FC2ブログ

福岡市民憩いの山に(第八十五番 観音寺))

参拝日 2013.01.31

『概略』

愛宕山 観音寺

福岡県福岡市西区愛宕2丁目22-7(地図

御本尊 愛宕勝軍地蔵菩薩騎像

福岡市民のみならず、九州全域からそのご神徳を求め多くの参詣者で賑わう愛宕神社ですが、今回の巡拝先の観音寺の縁起を語る時、この神社の存在との関わりが深く、まず触れておかなければならないでしょう。
愛宕神社のある愛宕山はかつて鷲尾山と呼ばれていて、景行天皇・西暦72年に鷲尾神社を祀ったのが始まりです。
955年、社殿を改築した際に別当寺、東林寺を開創。その後鷲尾神社は兵火により東林寺を残して衰微したそうです。

時は流れ寛永11年(1634)に三大お家騒動で有名になった福岡藩主・黒田忠之が京都山城より愛宕権現を勧請し、愛宕権現殿や太郎坊天狗鷲尾殿を建立し、別当に圓満寺を創建しました。
そのお家騒動の折、忠之が愛宕権現に祈願し、嫌疑が晴れ改易を免れたことにより愛宕社を本殿、鷲尾社を脇とし、その際に東林寺と圓満寺を合併しました。

明治になり、愛宕・鷲尾両社を合祀した際に圓満寺は廃寺となりましたが、太郎坊天狗や忠之の妹が奉納した愛宕勝軍地蔵尊などは東林寺跡の観音堂に移され、後に愛宕山 観音寺と改称され今日に至っています。

縁起が長くなりましたが愛宕神社参詣後、石段を姪浜方面に下る中ほどに観音寺はあります。
山門をくぐると正面に入母屋造のどっしりとした本堂が迎えてくれます。

85_01j.jpg

ご本尊の愛宕勝軍地蔵は昭和60年代の本堂の火災により被災し、現在では桐箱に収められ台座の中に収められ、永久秘仏となっています。現在の尊像はその後造られたものだそうです。

85_02j.jpg

さて境内には祐徳稲荷社の他、左右に石仏が並び、山裾の喧騒と隔絶されたように静かで荘厳な空気に充ちています。

85_03j.jpg

85_04j.jpg

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
参拝日 2017.2.1
本日2度目参拝に伺いました。

85-n1.jpg 85-n2.jpg
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 福岡 - ジャンル: 地域情報

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  福岡県  第八十五番  観音寺 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ