FC2ブログ

もう一日、豚さんのお話を・・・

沖縄では、豚さんを余すところ無く利用していました。

肉や臓物は、もちろん食用。
頭骨は祈願に用いられ、膀胱は風船、ボールといった遊具に。
もちろん油はラード。
そして、血は漁具の防腐剤や漆器の下地にと・・・

その豚は、沖縄在来の島豚で「アグー」と呼ばれていました。

 


 

20070919_110633_1.jpg

 


しかし、沖縄の食生活の変化とともに、小型で産仔数の少ないアグーはだんだん飼育されなくなっていたそうです。

しかし、近年、有志の方々が戻し交配を重ね、比較的在来種に近い豚が蘇ってきました。
名前は、今帰仁アグーやチャーグーなどと言っていますが、
アグー独特のアミノ酸成分豊富な味わい豊かな豚だそうです。
お値段もちょっとばかり、高いですけどね(^^ゞ

 


 

20070919_110633_2.jpg

 

 

アグーとは関係ありませんが、その他に「琉美豚(リュービトン)」なる清浄豚もスーパーの店頭を賑わすところなど、
さすが豚肉食文化の沖縄だなぁ、と感じる一瞬です(^^)

関連記事
スポンサーサイト



[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ