FC2ブログ

厄除け千躰大師(第百五番 金剛寺)

参拝日 2010.11.27 

『概略』

鎮西高野山 金剛寺 真言宗醍醐派

佐賀唐津市相知町長部田718(地図

御本尊 弘法大師坐像
ご宝号 南無大師遍照金剛

JR唐津線の岩屋駅から徒歩10分の周囲はのんびりとした田園地帯にあります。

山門をくぐり回りこむようにして進むと大きなソテツの木を前に抱えた本堂があります。

105-01.jpg

ご本尊は、獅子ヶ城に代々守り本尊として伝えられていた尊像で、別名を厄除け千躰大師と称します。
明治三十年三月、この地に大師堂を建立し安置したのが寺の始まりだそうです。
厄除け千躰大師の名の由来は、一切衆生の願いの数だけ、その尊いお姿を千にも万にも千々に分かち、 人々の災厄をしりぞけ、衆生を救わんとのお誓いによるものだそうです。

そんな篤い大師信仰が息づくお寺です。

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

105-02.jpg

ご詠歌

ありがたや 高野の山の 岩かげに
     大師はいまだ おわしますなる

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
スポンサーサイト



テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  佐賀  唐津市  第百五番  金剛寺  真言宗醍醐派  厄除け千躰大師 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

美肌の湯に程近く(第百三番 大定寺)

参拝日 2011.2.5

『概略』

姑射山 大定寺 真言宗大覚寺派

佐賀嬉野市嬉野町大字吉田丁4129(地図

御本尊 弘法大師尊像
ご宝号 南無大師遍照金剛

日本三大美肌の湯で有名な嬉野温泉の程近く、そして四百数十年の歴史を持つ肥前吉田焼の窯元が軒を連ねる地に大定寺があります。

苔むした石垣を割って登る石段の上に山門があります。
その山門に掲げられている扁額は、東郷ターンで有名な東郷平八郎直筆だそうです。

103-01.jpg

山門を潜ると正面に本堂、右手に庫裡、そして左手に十三仏永代供養塔やボケ封じの観音様など新旧様々な石仏が点在している境内です。

103-02.jpg

本堂にお祀りされているのは永代秘仏となっている弘法大師像。
この尊像は、大師自身が嬉野を守護するために自らの姿を刻んだと伝わっています。

103-03.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

103-04.jpg

ご詠歌

わけのぼる はなのうてなの のりのやま
     だいしのめぐみ うけて うれしき

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  第百三番  佐賀  嬉野市  嬉野温泉  姑射山  大定寺  真言宗大覚寺派 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

文化財の六地蔵尊石幢(第六十八番 無動院)

参拝日 2011.4.16

『概略』

阿遮山 無動院 真言宗大覚寺派

佐賀県武雄市山内町大野黒髪9122(地図

御本尊 不動明王立像
ご真言 のうまく さんまんだ ばだらだん せんだ まかろしやだ そわたや うんたらた かんまん

室町時代に成僧法師により創建され黒髪山修験道とともに繁栄してきましたが、法師が没することで一時廃寺となりました。
その後150年余り時が経ち黒髪山大智院の十一世覚尊が復興し、弟子の空遍をもって中興一世とし、以降大智院の隠居寺となっていました。

山内町の文化財となっている六地蔵尊石幢の脇から石段を上ると不動尊などの石仏が並ぶ境内に入り、入母屋造の妻入で、わずかに反りがあるある向拝のついている本堂が建っています。

68-01.jpg

ご本尊は不動明王立像をお祀りし、眼病平癒に霊験あらたかであるという事から「黒髪眼不動尊」として篤く信仰されています。
またこのご本尊は九州三十六不動尊霊場の第二十六番札所のご本尊にもなっていて不動尊信仰の参拝者の方々も多く訪れます。

68-02.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

68-03.jpg

ご詠歌

魔を降し 慈悲の羂索 垂れたもう
         阿遮明王のいます無動院

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  佐賀  山内町  第六十八番  無動院  真言宗大覚寺派  石幢六地蔵尊  黒髪眼不動尊 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

宝満山の大師像(第七十番 宝光院)

参拝日 2011.4.16

『概略』

龍門山 宝光院 真言宗大覚寺派

佐賀県西松浦郡有田町広瀬甲354(地図

御本尊 十一面観音立像
ご真言 おん まか きゃろにきゃ そわか

宝光院は縁起によれば、江戸時代初期当地に流行り病が蔓延し、またたびたび天災にも見舞われ悩まされていました。

その時鍋島藩主の祈祷僧だった智乗和尚が十一面観音に祈願するとたちまちに平穏になりました。和尚は黒髪山を下りこの地に建立したのが宝光院を建立したのが始まりと伝わります。

境内に入ると楠の下に立つ修行大師様が迎えてくれます。

右手に入母屋造で妻入の本堂と棟続きの大師堂があります。

70-01.jpg

左手本堂に向かい合うように水子堂、正面奥には九州三十三観音霊場第二十七番札所並びにぼけ封じ三十三観音第三十一番札所の霊場本尊である青銅の観音像が立っています。

70-02.jpg

70-03.jpg

さて入母屋造平入の大師堂に安置されている大師像は昭和49年に宝満山の大日寺に安置されていたものが故あって安置場所を探していたそうです。
宝満山は大宰府の東にあって九州を代表する修験道の山で伝教大師最澄や弘法大師空海たちも登拝した霊場です。
その弘法大師像もおそらく明治の廃仏毀釈や修験道禁止令で混乱する中流出したものと思われますが、宝光院にお迎えして昭和51年から安置されたそうです。

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

70-04.jpg

ご詠歌

ありがたや 黒髪山の花開き
     あじさい寺の 宝光院

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  佐賀  有田町  第七十番  宝光院  真言宗大覚寺派  十一面観音  九州三十三観音霊場 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

キリシタン観音のおわす寺(第六十七番 東光寺)

参拝日 2011.4.16

『概略』

三間山 東光寺 真言宗大覚寺派

佐賀県武雄市山内町大字三間坂甲14866(地図

御本尊 薬師如来坐像
ご真言 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

唐から帰朝した弘法大師が大路十九番札所となっている西光密寺を創建したした時に、その末寺として建立したのがこの東光寺だと伝えられています。

そして鎌倉時代には黒髪三所権現と称して修験の道場となり武雄領主の祈願所として栄えました。その後、火災により焼失するも天文16年(1547年)阿忍僧都が再興し中興開基としています。

入母屋造に向拝をつけた本堂内陣に阿忍僧都が安置したしたご本尊の薬師如来、脇侍に阿弥陀如来と聖観音の他、不動尊、愛染明王などの尊像が祀られています。

67-01.jpg

その薬師如来様は九州四十九院薬師霊場の霊場ご本尊ともなっています。

67-02.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

67-03.jpg

ご詠歌

旭日射す 瑠璃の光に 照らされて
    祈りささげん 今日のうれしさ

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  佐賀  山内町  第六十七番  東光寺  真言宗大覚寺派  薬師如来  キリシタン観音 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ