FC2ブログ

鴻雁北 | こうがんかえる | 花まつり | 灌仏会 | 釈迦 | 甘茶 | 七十二候 | 歳時記








告知

本日「鴻雁北こうがんかえる)」をアップしました

雁

当ブログは4月1日以降、新ブログに移行いたしましたので、5秒後に自動的に新ブログへ遷移いたします。
遷移しない場合はこちらよりお越しください。
またブックマークの変更等していただくと嬉しいです。
旧記事の部分は引き続き当面の間残しておきます。
ご迷惑お手数をお掛け致しますことを重ねてお詫び申し上げます。
スポンサーサイト



テーマ: 九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - ジャンル: 地域情報

タグ: 鴻雁北  こうがんかえる  花まつり  灌仏会  釈迦  甘茶  七十二候  歳時記 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

清明 | せいめい | 玄鳥至 | つばめきたる | うりずん | 清明祭 | シーミー | 沖縄 | 二十四節気 | 七十二候 | 歳時記

記事提供:おふぃす・ふぇにっくす

告知

当ブログは4月1日以降、新ブログに移行いたしましたのでブックマークの変更等していただくと嬉しいです。
現在は新ブログの方をスタートしておりますので宜しくお願い致します。
なお旧記事の部分は引き続き当面の間残しておきます。
ご迷惑お手数をお掛け致しますことを重ねてお詫び申し上げます。






新型コロナウィルス感染の収束の見通しも立たない中でも暦は二十四節気清明せいめい)」そして七十二候は「玄鳥至つばめきたる)」と移ってきます。
沖縄では「うりずん」のとても過ごしやすい季節の真っただ中となり旧正月、旧盆と並ぶ三大行事の清明祭シーミー)の墓参があちらこちらで開かれる頃です。

清明とは

でいご

万物が清らかで生き生きとした様子を表す「清浄明潔(しょうじょうめいけつ)」「という言葉からきています。
二十四節気七十二候の日本での基となっている「暦便覧」では「万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれる也」とあります。

この清明春分の日から数えて15日目を言いますが2020年は4月4日がその日に当たります。

暦のふるさと中国ではこの日を「清明節」として祝日になっていて、その日には日本のお盆のように墓参をしお墓のお掃除などをします。
それにより清明節は別名「掃墓節(そうぼせつ)」とも呼ばれています。
また新芽で彩られた緑を愛でるため散策に出かけたりするのに最適なこともあって「踏青節(とうせいせつ)」の別名もあります。

 清明に関わる言葉

春爛漫を謳歌するこの時季にふさわしい美しい言葉があります。
1. 清明風
この時季、風邪は北西から南西に変ります。
その穏やかでそれこそ春を心にも体にも感じさせてくれる温かみを帯びた風。
2. 発火雨(はっかう)
柔らかく静かに降る雨のことを言います。
別名「桃花(とうか)の雨」や「杏花雨(きょうかう)」と呼ばれることもあります。
一面に咲き誇る桃の花に降る雨が、遠くから見るとまるで火を放っているように見えることからそう言われています。

玄鳥至つばめきたる

七十二候も清明の初候「玄鳥至つばめきたる)」に変ります。
越冬のため南方の東南アジアの方に移動していたツバメが戻ってきて巣作り子育てを始める頃です。
「玄鳥(げんちょう)」の「玄」には黒いという意味があり燕の異名です。他にも「ツバクロ」などたくさんの異名を持っている鳥です。
さらに中国ではオスとメスが力を合わせて子育てをすることから夫婦円満の象徴として「愛情鳥」とも呼ばれています。

つばめの親子

またツバメは主に昆虫を食べ、穀物はあまり食べないので農家には歓迎される益鳥です。

この「玄鳥至」は「白露」の末候の「玄鳥去」と対をなす七十二候です。

うりずん

四季が無いと言われる沖縄でも微妙な季節感を表す言葉はちゃんと存在しています。
南国沖縄と言えども冬は北西の季節風が強く吹き体感的には観測される気温より寒さを感じます。
その北西の季節風が収まり風向きも南東に変る旧暦の2月、3月、もう少し詳しく言うと春分から立夏(梅雨入り)までの気候を沖縄では「うりずん」と呼んでいます。

イッペイ

寒さは遠ざかり、かといって暑くもなくとても過ごしやすい時季です。
うりずんが終わるころには沖縄は日本で一番早く梅雨入りを迎えることになります。

清明祭

沖縄ではこのうりずんの気候にも手伝われ、旧正月、旧盆と並んで沖縄の三大伝統行事と言われる「清明祭シーミー)」あちらこちらのお墓で見受けられます。
2020年は4月4日から18日が二十四節気の清明の期間ですので、概ねこの間に行われることが多いようです。
本土と違って沖縄の昔ながらのお墓は「亀甲墓」といってお墓の前に親戚一同が墓前に集まれるように広いスペースが設けられています。
そこに門中、親戚一同が集まりご先祖さまや親戚一同のお互いに近況を報告しながら墓前にお供えしたご馳走やお酒を飲みながら宴会を行います。

沖縄 重箱料理

 由来

現在の那覇市久米に14世紀の後半に中国の洪武帝により下賜された多くの中国人の学者や航海士などの職能集団が移民してきました。
その移民の子孫たちが故郷の風習に従って清明祭を行ったのが始まりと言われています。

その後18世紀に入り当時の首里王府が久米村の作法にならって毎年清明祭を行ったことに由来しています。

玉陵

その習慣が庶民にも引き継がれ現代でも脈々と残っています。

 新型コロナウィルスと清明祭

世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルスはこの清明祭にも少なからず影を落としています。
沖縄の清明祭は所謂3密の内、二つに該当してしまいます。
ただ清明祭は屋外行事であるため県からはそれほど神経質になる必要はないとの見解が示され自粛要請などは出ていません。
多くの人が集まる集会で親戚一同が近況を報告したり宴席を楽しんだりと密集・密接の要件が当てはまってしまうので、感染拡大防止の観点から集まった人の感覚を広くとったり、重箱のご馳走をとる際にも共用のトングなどを使わないなど注意喚起は行われています。

浦添ようどれ

しかしながら首里の王族である第二尚氏の清明祭として復活した玉陵や浦添ようどれで行われる清明祭は延期となってしまいました。
今年は身内のみにての催行となるようです。

結詞

新型コロナウィルス感染拡大で何かと憂鬱な世情ではありますが、雨上がりの輝きを増し鮮やかな新芽の緑を眺めながら上手に気分転換を図りながら国難ともいえるこの時期をしっかりと乗り越えていきたいものです。

テーマ: 九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - ジャンル: 地域情報

タグ: 清明  せいめい  玄鳥至  つばめきたる  うりずん  清明祭  シーミー  沖縄  二十四節気  七十二候 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

雷乃発声 | かみなりすなわちこえをはっす | 七十二候 | 歳時記


記事提供:おふぃす・ふぇにっくす

告知

当ブログは4月1日以降、新ブログに移行いたしますのでブックマークの変更等していただくと嬉しいです。
現在も新ブログの方もスタートしておりますので宜しくお願い致します。
なお旧記事の部分は引き続き当面の間残しておきます。
ご迷惑お手数をお掛け致しますことを重ねてお詫び申し上げます。

雷

30日より暦は春分の末候「雷乃発声かみなりすなわちこえをはっす)」になります。春の訪れを告げる春雷が鳴り始める頃となります。

雷乃発声かみなりすなわちこえをはっす

七十二候は春分の末候「雷乃発声かみなりすなわちこえをはっす)」となります。
気温も徐々に上がり、農家にとって農事を始める号砲ともいえる雷が鳴り始める頃です。
この雷乃発声は秋分の初候「雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)」と対をなす七十二候です。

春雷

春雷

雷乃発声でいう雷と雷乃収声でいう雷とでは同じ雷でも発生の仕方少し違うようですが、立春以降に最初に鳴る雷を「初雷」といいその後春に鳴る雷を「春雷」と呼んでいます。
雷最盛期の雷は断続的に鳴り続けることが多いのですが、春雷は遠くから聞こえてくるような雷で、しかも一回から二回くらい鳴って止んでしまいます。

二十四節気や七十二候などの暦は農事と密接に連動していて、この春雷も稲作などの農事の開始を知らせる号砲ともなっています。

 

さて雷は、自然界で起こる雲と雲の間または雲と地上との間で起こる放電現象ですが、その雷の中にもその発生の仕方により7種類の雷があります。
その中で春に多く発生する雷は「界雷」と呼ぶ雷が多いようです。
この界雷は日本海の低気圧から伸びる寒冷前線に伴う積乱雲により発生する雷です。
大気が不安定なこともあり荒天を伴い、ヒョウや雪を降らせたり激しい雨や突風などを伴うこともあります。

一方夏の雷は熱雷といって地表の気温上昇に伴い猛烈な上昇気流によって形成する積乱雲でおこる雷です。

春雷は空気や地面がまだ乾燥している農作業の開始時期において雨の場合は恵みの雨となりますが、同時に作物の若葉や新芽に被害をもたらすヒョウなどを伴うこともあり農家にとっては要警戒の雷ともなります。

 雷が接近してきたら気を付けること

今年は新コロナウィルスの感染拡大防止の観点から不要不急の外出の自粛などが呼びかけられ閑散としそうですが、例年ですと春の行楽シーズン、花見をはじめあちらこちらにお出かけになることも多いかと思います。
その発雷メカニズムは違っていても雷であることには変わりはありません。

雷雲

落雷による被害にあわれないためには以下のことを守りご自身の安全を確保してください。

1.避雷針のある鉄筋コンクリートの建物に避難する
2.自動車・バス・列車などの乗り物に避難する
3.自転車やバイクなどからは2メートル以上離れる
4.適当な避難場所が見当たらない場合は、窪地があれば窪地で、そして身を低くして膝を抱えるように体を小さく曲げる。その際は膝を閉じてそれを抱え込むように体を曲げてジッとしている
5.傘・ステッキ・ストック・釣り竿などは立てずに体から離しておく
6.雨宿りを兼ねたりして低い気には絶対近づかない
7.歩き回らない

良かれと思っていたNG

1.高い建物のすぐそば
2.身に着けている金属製アクセサリーなどを外しても効果は限定的なので外す必要はない
3.ゴム長靴やレインコートの絶縁効果はほとんど期待できない

結論からいうと雷が近づいてきたら速やかに安全な場所に避難することが大切です。逃げ遅れたら雷の間隔は約1分程度と言われるのでその合間を使って退避するようにしましょう。

 雷に関する蘊蓄(うんちく)

1.音が鳴らなければ雷じゃない?

皆さんはゴロゴロなる雷もピカッと光るだけの雷も同じく雷と言われると思いますが、気象庁の定義では「雷は雷電(雷鳴と電光)がある状態を指し、電光のみは含まない」とされています。

2.雷の別名「イカヅチ」とは

イカヅチの「イカ」は厳(いか)めしい、そして「ツチ」は精霊または神様という意味です。
昔は雷は神様の仕業あるいは神様そのものと考えられていました。ちなみに雷は「神鳴り」にも通じています。

3.雨の下に田

雷という字は雨冠に田と書きますが、また稲妻などという言葉もありますが、田んぼや稲と切っても切れない関係です。農事にかかわる神様の仕業と捉えるのは不思議ではありません。その神様とは「山の神」と「田の神」です。
秋には神様は山に帰り「山の神」となり、春まさしく春雷の鳴る頃に山を下りてきて「田の神」となる伝承は全国各地にあります。
その神様が田の上を雲として覆い、恵の雨を降らせる様を表しています。

4.クワバラ、クワバラ

桑畑

皆さんはおじいさんやおばあさんが雷が鳴り出すと「クワバラ、クワバラ」と呪文を唱え、雷が落ちないように祈ったのを聞いたことはありませんか。
諸説ありますが、これは「桑の原」ではなくあの学問の神様の菅原道真公が無実の罪をきせられ左遷され、その地で無念の死を遂げた恨みを晴らすため雷神となり宮中に激しく雷を落とした時、道真公の土地であった「桑原」にだけ雷が落ちなかったという伝承から、「ここは桑原ですから雷を落とさないでください」願いを込めて唱えるようになったということです。

ちなみに沖縄では「クヮーギヌシチャ、クヮーギヌシチャ」(桑の木の下、桑の木の下)と唱えるそうです。これも桑は同じですが道真公の「桑」ではなく、中国からの由来のようです。
中国では桑の木は神聖なものとしてその霊力は雷神すら恐れさせ、桑の木には近づかなかったそうです。ですから私は桑の木の下にいますと唱え落雷が無いように祈ったというわけです。
ただ現代では雷の時は絶対に桑の木の下などに退避されませんように!かえって危険です!!

5.エクレアは雷様?

エクレア

あの有名なお菓子の「エクレア(エクレール)はフランス語で「雷・稲妻」という意味だったことをご存じでしょうか。
その名がついた由来は形状や素早く食べろ!など諸説ありますが、雷が鳴ったらエクレアを食べて雷を封じ込めるというのはいかがでしょうか(笑)

結詞

コロナ

今日は雷の話に終始しましたが、遠く聴こえてくる春雷の雷鳴を聴きながら、一日も早く雷様が新型コロナウィルスを感染拡大を収束させてくれるの祈りたいと思っているのは私だけでしょうか。

テーマ: 九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - ジャンル: 地域情報

タグ: 雷乃発声  かみなりすなわちこえをはっす  七十二候  歳時記 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

桜始開 | さくらはじめてひらく | 桜の種類 | 沖縄 | 浜下り | 彼岸明け | 七十二候 | 歳時記



告知

当ブログは4月1日以降、新ブログに移行いたしますのでブックマークの変更等していただくと嬉しいです。
現在も新ブログの方もスタートしておりますので宜しくお願い致します。
なお旧記事の部分は引き続き当面の間残しておきます。
ご迷惑お手数をお掛け致しますことを重ねてお詫び申し上げます。

4月21日、開花予想通りに福岡で桜の開花宣言がありました。
七十二候も春分の次候「桜始開さくらはじめてひらく」に移ります。
いよいよ春爛漫の時季になります。

桜の開花宣言

桜始開さくらはじめてひらく

七十二候は春分の次候「桜始開さくらはじめてひらく)」となります。
読んで字のごとく「桜の花が咲き始めるころ」という意味です。
日中の気温も徐々に上がり、今年は東京では14日に開花宣言が発表され、福岡でも21日に「桜の開花宣言」がされました。
月末にはその桜も満開となり正に春爛漫と言える季節になります。

今年は新型コロナウィルスの感染拡大防止の観点からイベントや花見の宴会の自粛が呼びかけられ、例年に比べちょっと淋しさも感じられますが、桜の花を愛でる散策までは制限されていないようですので、咲き誇る桜を見ながら気分の転換をはかりたいものです。

 日本の国花は?桜それとも菊?

日本の国の花は桜だろうか菊だろうか迷うところですが、正式には決められていません
それでも菊や桜は日本を表し、特に桜は日本を代表する花であることには間違いありません。
花=桜」っと言っていいほどこの桜の咲くのに合わせて「花吹雪」、「花筏(はないかだ)」、「花明かり」など桜と言わず「花」という言葉に置き換えられています。

「花冷え」
桜の咲く頃に、急に寒が戻り、一時的に冷え込むことを言います。
しかしながらこの「花冷え」、山間地では雪と桜の二つの季節のコラボレーションが見られ写真好きにはたまらない光景を繰り広げてくれることもあります。

「花曇り」
桜の咲く頃の曇り空を指して言います。
花見の時の曇り空はちょっとガッカリですが、この時期、暖気が入りやすくおまけに移動性高気圧とその狭間に低気圧が通過しさらに日本の南岸に前線が発生することからどんよりした雲ではなく薄くグレーのベールに覆われたような空模様になることは比較的多いのです。
雲一つなく晴れ渡った青空の下淡いピンクの桜も魅力的ではありますが、白とも言えず灰色とも言えないような空の下での桜も日本人好みの風情を感じさせてくれます。

「花明かり」
満開の桜の花びらが、夜桜見物の時など天空の月や星など光を反射して薄っすらと辺りを明るく照らしているように感じられます。この状況を「花明かり」といいますが、淡いもの仄かなものに「美」を感じる日本人ならでは感性を感じることが出来ます。

「花筏(はないかだ)」「花の浮橋」

花吹雪

桜が満開の時季を過ぎ、はらはらとその色と様から雪にたとえ「花吹雪」という言葉もありますが、その散った桜の花びらが川や湖面を埋め尽くしその上に乗っても沈まずに流れていく筏のように感じられてしまうような情景を表します。また川の淀みやお堀の水面などに橋を架けたように浮かび積もる様子を「花の浮橋」とも呼ばれています。

花筏

これらの言葉にはやはり日本人の桜好きと昔からの日本人独特の感性をあらためて認識させられます。

 日本の代表的桜

染井吉野
桜の代名詞と言っても過言ではないくらいの桜ですが、この染井吉野は後述する江戸彼岸桜と大島桜の交配種です。江戸末期に現在の豊島区にあたる「染井村」の植木屋さんが交配させて作ったとされる説が有力となっています。
この桜は自力で繁殖することが出来ないため接ぎ木や挿し木でしか増やすことが出来ません。
しかし10年ほどで立派な木になるため全国的に広まりました。
また共通の遺伝子をもつ木であるため同じ気象条件下で同時一斉に咲くことからもお花見や学校などにも盛んに植えられました。

山桜

山桜

関東から以南で分布している桜で古くから分布している桜です。花と葉が同時に出て白に近い薄ピンク色の花を咲かせます。
花見と言えば奈良県の吉野山での「吉野の花見」有名ですが、古くから山に自生しているので、昔の花見と言えばその山桜を愛でることでした。

大山桜
一方関東以北の山間地に分布しているのこの「大山桜」です。
この種も花と葉が同時に出ますが、山桜に比べてその名の通り花はやや大きめで、紅色が濃いのが特徴です。

大島桜
その名のごとく伊豆七島、伊豆半島に分布します。この桜も花と葉が同時に開き、花は大きく香りも良いのが特徴です。
強く成長も早いので、染井吉野などの母種になっています。
さらには前回の記事で書きました桜餅を包む葉は、大島桜の葉を塩漬けにしたものが多いようです。

江戸彼岸桜
とても丈夫で長寿な品種ですので日本の三大桜(山梨県の山高神代桜・岐阜県の根尾谷淡墨桜・福島県の三春滝桜)と呼ばれる桜はすべてこの江戸彼岸桜の仲間です。
この桜は花が散った後に葉が出るため咲き誇るさまは正に桜花一色といった光景です。

緋寒桜・寒緋桜

寒緋桜 緋寒桜

台湾、中国南部原産の桜です。
日本では沖縄の各地に野生化して分布しています。
沖縄では本土がまだ真冬の頃に「日本一早い花見」のキャッチフレーズで桜祭りが開催されます。
濃いピンク色をした花が、釣鐘のように下向きに垂れ下がって咲き、はらはらと散ることはなく、花びらがついたまままるで椿のようにポトリと花を落とします。
彼岸桜(ヒガンザクラ)と間違えやすいため、沖縄では寒緋桜(カンヒザクラ)とも呼んでいます。
またこの緋寒桜と大島桜の自然交配種があの「河津桜」です。

浜下り(はまうり・はまうい)

その緋寒桜の沖縄では旧暦の3月3日の年中行事として「浜下り」というものがあります。
浜下りというと「潮干狩り」を連想する方もおられると思いますが、また本土の3月3日の上巳(桃)の節句とも異なり、「女の節句」ではありながら女の子の健やかな成長と健康を願い、その祈りをささげるために浜へ下りるというところが沖縄や奄美の特徴です。

この日は大潮にあたり干潮時も大きく潮が引きます。
そして重箱料理やお菓子などを持って浜で浜遊びをしにいくのです。
ただその時に娘さんの額に三度海水をつけ、「娘が健康にいられますように。悪いことから守ってください」と祈り、最後に娘さんに白砂を踏ませます。

浜下り

沖縄でも白砂は聖なるものとして屋敷内を清めたりするのに使われてきましたがその清浄なもので娘さんたちを清めます。

砂と言えば、以前の記事にも書きましたが博多の筥崎宮の「社日祭の御潮井とり」もありましたね。
砂が聖なるものというところは全国共通なようです。

ただ沖縄ではこんな伝承もあります。

昔、とある女性が見目麗しい男性に出会い、恋に落ちました。
そして男性と結ばれた女性は、男性の子を身ごりました。
しかしその男性はなんと蛇が人間の姿に化けていたのです。
その蛇の子どもを妊娠した女性はお爺さんに相談をしましたところ、「3月3日に浜に下りて身を清めるといい」と言われたので、女性は言われた通りに浜下りをして身を清めると、蛇の子どもを流産したのだそうです。

この言い伝えが浜下りの元となっているようです。

結詞

どんどん本格的な春が訪れてきますが、今日は「彼岸の明け」
皆さんは身を正しながらの生活を送られたでしょうか。
修行・修養などと大げさになるかもしれませんが、年に二度くらいは我が身を振り返り反省したりすることも大切かもしれませんね

テーマ: 九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - ジャンル: 地域情報

タグ: 桜始開  さくらはじめてひらく  桜の種類  沖縄  浜下り  彼岸明け  七十二候  歳時記 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

春分 | 春分の日 | 雀始巣 | すずめはじめてすくう | 桜餅 | 長命寺 | 道明寺 | 二十四節気 | 七十二候 | 歳時記


記事提供:おふぃす・ふぇにっくす

春分の日

暦の中にも「春」の文字が入ってきました。
二十四節気は「春分」となり、七十二候は「雀始巣すずめはじめてすくう)」となりました。何かと世情は騒がしいですが、春は万民に等しくやってきます。

春分春分の日とは

暦は二十四節気の四番目「春分」となりました。太陽が真東から昇り、真西に沈む「春分日」はほぼ昼夜の長さが等しくなり(厳密には日本では少し昼の方が長いのですが)この日を境に昼の時間が徐々に長くなっていきます。

その春分日は天において太陽が星々の間を通る道筋と地球の赤道を天まで広げた天の赤道が交わる天が二つありますが、その一つを通過する日を「春分日」として国立天文台が発表します。
その日を「春分の日」とし、「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」として祝日とすることが法律で決められているのです。

墓参り

さらにはこの日は彼岸の真ん中の日「彼岸の中日」でもあり3月18日の記事に書きましたように春めいてきた陽気も相俟ってお墓参りに出かける方も多いかと思います。

雀始巣すずめはじめてすくう

七十二候も第10候、春分の初候「雀始巣すずめはじめてすくう)」となり、雀が繁殖、子育てのため巣を作り始めるころです。

「雀の子」「雀の巣」は春の季語ともなっていて、野鳥の中でも雀は最も身近にいるポピュラーな存在ではないでしょうか。
その雀、東京ドームなどのように他の鳥の大きさを表現する際の基準となる鳥で別名「ものさし鳥」とも言われています。

すずめ

体長14、5センチで小さいながらふっくらとした体形からどこか愛らしく感じる雀ですが春には稲の苗の害虫を食べてくれる益鳥ですが、秋には実った稲をついばんでしまうので害鳥とされるケースもありますが、今では稲の害虫もその時期にも食べてくれるので益の面が大きいとされています。

ただ春先には桜の花散らしに一役買ってしまう面もあります。
というのも雀の食性は雑食性で、そのためメジロなどとちがってくちばしが長くなく花の中心部にくちばしを入れて蜜を食べることができないので花びらを散らして根元を露出させて蜜を食べるからなのです。

その雀の繁殖期は春から夏にかけてと言われています。その子育てのための住処をせっせと作り始めるのが「雀始巣」の頃なのです。

桜餅

前回に引き続き今回も和菓子の話をひとつ。
この時期に思い浮かべる和菓子の一つに「桜餅」がありますが、東西で違うのをご存じでしょうか。
それぞれその発祥の地にあるお寺やゆかりのあるお寺の名前を使い関東では「長命寺」関西では「道明寺と呼ぶこともあります。

 長明寺

桜餅 長命寺

現在は墨田区向島にある長命寺の門番であった隅田川の桜並木の落ち葉に苦労していた山本新六という人がその桜の葉を塩漬けにして餅に巻くことを思いつき、そのお菓子を寺の参拝者に振舞っていましたが、そのお菓子が江戸市中で爆発的にヒットしたことが関東風「桜餅」の始まりだと言われています。

現代では小麦粉の生地をクレープ状に焼いて
滑らかな餡を包み、さらに桜の葉の塩漬けで巻き込んだ形です。

 道明寺

桜餅 道明寺

関西ではその長命寺の江戸でのヒットにあやかり、現存はしていませんが、大阪府の北堀江というところにあった「土佐屋」が発祥と言われています。
名前の由来は、藤井寺市にある道明寺で今もなお作られている「道明寺」というもち米を水に浸して干飯にしたものを用いたことです。

道明寺粉

その道明寺粉は実は九州にも所縁があり、最初に作ったのがあの学問の神様の菅原道真公の伯母にあたる「覚寿尼」と伝わっています。

 長命寺と道明寺の味覚的な違い

材料が小麦粉と道明寺粉という違いからもちろん食感的にも違いがありますが、一番の違いはくるんである桜の葉の塩漬けです。
やはり濃い味付けが好みの長命寺の方が道明寺より幾分塩分濃度が高いようです。
また餡を包んである餅は発祥の経緯からか長命寺は白や淡いピンク、道明寺はそれより幾分鮮やかなピンク色のものが多いようです。

 包んである桜の葉は食べる?食べない?

この問題がけっこう話題になりますが、基本的には個人の自由だそうです。
一緒に食べてほしいと言われるお店もあれば、桜の葉は香り付けとして巻いてあるので桜餅自体の味が変わってしまうので、食べないでほしいと言われるお店もあります。

結詞

糸島の春

次候は「桜始開」です。いよいよ本格的な春到来です。今年は新型コロナウィルスの感染拡大防止からイベントが自粛され、お花見の宴会も制限されている公園などもあるようです。ルールを守りながら春の訪れを楽しみたいものですね。

テーマ: 九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - ジャンル: 地域情報

タグ: 春分  春分の日  雀始巣  すずめはじめてすくう  桜餅  長命寺  道明寺  二十四節気  七十二候  歳時記 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ