FC2ブログ

鬱陶しい毎日です

毎日々々鬱陶しい日が続いている沖縄です。週末までそんな天気が続くようです。

111017-1.jpg

ところで、今日は「沖縄そばの日」です。ミーハー&行事ごとの大好きな私もお昼は定番「沖縄そば」にしました。

さて、この日が「沖縄そばの日」になったのは、昭和53年10月17日に公正取引協議会から正式に「沖縄そば」の呼称認定を受け、全国麺類名産・特産品にも指定された日を記念して、平成9年、沖縄生麺協同組合が10月17日を『沖縄そばの日』に制定しました。
この出来事は、単に食べ物の名称の登録と云う問題だけでなく沖縄の食文化の歴史と伝統、敢て言うなら、歴史に翻弄され続けている沖縄そのものを表す出来事だったと私は思います。

いきさつの概略は以下のようです。
沖縄が本土復帰をしてから4年後、「沖縄県生麺協同組合」に対して県の公正取引室より事もあろうに名称としての「沖縄そば」にクレームがつきました。その内容は、沖縄そばには「蕎麦粉」が入っていないという点での表示違反。ご存知の通り、沖縄そばの原料は小麦粉100%で「全国生めん類公正取引規約」に定められている「そば」という名称を使う場合の定義「……そばの名称は、蕎麦粉が三十%以上混入されていること……」に抵触するというものでした。
これは一大事ということで、当時の組合の理事長は、県では埒があかず、東京の本庁まで出向き、執拗な折衝が数カ月に亘って続けられました。その結果、なんとか県内での限定的な使用のみ認可されるところまでこぎ着けました。

しかし、全国規模での正式認可には「規約」の壁が厚く、半ば諦めかけていたところ、「名産・特産・本場等」を使用する特殊名称を表示して認可を得るという案で交渉が続けられた結果、晴れて「本場沖縄そば」という名称にて昭和五十三年十月十七日「生めん類の表示に関する公正競争施行規則」別表に追加承認されました。そして同日、全国麺類名産・特産品にも指定されました。さらに、昭和62年4月5日には「沖縄そば、本土移出正式認可」を受け本土市場に本格参入も叶い、今まで苦労してきた「登録」がその価値を現実的なものとすることが出来たのです。

111017-2.jpg

ちなみに、「沖縄そば」は戦前は支那そばと呼ばれていたようです。
「沖縄そば」の定番トッピングは、三枚肉・かまぼこ・ネギですが、昔は赤肉(豚の赤身)とネギというシンプルなものだったようです。
最近では、沖縄そば=ソーキそばのように思われている方も多いようですが「ソーキそば」が出現したのは、極々最近になってからです。
関連記事
スポンサーサイト



[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ