FC2ブログ

今宿・今津ぶらり散歩(2)

いつもながらの手弁当でお腹を充たした後は、巡拝先の誓願寺の奥の院でもある毘沙門山へ木漏れ日を浴びながらのプチ登山。
とはいえ、登山路は舗装されていて足元は非常に歩き易くなっていました。

130312-09.jpg

登山口より約20分あまり、山頂近くの急傾斜に息を切らせながら登り詰めると毘沙門堂に着きました。

130312-10.jpg

参拝を済ませて、少し汗ばんだ体には海から吹き渡る風と、そして山頂からの眺望が登りの疲れを吹き飛ばしてくれたような気がしました。
130312-11.jpg

しばしの休息の後下山し、ふたたび登山口まで戻り、その脇にある「元寇殲滅之処碑」を見学し登志神社へ。
130312-12.jpg

今津は元寇関連ばかりではなく、県の無形民俗文化財にも指定されている「人形芝居」も有名なところですが、この登志神社は毎年9月の第一日曜日に模様されているところです。
130312-13.jpg

さらにここもまた由緒ある「四所神社」にも参詣し、今宿駅への帰りルートに着きます。

130312-14.jpg

その道すがら、道沿いの石造りの鳥居の脇に「今山遺跡」の石標を見つけたので「熊野神社」に立ち寄ってみることにしました。

130312-15.jpg

鳥居をくぐり長い石段を頑張って登ると本殿がありました。

130312-16.jpg

お参りをして、ふと左手を見ると今山遺跡の説明板が・・・

今山は標高82mの玄武岩と花崗岩で出来ている小山で、かつては彦火々出見命(ほこほほでみのみこと)が山上から夷魔(いま)を射たという伝えから夷魔山と呼ばれていたようです。
弥生時代にはこの山の玄武岩を使って大型の磨製石斧が作られ、佐賀・熊本・大分まで広がり、とりわけ福岡県内から出土した石斧の90%が今山産だと言われています。

帰路につこうと再び石段を下っていくと、両脇にひっそりと観音堂、大師堂がありました。

130312-17.jpg

旅の最後に大師堂と巡り合えるとは、これも何かのお導きかと感じ入りました。

130312-18.jpg

さらに下り切ったところには「平和の礎」の石碑も・・・

130312-19.jpg

こちらでも戦没者の方々の御霊に対して合掌し、この日も歴史に触れながら「良いお参り」が出来たことに感謝しつつ、無事にぶらり散歩を終えることが出来ました。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 写真日記 - ジャンル: 写真

タグ: ぶらり散歩  福岡  西区  今津  今宿  毘沙門山  誓願寺  登志神社  四所神社  熊野神社 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ