FC2ブログ

麋角解(さわしかのつのおつる)|七十二候 | 歳時記 | 年越しそば | 除夜の鐘


記事提供:おふぃす・ふぇにっくす

麋角解さわしかのつのおつる

令和元年も今日を含めて残りあと5日、公私ともにお忙しいことでしょう。
暦も冬至の次候「麋角解さわしかのつのおつる」本年最後の七十二候となりました。

この「麋角解」何かと解釈の難しい七十二候ですが、一般的には、オス鹿の角が落ちる頃とされています。

オスの鹿は年に一度この時期に立派に伸びた角が根元からポロリと自然に落ちて春にはまた新しい角へと生え変わります。
ちなみにここでいう「麋」とは「なれしか」または「さわしか」というトナカイの一種で、日本書紀にも猿や猪とともに山野にたくさんいたという記載のある大鹿またはヘラジカのことだと言われています。

 さわしか ヘラジカ

奈良公園や宮島で見かけるのはニホンジカなのですが、生まれた年にはまだオスにも角はありません。やがて成長して一歳になるころには小さな一本角が生えてくるのです。そして二歳になるとその一本角は二つに枝分かれし三歳で三つにそして四歳以上の成獣となると四つにまで枝分かれした立派な角となります。
保護団体の方々はその角で鹿の凡その年齢が判るようです。

ニホンジカ

その角は4月ごろから8月にかけて袋角(ふくろづの)と呼ばれる表面が柔らかい皮膚と短い毛で被われた角が生え成長していきます。
袋角には血管も通っていて触れると温かいそうですが、9月ごろになるとその外皮も血管も無くなり堅く立派な角に変貌していきます。
そして3月ごろにはその角も落ちてまた春に生え替わっていきます

麋とニホンジカは落角の時期が違うのですねぇ。

年越しそば

年越しそば

さて今年も僅か、年越しの準備はいかがでしょうか。

年越しと言えば「年越しそば」ですが、ここで蘊蓄を少しばかり・・・

年越しそばの由来

年越しそばの由来については諸説ありますが、博多の唐房に住み、船を所有して日宋貿易を生業としていた南宋人の謝国明が年を越せないほど貧しい人たちに承天寺で「世直しそば」と称してそば粉を使った蕎麦餅をふるまいました。

承天寺
写真提供:福岡市

翌年からその蕎麦餅を食べた人たちの運気が上がり、蕎麦餅を食べると良いことがあるとの噂が広がり、それより毎年食べられるようになったのが現代の「年越しそば」となりました。

博多の承天寺は蕎麦のほか、うどんの発祥地でもあり、夏の祇園山笠発祥の寺でもある臨済宗東福寺派の古刹です。

 年越しそばとその願い

1. 長生き出来るように
蕎麦のように細く長く過ごせるように願います。
2. 今年の不運を切り捨て、来年を幸福で迎えられるように
蕎麦は切れやすいということから、一年間の不運や借金や苦労などを切り捨てて翌年に持ち越さずにいられることを願います。
3. 金運が上がりますように
昔の金銀細工職人が散らかった金銀をそば粉で作った蕎麦団子で集めていたことから金銀を集める縁起の良い物となりました。
4. 無病息災でありますように
蕎麦は風雨に曝されてみ日光を浴びると再び元気になるので、それにあやかって何度でも蘇られるように願います。
5. 来年も傍にいられるように
家族の縁が永く続いていくことを願います。

このように蕎麦自体に由来がありますが、のせる具材にも意味があります。
1. 海老の天ぷら
腰が曲がるまで長生きをと長寿を願います。
2. 油揚げ
お稲荷さんに因んで「商売繁盛」を願います。
3. 薬味のネギ
ネギは「労う(ねぎらう)」に通じ一年の苦労を癒し労うという意味があります。

除夜の鐘

除夜の鐘

さぁ年越しそばも食べたら、一年の穢れを祓いに「除夜の鐘」を撞きにいきましょう。

 除夜の鐘とは

最近では近隣の騒音対策などで時間を繰り上げて早い時間から除夜の鐘を撞く寺院も増えてきましたが、基本的には大晦日の深夜0時を挟んで元日にかけて撞く鐘をいいます。

仏教では人には欲望、怒り、執拗、猜疑など108の煩悩があると言われています。
その煩悩を祓うために鐘を撞くのです。


除夜とは除日の夜のことで、「除」には古いものを捨てて新しいものに移るという意味があり除日とは一年の一番最後の日という意味を表しすなわち大晦日のことを指しています。

 除夜の鐘はなぜ108回

どこの寺院でもきっちりと108回だけ金を撞くわけではありませんが、108回の意味合いは先ほども触れたように人間の煩悩の数という説が通説とはなっていますが、その他にも12か月(12)+二十四節気(24)+七十二候(72)の足し算だという説もあります。

 除夜の鐘はどこで撞ける?

九州・沖縄で除夜の鐘を一般の参拝者も撞ける寺院を各県を代表して一寺ずつをご紹介しておきます。セレクトについては別段他意はございません。

なお除夜の鐘を撞く場合は事前に各寺院にお問い合わせの上参拝してください。
そして鐘を撞く前には必ず鐘の前で合掌してから撞きましょう。

福岡県 清水山普門院 観世音寺
福岡県太宰府市観世音寺5丁目6-1
℡092-922-1811
佐賀県 小松山 大興善寺
佐賀県三養基郡基山町園部3628
℡0942-92-2627
長崎県 海雲山 晧臺寺
長崎県長崎市寺町1-1
℡095-823-7211
大分県 耆闍崛山 羅漢寺
大分県中津市本耶馬渓町跡田1501
℡0979-52-2538
熊本県 高原山 蓮華院誕生寺奥之院
熊本県玉名市築地1512-77
℡0968-74-3533
宮崎県 観弘山 貫川寺
宮崎県児湯郡都農町川北名貫983
℡098-25-2612
鹿児島県 鎮国山 感応寺
鹿児島県出水市野田町下名5735
℡0996-84-2075
沖縄県 首里観音堂 [慈眼院]
沖縄県那覇市首里山川町3丁目1
℡098-884-0565

最後に

年越し

あっそうそう、お正月飾りなど準備の出来ていない方は明日28日30日の内にがんばりましょう。
29日は9が「」に繋がる、そして31日は「一夜飾り」と言って年神様をお迎えする物としては相応しくないと言われています。

それでも間に合わない方は年が明けてからの方がまだマシのようですよ。

今年の更新はこれが最後になります。
本年も拙いブログにお付き合いいただきありがとうございました。

新年は元日がちょうど七十二候の冬至の末候「雪下出麦」ですので新春のご挨拶とともにアップする予定でおります。

それでは皆さん、良いお年をお迎えください!!
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - ジャンル: 地域情報

タグ: 麋角解  さわしかのつのおつる  七十二候  歳時記  年越しそば  除夜の鐘 

[edit]

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→https://masaonedayonepohoto.blog.fc2.com/tb.php/1007-b55e8ff0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ