FC2ブログ

洞窟の中の護摩堂(第二十三番 光明院)

参拝日 2009.11.28

杵築は、国東半島の南の入り口にあたり、白壁土蔵や武家屋敷の土塀など古い城下町の風情を残している町です。再建され現在は内部が郷土資料館となっている杵築城天守閣がある古代公園には国東塔、宝篋印塔、五輪塔などが集められているそうで、次回は是非そちらも訪ねてみたいものです。

『概略』

長覚山 光明院 真言宗醍醐派

大分県杵築市南杵築据場72(地図

御本尊 不動明王立像

光明院は、松平英親がこの地の領主となった時代に、杵築城の裏鬼門除けとして建立されました。その後隆盛を極めましたが、明治の廃仏毀釈によって廃寺同然に荒廃してしまいました。
山門をくぐるとまず眼に飛び込んでくるのは、境内の奥の護摩堂
一般的な木造のお堂ではなく、ぽっかりと空いた洞窟がお堂です。ただ入り口には向拝部分の屋根と扉が設けられていて仏堂としての態をなしています。
この護摩堂の中に五大明王である、不動尊降三世明王軍荼利明王大威徳明王金剛夜叉明王が祀られています。
23_01j.jpg

堂の上方は岩肌となっていて、見上げると小さな穴があります。以前はこの穴に不動尊が祀られていて「穴不動」といわれています。
23_02j.jpg

そして境内右手には二体の尊像があって、ひとつは水子子育地蔵尊。もうひとつは九州三十三観音第十三番札所ともなっているぼけ封じ観音です。
人生の始めと終わりをお守りくださる仏様が並んでおられのも趣深いです。
23_03j.jpg

左手には、平成八年に建立された大師堂があり、今後本堂なども再建される予定となっていて、ますます地域の信仰をあつめることでしょう。
ご朱印

光明院 ご朱印
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  九州三十三観音霊場  ご朱印  大分  光明院 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ