FC2ブログ

琉球八社 安里八幡宮

末吉宮に続いて、ご朱印を授かりながら参拝を済ませていない琉球八社のひとつ「安里八幡宮」に向かいました。

琉球八社 安里八幡宮 ご朱印

開発著しい那覇の新都心地区に程近いところにあります。

ここは琉球八社の中で唯一熊野権現ではない神様が祀られています。

安里八幡宮の沿革を書いておきたいと思います。

琉球八社 安里八幡宮

第一尚氏第七代尚徳王により、1466年(明成化2年、文正元年)に創建されました。
『尚徳王は、武勇に勝れた英明な王で、先王、尚泰久の遺志をついで鬼界が島遠征のため、二千余の軍勢を率いて安里を通りかかったとき、鳥が鳴き飛び立つのをみて、たちまち弓を取り、乙矢(おとや)は地に立て、甲矢(はや)を弓につがい、天を仰ぎ、「一矢で飛ぶ鳥を射落としたら鬼界が島の平定をかなえさせ給え」と祈願したところ、見事に一矢でこれを射落とすことができました。
また、さらに進んで五十余艘の軍勢で那覇港を出港したところ、海中の波間に梵鐘が浮き沈みしながら漂い、軍船の側を離れなかったという。
尚徳王は、「これは八幡大菩薩の賜りたる霊鐘なり。これがわが手に入れば戦勝まちがいなし。帰国後は八幡宮を崇め奉る。」と誓い、船に載せ戦いに臨んだところ、果たして鬼界が島を平定し凱旋することができました。尚徳王は、この八幡大菩薩のお加護に感謝し、誓願に従い、矢を立てた地に安里八幡宮を建立し、さらに近くに高明山神徳寺を併設して梵鐘を掛けさせたのが安里八幡宮の始まりであります。』(沖縄神社庁HPより)

さきにも書きましたが、ご祭神は熊野権現ではなく応神天皇(おうじんてんのう)・玉依姫命(たまよりひめ)・神功皇后(じんぐうこうごう)です。

この神社も沖縄戦で焼失してしまいましたが、1972年の施政権返還後、安里八幡宮復興期成会により平成5年に社殿の復元がなされました。

現在は新都心に隣接する土地柄、住宅や高層ビルの中、ひっそりと佇んでいます。

琉球八社 安里八幡宮

そのようなわけで駐車場もありませんので、ご参拝の際は近隣の駐車場に車を止めてから徒歩で参拝することをお勧めします。
関連記事

テーマ: 沖縄 - ジャンル: 地域情報

タグ: 琉球八社  安里八幡宮  ご朱印  沖縄  那覇市 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ