FC2ブログ

魚上氷 | うおこおりをいずる | 二十日正月 | じゅり馬 | 沖縄 | 歳時記 | 七十二候


記事提供:おふぃす・ふぇにっくす

魚上氷うおこおりをいずる

2020年2月14日、世間ではバレンタインデーで大いに盛り上がるでしょうが、七十二候は立春の末候「魚上氷うおこおりをいずる)」となります。

魚上氷(うおこおりをいずる)

凍りついた川や湖沼も少しずつ春の温もりで溶け出し、その下では春の気配を感じ始めた魚達が動き出します。
この時季に見られる溶けかけて薄くなった氷を「薄氷(うすらい)」とも呼ばれ春の訪れが近いことを感じさせてくれるプレゼントです。

本来ならばこの時期の風物詩として氷上のワカサギ釣りがイメージされますが、昨今では異常気象のせいかしっかりと厚く結氷する湖が減り、氷上での釣りを中止し、ドーム船や屋形船、または桟橋からの釣りに変更するところも続出しています。

釣り人の安全確保という観点からやむを得ない措置だと思いますが、やはり掘った氷の穴からキラキラと上がってくる鈴なりになったワカサギも見てみたいものですよね。

氷上のワカサギ釣り

その「ワカサギ」ですが、別名「公魚」とも呼ばれています。
昔、常陸国麻生藩からあの子だくさんで有名な第11代将軍徳川家斉公に年貢として納められ公儀御用魚とされたことに由来しています。

頭から食べられるワカサギの天ぷらとこちらも旬の野菜の春菊の天ぷらなどはこの時期の最高のご馳走ですね。

ここ数日冷え込んではいますが、ひょっとすると今週末あたり九州では「春一番」が吹くかもしれません。春はもう、すぐそこまで近づいているのかもしれません。

春一番

二十日正月ハチカソーグヮチ

申し訳ありません。沖縄での4つ目のお正月を忘れていました。
2020年2月14日は旧暦では1月20日です。
本土では新暦の1月20日に二十日正月が行われるところが多いですが、沖縄では二十日正月(ハチカソーグヮチ)といって旧暦で行われます。

主に本島中南部で行われていますが、この日をもって正月すべての行事が完了します。
火の神様(ヒヌカン)や仏壇に二十日正月の報告して、正月の飾り物を片付け、簡単な供え物をします。

この日の特別な行事食はありませんが、年末に漬け込んだ豚肉の塩漬け(沖縄ではスーチカーといいます)がこの日で食べ終わるのでその甕を洗うことから「カーミー(甕)アレー(洗い)正月」「終わり正月(ウワイソーグヮチ)」と呼ぶ方もおられるそうです。

 ジュリ馬行列

この二十日正月の行事として那覇市辻町界隈で行われる「ジュリ馬行列」があります。
かつては「那覇大綱挽き」「那覇ハーリー」と並ぶ那覇三大祭りのひとつとなっていましたが諸事情により一時中断されていました。

その諸事情というのは、この行列の主人公でもある「ジュリ」と呼ばれた女性が琉球王府によって公設された遊郭で働く遊女だったことによるのです。

琉球時代、貧しかった農村では家庭の事情からの借金の形に已む無く遊郭に売られる娘達も多かったのです。遊郭に売られた娘達は借金を返済するまではもちろんのこと返済を終えた後でさえ実家に戻りたくとも「汚らわしい存在」として扱われ戻るに戻れなかったのです。

遊郭にいる間は自由に外に出歩くことなどできるはずもないジュリ達が唯一外に出ることが許されたのがこのジュリ馬行列だったのです。そして見物客に紛れていた家族に元気な姿を見せることができました。
自分の娘の姿を確認した家族たちは皆、目頭を熱くしたことでしょう。

このような悲しい歴史がありながら、時代のうねりか女性団体から「売春を助長する」「遊女や公娼制度を公認する」のはおかしいという声が上がり昭和63年から12年間途絶えてしまいました。
その後地域の方たちから「伝統の継承と地域活性化、観光客誘致」という観点から復活を望む声があがり平成12年から復活しました。

ジュリ馬行列は周辺の拝所を参拝しながらドラや三線の音や「ゆいゆい」という掛け声に合わせ、華やかな紅型衣装を身に纏い、春駒(馬の頭を象った飾り)をつけてジュリに扮した女性たちが踊り練り歩きます。

ジュリ馬行列
写真提供:沖縄観光コンベンションビューロー

観光客向けのイベント的要素も入ってはいるものの見学の際にはその裏側に潜む悲しい歴史的背景もくみ取りながら見たいものです。

ちなみに2020年のジュリ馬行列は3月29日(日)です。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - ジャンル: 地域情報

タグ: 魚上氷  うおこおりをいずる  二十日正月  じゅり馬  沖縄  歳時記  七十二候 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ