FC2ブログ

国際色豊な不思議なお寺(第九十七番 国見山 大国寺)

参拝日 2014.2.9

『概略』

国見山 大国寺 高野山真言宗

鹿児島枕崎市瀬戸町571(地図

御本尊 胎蔵大日如来坐像
ご真言 おん あびらうんけん ばざら だとばん

国見岳の南の中腹に手作り感満載の仏像が境内中に点在する不思議なお寺があります。
住職の川上英明師が枕崎台風から守ろうと昭和42年に発願し、百日間の願をかけ禅定ののちこの地に建立したのが寺の始まりだそうです。

舗装された山道を登り修行大師がお迎えくださる駐車場より本堂へと続く石段の左には寺の縁起にもなっている大日観音菩薩様が・・・
そして右手には布袋尊、弁財天、白龍観音などが独特の雰囲気で立っています。

97-01.jpg

そして山門も龍が巻きつき、上に涅槃像が横たわるといった具合です。
すべてご住職が感得したままのお姿だそうです。

97-02.jpg

石段を上り詰めたところに本堂があり、基本的には木造、切妻造のトタン屋根の建物ですが増改築が繰り返され何とも言えない形の建物となっています。

内陣には天空をイメージした青い岩盤を背に、ご本尊の胎蔵大日如来坐像、左右に弘法大師と不動尊が安置されています。

現在では布教の場を海外にまで求め、平成8年イギリスのバースに別院を建立し、この地も外国人の修行僧の姿も見られる国際色豊なお寺でした。

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

97-03.jpg

ご詠歌

いにしえの とおくはるかに おもえども
        わがだいぶつ ここにありなん

*******************************************************
スポンサーサイト



テーマ: 寺社巡り - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  鹿児島  枕崎  国見岳  台風  大国寺  高野山真言宗  胎蔵大日如来坐像 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

廃仏毀釈を乗り越えて(第四十九番 剣山寺)

参拝日 2014.2.9

『概略』

大師山 剣山寺 高野山真言宗

鹿児島日置市日吉町日置1239-6(地図

御本尊 不動明王立像
ご真言 のうまく さんまんだ ばだらだん せんだ まかろしやだ そわたや うんたらた かんまん

「さつま小鶴」「赤猿」などの銘柄の芋焼酎で名の知れた小正醸造のすぐ北に剣山寺はあります。
また近くには日本三大砂丘のひとつに数えられる「吹上浜」の雄大な景観を楽しむことも出来ます。

49-01.jpg

道標に導かれて境内に入ると左手にプレハブ造の本堂があります。
以前は傾斜の緩やかな切妻造の横に長い民家風のお堂であったそうだが、火事で焼失し再建途上だそうです。
堂内にはご本尊の不動明王のほか弘法大師などの諸尊が安置されています。

本堂の裏手にはぼけ封じ観音堂、開山堂、奥の院大師堂などの三つの小堂が建立されています。

49-03.jpg

剣山寺は大正時代に創建された新しいお寺で、当初は鹿児島市加治屋町に大師院として布教していたのが始まりで、太平洋戦争で空襲に遭い焼失してしまい別院であった日置にて移転してきたそうです。

49-02.jpg

本堂裏手の境内には廃仏毀釈により仏教の弾圧がことのほか徹底された鹿児島にあって江戸時代当初の年号が刻まれた石塔なども残っているのは、かつてこの地には中原坊という桂山寺の子院があり、その遺産であろうと考えられています。

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

49-04.jpg

ご詠歌

大慈悲を 求め尋ねて 剣山寺
     大師の教え 遍照金剛

*******************************************************

テーマ: 寺社巡り - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  鹿児島  日置  吹上浜  小正醸造  剣山寺  高野山真言宗  不動明王立像 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

開聞岳に抱かれて(第四十七番 光明寺)

参拝日 2014.2.9

『概略』

指宿高野山 光明寺 高野山真言宗

鹿児島県指宿市西方5159(地図

御本尊 地蔵菩薩坐像
ご真言 おん かかかび さんまえ そわか

またまただいぶサボってしまっていますが、秋風の吹く前には遍路旅のご報告を終えておきたいと思います。

さて今回ご紹介する札所は別府に次ぐ九州第二の温泉郷である指宿(いぶすき)温泉にも程近く、高原のような田園風景が広がる地にある光明寺です。

境内は前面に駐車スペースがゆったりとってあり、自販機も設置してある屋根付きの休憩スペースもあり、地域に開かれたくつろいだ雰囲気のあるお寺です。

47-01.jpg

正面には宝形造の本堂があり、私の参拝した日には法要が営まれていて、本堂に上がることは出来ませんでしたが、堂内にはご本尊の地蔵菩薩のほか、大日如来、不動明王、弘法大師などの尊像が安置されている他、金剛界胎蔵界曼荼羅も奉安されているそうです。

47-02.jpg

また境内には修行大師の像とともに六地蔵も祀られている他、猫の塚などもありました。

47-03.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

47-04.jpg

ご詠歌

ありがたや 地蔵菩薩の 慈悲の海
       常世を照らす 法の光明

*******************************************************

テーマ: 寺社巡り - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  鹿児島  指宿  光明寺  高野山真言宗  地蔵菩薩坐像  開聞岳  池田湖 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

霊験あらたかな不動尊(第四十五番 大歓寺)

参拝日 2014.2.8

『概略』

金竜山 大歓寺 真言宗御室派

鹿児島県鹿児島市草牟田1-15-39(地図

御本尊 不動明王立像(一願不動)
ご真言 のうまく さんまんだ ばだらだん せんだ まかろしやだ そわたや うんたらた かんまん

大歓寺は鹿児島市内でも民家が立ち並んだ住宅街の一角にあり、大きな聖観音の石仏が出迎えてくれます。

野崎俊賢住職が昭和45年に創建された比較的新しいお寺で、当初は民家風のささやかな建物だったそうですが、信者の増加とともに新しく切妻造妻入の二階建の本堂を平成9年に建立されました。

45-02.jpg

1階部分は信者の便宜を図るためか駐車場になっていて、二階が本堂になっています。

その本堂にはご本尊の不動明王の他、吉祥天立像、大日如来坐像、十一面観音立像など300年以上前の作といわれる古仏や中国四大霊場の一つ普陀山から勧請した大きな千手観音坐像二体などが安置されています。

ご本尊の不動明王は「一つの願いを一心に願えば必ず成就する」といわれる一願不動尊です。剣に龍が巻きついている倶梨伽羅剣を右手にお持ちになっている珍しい尊増です。

この日の巡拝がここ大歓寺で終了という話を参拝後にご住職に何気なく話すと
「ならば近くに仙巌園という島津家の別邸があるので拠って行かれるといいですよ」と気さくにご案内いただいたので、立ち寄ることにしました。

45-03.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

45-01.jpg

ご詠歌

手を合わす 心の法の舟浮かべ
     一願不動 導きたもう

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  鹿児島市  大歓寺  真言宗御室派  不動明王立像 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

不動尊の霊夢に導かれ(第四十四番 不動寺)

参拝日 2014.2.8

『概略』

大乗山 不動寺 高野山真言宗

鹿児島県鹿児島市稲荷町36-57(地図

御本尊 不動明王立像
ご真言 のうまく さんまんだ ばだらだん せんだ まかろしやだ そわたや うんたらた かんまん

ここ不動寺のある地には、かつて大乗院という寺院があったそうです。
大乗院は伊集院町の荘厳寺が室町時代に移されたもので、周辺の真言宗寺院を統括し、この地方では最大の勢力を誇っていました。
しかし明治の廃仏毀釈により跡形もなく廃絶していまいました。

時は経ち、大隅半島の西大寺の鮫島弘明住職が薩摩に祈祷道場を求めて行脚していた時に不動明王の霊夢に導かれ伊集院町の荘厳寺跡を訪れていました。
その後何度か訪ねたのですがその荘厳寺がどこに移転したのかも判らないまま時が過ぎていってしまいました。

そして昭和35年いよいよ鹿児島の市内に道場を創建しようとしていた時またも霊示によってここ稲荷町に導かれてそうです。
すると茂みの中に放置されていた石仏を見つけここが荘厳寺を移転して大乗院となった場所だということが判明したのでした。

弘明和尚によってこうして日護摩祈祷所、加持祈祷道場として不動明王院が建立されたのが不動寺の始まりだそうです。

本堂手前にまったく民家の造りの庫裡があり、永い間その二階を本堂として日護摩が厳修されていましたが、平成8年に本堂が落慶し寺院としての面目を一新しました。



その本堂は入母屋造で妻入、若干の向拝がついています。
内陣にはご本尊の不動明王をはじめ弘法大師などが安置されています。

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

ご詠歌

罪とがを 慈悲の智火にて 焼き尽くす
       不動の寺ぞ ありがたきかな

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  鹿児島市  不動寺  高野山真言宗  不動明王立像 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ