FC2ブログ

宇佐神宮大宮司到津家の菩提寺(第二十二番 大楽寺)

参拝日 2009.11.7

宇佐八幡宮は全国四万余社におよぶ八幡宮の総本宮です。広大な神域の中には国宝にも指定されている八幡造の社殿が鎮まっています。ご祭神は応神天皇。
大楽寺は、その大宮司の到津家の菩提寺として創建されました。そして建武元年には後醍醐天皇の勅願寺となりました。

多くの観光客でにぎわう宇佐八幡宮から一筋離れていて、観光客の喧騒からは隔絶されていて静かに佇んでいます。

『概略』

八幡宇佐宮 大楽寺

大分県宇佐市南宇佐2077(地図

御本尊 弥勒仏坐像

石段を登ったところに切妻造の山門があり、右手に鐘楼があります。
後醍醐天皇(南朝)勅願寺であるにもかかわらず、永徳という北朝の年号が刻されているのは大変興味深いことです。
22_02_3.jpg

境内に入ると、本堂と見紛う寄棟造の持仏堂。平重盛の守り本尊でもあります「如意輪観音」や宇佐七福神のひとつの「布袋尊」が祀られているそうです。
22_01.jpg

持仏堂の向かいに最も落ち着いた雰囲気を醸し出している入母屋造のお堂が元の本堂です。現在は護摩堂兼大師堂となっています。
22_02.jpg

現在の本堂は、持仏堂の右手にあって、鉄筋コンクリート造ではあるものの、宝形造の優美な形状をしています。
内陣には、中央に穏やかなお顔をされているご本尊である「弥勒仏」が坐しておられ、その脇侍には「法音輪菩薩」「大妙相菩薩」
そして四隅には本尊を守護するように四天王が立っておられます。
22_02_2.jpg

この本堂を拝観するには、別途300円の拝観料が必要となっています。
22_03.jpg

さて、ここ大楽寺で本日の巡拝は終了。
この後、時間がありましたので、宇佐神宮を参拝して帰路に着きました。宇佐神宮の模様は「宇佐神宮コレクション」として写真館のほうへ近日中にアップしたいと思っております。

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事

テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  ご朱印  遍路  大分  八幡宇佐宮  大楽寺  高野山真言宗  宇佐神宮 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ