺山)にわずか763名の手勢とともに籠城する髙橋紹運に再三の降伏勧告したのですが、落ち目になったとしても主君は裏切れないとし応じず徹底抗戦しました。
島津軍はやむなく総攻撃に出る壮絶な戦いの後ついに紹運は髙櫓にて割腹して果てたそうです。
そして七六三名全員が討死自害して、戦いの幕は降ろしました。
勝った島津勢も死傷者三千名ともいわれ態勢を立て直すのに時間を要したため立花宗茂(髙橋紹運の実子)が籠る立花山城への攻撃にてこずり、その間に豊臣勢二十万が九州に上陸し九州制覇という島津の野望は叶わなくなりました。

博多祇園山笠2018 七番山笠 中洲流 飾り山 壮烈岩屋城之戦
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 福岡 - ジャンル: 地域情報

タグ: 博多祇園山笠2018  七番山笠  中洲流  飾り山  長政関ケ原武勲  壮烈岩屋城之戦 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

博多祇園山笠2018 六番山笠・東流 飾り山

東流は飾り山もあります。
表の今年の標題は「桃太郎初陣(ももたろうういじん)」です。
制作人形師は白水英章氏。

博多祇園山笠2018 六番山笠・東流 飾り山 桃太郎初陣

人の世の生き血を吸い、不埒な悪行三昧、醜いこの世の鬼たちを退治てくれよう桃太郎・・・とどこかで聞いたようなセリフが聞こえてきそうです。
現代社会に蔓延る不埒な鬼とは?
いずれにしてもそのような輩の根絶を願いたいものです。

博多祇園山笠2018 六番山笠・東流 飾り山 桃太郎初陣

見送りは「太閤町割縁(たいこうまちわりえにし)」。
制作人形師は室井聖太郎氏です。

博多祇園山笠2018 六番山笠・東流 飾り山 太閤町割縁

九州征伐を終えた豊臣秀吉は1587年に博多の復興を構想。
その区画整理事業は太閤町割りと呼ばれ、町筋ごとに『流』という集合体を形成させました。
そして現代に続く博多松囃子(どんたく)や博多祇園山笠といった大規模な祭事は今でもこの流単位で行われています。

博多祇園山笠2018 六番山笠・東流 飾り山 太閤町割縁
関連記事

テーマ: 福岡 - ジャンル: 地域情報

タグ: 博多祇園山笠2018  六番山笠・東流  飾り山  桃太郎初陣  太閤町割縁 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

博多祇園山笠2018 二番山笠・千代流 飾り山

昭和25年(1950年)に大津流が千代流と改めて誕生した比較的新しい「流」ですが、舁き手の数も多い大所帯の流です。
千代流は舁き山ばかりでなく、飾り山、子供山笠も持つ流で、流の区域は千代校区と重なっており、各町の子供会も情操教育の一環として積極的に山笠に参加しています。
ということで、今エントリーはまずは飾り山を・・・

飾り山は、毎年再開発ビル「パピヨン24」前に建っています。

表の標題は「鎮西三雄博多護ちんぜいのさんゆうはかたをまもる)」です。
制作人形師は川﨑修一氏。

戦国末期、傳多を守護した大友の将、高橋紹運と立花道雪。
そして二人の父を持つ立花宗茂。
高橋紹運ひきいる岩屋城兵700に大島津軍4万が攻めて来ました。
岩屋城が降ると次は立花宗茂の立花城が。博多の危機で勇者達の義の戦いが始まります。

博多祇園山笠 二番山笠 千代流 飾り山 鎮西三雄博多護 ちんぜいのさんゆうはかたをまもる

私は高橋紹運と聞くと大宰府から四王寺山に登る途中の岩屋城跡が目に浮かびます。
博多祇園山笠はその祭りを通して改めて博多、福岡の歴史に触れられることも楽しみの一つだと思います。

博多祇園山笠 二番山笠 千代流 飾り山 鎮西三雄博多護 ちんぜいのさんゆうはかたをまもる

見送りの標題は「維新回天石堂橋いしんかいてんいしどうばし)」
制作人形師は表同様、川﨑修一氏。
馬関戦争(下関戦争)の後、イギリス・フランス・オランダ・アメリカの四カ国との講和にあたった長州藩の高杉晋作は、藩内のその攘夷派と幕府からも狙われることになってしまいました。
そこで福岡藩の勤皇志士の勧めもあり、福岡に潜伏して、討幕活動を続けることになりました。
しかし福岡博多に入るには、石堂橋に関所があり、通過する為、策が必要でした。
当時石堂橋からこの飾り山のあるあたりには水茶屋が建ち並んでおり、そこで遊んだ商家の若旦那を装い、半纏を着て舞妓を肩に乗せ、舞妓の袖で顔を隠して関所を通過したそうです。
その物語を維新150年という節目にということもあり描いています。

博多祇園山笠 二番山笠 千代流 飾り山 維新回天石堂橋 いしんかいてんいしどうばし 高杉晋作

ちなみに「石堂橋」は「お汐井とり」の出発点でもあります。

博多祇園山笠 二番山笠 千代流 飾り山 維新回天石堂橋 いしんかいてんいしどうばし 高杉晋作
関連記事

テーマ: 福岡 - ジャンル: 地域情報

タグ: 博多祇園山笠  二番山笠  千代流  飾り山  鎮西三雄博多護  ちんぜいのさんゆうはかたをまもる  維新回天石堂橋  いしんかいてんいしどうばし  高杉晋作 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

番外 飾り山 櫛田神社

表の標題は「日本武尊征熊襲やまとたけるのみことくまそをうつ)」
制作人形師:川崎 修一 氏

18y18-01.jpg

景行天皇の息子である小碓尊は、父の命を受けて朝廷に従わない西方の豪族である熊襲(現熊本県人吉市周辺から現鹿児島県霧島市周辺)の首長・川上梟帥の征討に向かいました。
世にいう『熊襲征討』です。
この山笠は小碓尊が『日本武尊』の名前を名乗ることになった由来の一場面です。

18y18-012.jpg

見送りの標題は「如水九州平定功じょすいきゅうしゅうへいていのいさおし)」
制作人形師:室井 聖太郎 氏

18y18-02.jpg

天下統一を成し遂げた豊臣秀吉の没後、徳川家康率いる東軍と石田三成率いる西軍に天下が分かれ、美濃国の関ケ原にて両軍が激突します。
この飾り山笠は、信長、秀吉に仕え天下一の知恵者と謳われた如水が優れた知略と篤い人望を駆使し、関ヶ原の合戦の間に縦横無尽に九州平定を成す場面です。
関連記事

テーマ: 福岡 - ジャンル: 地域情報

タグ: 番外  飾り山  櫛田神社  日本武尊征熊襲  やまとたけるのみことくまそをうつ  如水九州平定功  じょすいきゅうしゅうへいていのいさおし 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

九番山笠 飾り山 川端中央街

表の標題は「先陣宇治川せんじんうじがわ)」
制作人形師:中野 親一 氏

18y09-01.jpg

平家物語にある『宇治川の先陣』を題材にしており、梶原源太景季と佐々木四郎高綱の先陣争いの名場面です。


見送りの標題は「朝定番アサデス。KBC(あさていばん あさです。けいびーしー)」
制作人形師:中野 浩 氏

18y09-02.jpg

九州朝日放送の朝の帯番組をモチーフにした飾り山
福岡ソフトバンクホークスの試合結果、国内外で起きたニュースや話題も福岡の目線でわかりやすく伝えている番組です。
関連記事

テーマ: 福岡 - ジャンル: 地域情報

タグ: 九番山笠  飾り山  川端中央街  先陣宇治川  せんじんうじがわ  朝定番アサデス 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ