FC2ブログ

妖怪の里???

沖縄県を代表する(?)妖怪として、樹木の精霊のキジムナー(地域によってブナガヤーと言ったり、その呼び名はいろいろあります)がいます。


そんなご縁でしょうか、昨年「ゲゲゲの鬼太郎〜千年の呪い歌」のロケが本島北部・国頭村楚洲地区で行われました。


 

20090408_102849_1.jpg


その際ロケで使用された主人公・鬼太郎の住む「鬼太郎ハウス」が近くの安波地区の「やんばる学びの森」に移築されたと聞いて、話の種と思い、大宜味まで来たついでに足を伸ばしてみました。


 

20090408_102849_2.jpg

 

「やんばる学びの森」は自然と人間の共生をテーマに最近沖縄でも力を入れつつある「エコツーリズム」の実践の場として、国頭村が国頭ツーリズム協会の運営のもと、開設された施設です。


 

20090408_102849_3.jpg


そのコンセプトにも合致するということで、移築が実現した訳ですが、なるほど悠久の自然の中、フィトンチッドが充満した空気の中で原作の世界観すら感じられるものとなっていました。


これから、ちょっとした隠れた観光スポットくらいにはなるかなぁ・・・そんな感じの施設でした(^^)

 

***********************************************************
外部ブログ お暇な時にでも覗いてみてください(^^)
『まさの写真館』
   http://okinawaphotographer.blog90.fc2.com/
『九州八十八所巡拝』
   http://kyushu88junpai.blog20.fc2.com/
『まさの写真館交流掲示板』
   http://park12.wakwak.com/~phoenix/photobbs.htm
***********************************************************

スポンサーサイト



[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

無料の楽しみ

海洋博公園は勿論入園無料です。
ただ、水族館をはじめ、各施設ごとに入館料を取るところがありますが、
いるかのショーや「おきなわ郷土村」「おもろ植物園」「熱帯・亜熱帯都市緑化植物園」等々
無料で楽しむことはいくらでも出来ます。


 

20081216_103919_1.jpg

 

中でも私的なお気に入りは「海岸遊歩道」散策です。
天気がよければ、伊江島のタッチュー(城山)もクッキリ見えます。


 

20081216_103919_2.jpg

 

今回は「水の階段」周辺をスナップしてきました。


 

20081216_103919_3.jpg

 

他にも、「お花畑」「夕陽の広場」「水のプロムナード」「汐見台」など撮影スポットは山ほどあります。
一日歩いても飽き足らないくらいです。


 

20081216_103919_4.jpg


機会がありましたら、水の階段以外もレポートしますね(^^)v

 

朝から一日遊べちゃうのですが、公園内の食事スポットが少ないので、レストランやスナックスポットなどは、休日は長蛇の列・・・なんてこともしばしばです。
そこで私の場合は、お弁当持参です。
そしておき入りスポットで海を眺め、海風に吹かれながら昼食はどんな物でも美味しく感じられます(^^)v

 

お時間の許す方は、こんな「海洋博公園」の楽しみ方はいかがでしょうか・・・

 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

年間パスポート

先週末、カミさんが本年最後の沖縄ベース入りをしたので、
海洋博記念公園に出かけてきました。


 

20081215_172417_1.jpg

 

水族館の年間パスポートは、カミさんの水族館好きもあって、
もう更新し続けて5年になります(^^ゞ
年間に3〜4回は最低行くので、すっかり元は取っていますが、
最近、私的に好きな「熱帯ドリームセンター」の入館料も約半額になるので、
申し訳ないくらい元を取っています(^^)v


 

20081215_172417_2.jpg

 

実は最近、「ちゅら海水族館」に行く気が失せてきていました。
と言いますのも、いつも混雑していて、ゆっくり観覧が出来ないようになってきているような気がします。


 

20081215_172417_3.jpg

 

多くの観光客の方がおいでいただくことは、良い事なのですが、もう少しゆったり見られる工夫も欲しいなって思う今日この頃です。

まぁ、カミさんとの付き合いがメインですから、
適当に写真も撮って、カミさんが満足したら、お外への散歩に切り替えました(^^ゞ

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

書院・鎖之間(さすのま)庭園

沖縄定番の観光スポット「首里城」内に
書院とその庭園が復元されたというニュースを聞いてはいたのですが、
なかなか訪ねる機会が無く、
先日、カミさんが福岡から来たので、特にやることも無かったので行って見ることにしました。

復元されたばかりで、まだ使われている材木も新しくちょっと趣には欠けていましたが、
庭園は、リュウキュウマツとシュロが植栽されていて、青空を背景になかなかのものでした。


 

20081022_184004_1.jpg

 

この書院は、有料ゾーン内にあるので、ついでに正殿も久しぶりに巡ってみましたが、
ちょっと行かないうちに、観光客へのサービスなのか、正殿内部が撮影可になっていたのには驚きました。


 

20081022_184004_2.jpg

 

正殿から出た後は、「龍潭(りゅうたん)」の池周辺を散策しましたが、
かつてはこの辺りはデートコースだったようですが、最近の若者もこんなところでデートしているのでしょうか?
とにもかくにも私は、カミさんとデートして帰路につきました(--;


 

20081022_184004_3.jpg

 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

森の中の宝石

昨日の日記に書きました「ガンガラーの谷」のツアー中にガイドさんが
「余談ですが、ちょっと振り返って後ろの葉を見てください」
と、教えてくれるので、振り返ってみると
そこには、緑色の宝石でデコレイトしたような葉が・・・
「ナナホシキンカメムシ」です。


 

20081016_160719_1.jpg


集団を作って生息する習性があるようです。
本土では見られない種だと教えてくれました。
ただ、いくら綺麗だからといって、無闇に触ったりすると、やはりカメムシ、大変なことになるようですからご用心々々々。

 

ところで昨日の日記の「けんけん丸」さんのコメントで『珍々洞』という名前が出てきましたが、「イキガ洞」の通称です(^^ゞ
因みに、洞窟の中の鍾乳石は、こんな風な形状をしています。


 

20081016_160719_2.jpg


これ以上の解説は必要ないですよね(^^ゞ

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ