FC2ブログ

森閑とした山中の修験道(第二十一番 神護寺)

参拝日 2009.11.7

豊前は豊後と並んで、英彦山や国東六郷満山の影響を受けて修験道が発展したところです。ここ八面山もその一つです。


『概略』

八面山 神護寺

大分県中津市三光田口3572(地図

御本尊 不動明王坐像

八面山は英彦山の法蓮仙人によって開山された霊山で、かつては山麓の大日寺を中心に諸堂が点在していたと言われています。神護寺は、その中で猪山八幡宮の別当として創建されました。
ただ、明治の廃仏毀釈で大日寺は廃寺となり、神護寺も廃寺は免れたものの大きく衰退したそうです。
復興の始まりは、弟の病気平癒のために佐賀本福寺に参籠していた覚瑞和尚に「八面山に不動ノ滝あり、籠りて修行せよ」との霊告があり、八面山にて修行しました。そして霊験によって弟の病は平癒し、その後神護寺の諸堂を復興しました。
以前本尊は、聖観音でしたが、現在は覚瑞和尚が信仰していた石仏の不動尊となりました。他にも諸尊が安置されていますが、中でも弁才天は宇佐七福神のひとつとなっています。
21_01.jpg

境内には谷川も流れていて、これが覚瑞和尚が修行した不動ノ滝。現在でも行をする人もあるそうです。山懐に抱かれた広い境内には、数多くの石仏が点在していますが、中でも眼を引くのが巨大な釈迦涅槃像です。
長さは九メートルほどあり、境内の岩に直接彫られたものです。背後に釈迦の弟子たちも彫られていて大変珍しい涅槃像となっています。
21_02.jpg

さらに山手に登ると、円を描くように五大明王の石仏が立っています。サークル内に佇めば、おのずと仏のご利益がありそうな空気が漂っていました。
21_02_2.jpg

21_03.jpg


*******************************************************
外部ブログ お暇な時にでも覗いてみてください(^^)
まさの写真館
http://okinawaphotographer.blog90.fc2.com/
まさの写真館交流掲示板
http://park12.wakwak.com/~phoenix/photobbs.htm

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)
関連記事
スポンサーサイト



[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ