FC2ブログ

ロハスって何じゃい??

昨日は、「ロハスフェスティバル」なんぞと言う催しがあるということで、好奇心旺盛な私としては「行ってみなければ」ということで行ってきました。


 

20070922_145100_1.jpg


昨今、テレビや雑誌等に声高に、しかも「ファッショナブル」に取り上げられていて、関心はありながらも、何かよく判らないキーワードでした。
しかもブーム的なマスコミの煽り方には、少々反感さえ感じておりました。

そこで、ロハスとは、地球環境保護と健康な生活を最優先し、人類と地球が共栄共存できる持続可能なライフスタイルと、それを望む人たちの総称ということだそうです。

しかし本来の意味は、そもそも環境や健康の意識が高い人たちへ、いかにマーケティングするか、というマーケティング用語らしいんです。
ですから、ロハスという言葉を1つのライススタイルという考え方で使うのは日本、韓国、台湾などのアジアの国が多いそうなんですが、本家本元のアメリカでは普通の人た

ち(マーケティングをしない消費者)はロハスという言葉をあまり使わないそうです。

と言うことは、健康、環境などに関わることであれば、何でも有りなんですよぉ(--;
田舎生活、オーガニック、マクロビオテック、雑穀、ヒーリング等がマスコミでは=(イコール)ロハスのような取り上げ方をしていますが、それはちょっとって違うんじゃ

ないかなぁって感じます(--;
もちろん、そういう類も有りなんですけどね(^^ゞ
ですから、フェスティバルの出店も無農薬野菜から、ある意味話題になった何とか還元水、染物や絵画まで何でも有り状態の出店状況でした(><)


 

20070922_145100_2.jpg

 

ただ一つだけロハスという概念で共感できるのは、無理や我慢ばかりでは、健康も、エコロジーも長続きしません。自分たちの幸せの向こうに、社会の幸せや地球環境への貢

献が地続きでつながっているということを少しでも意識しながら、快適に暮らしたいという欲求(EGO)と、地域社会における環境との共生(ECO)を両立させながら、自分が出来

ることを通して新しい生活文化を創造していくというところですね。(^^)
マイバッグやマイ箸、ゴミの分別をきちっとするような地味なことでも、立派なロハス的生活なんですよね(^^)v

やたらブーム的、ファッショナブルに取り上げるマスコミに反感を感じつつも、私はビニール袋に綺麗に包まれた無農薬、有機栽培の野菜をたくさん仕入れてきました(^^ゞ
これなら、JAの直売所や農連市場の方がよっぽどロハスだぁって思いつつ・・・


 

20070922_145100_3.jpg

 

関連記事
スポンサーサイト



[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ