FC2ブログ

漆喰の街中に(第八十四番 法蔵院)

参拝日 2013.01.31

『概略』

飛形山 法蔵院

福岡県福岡市西区姪の浜6-2-35(地図

御本尊 十一面観音立像

現在もなお漆喰壁の街並みが残る旧唐津街道沿いにある法蔵院は、ご宝号の幟が無ければ通り過ぎてしまうほど街並みに溶け込んでします。

84_01j.jpg

街道に面した簡素な切妻造の山門をくぐると、京都の町屋を彷彿とさせる細長い路地のような参道があります。左手が庫裡、そして右側には水掛け地蔵尊や水子地蔵尊の小堂があり、ぼけ封じ観音などの諸仏が所狭しとコンパクトに並んでおられます。

84_02j.jpg

しかしご本堂に上がると、ご本尊の十一面観音をはじめ、大日如来、薬師如来、弘法大師、子宝子安地蔵尊や第八十二番札所である雷山から勧請した十一面観音の古仏、高野山からの十一面観音や不動尊、さらにはインドやタイから迎えられた尊像が実に荘厳に祀られていました。

法蔵院は昭和初期の二度にわたる大火の時に瑞光尼が筑後国八女の飛形山から十一面観音を勧請し、火伏せの願いを込めて火元に建立したのが始まりだそうです。
その飛形山は現在の八女郡立花町にある450m程の山で古くから修験者が籠った霊山であり、この縁起により山号を飛形山と号しました。

84_03j.jpg

さてこの法蔵院さんは我々巡拝者にとってまことにありがたい存在です。と言うのも九州各地の巡礼の開創に多大なるご尽力をなされたそうです。本当にありがとうございます(合掌)

*******************************************************
記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)
*******************************************************
参拝日 2017.2.1

本日「九州二十四地蔵尊霊場」「九州三十三観音霊場」などのご指導をいただきに、二度目の参拝に伺いました。

84-n1.jpg 84-n2.jpg kannon32.jpg

節分祭の前のお忙しいさ中、ありがとうございました(合掌)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 福岡 - ジャンル: 地域情報

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  福岡県  第八十四番  法蔵院  九州二十四地蔵尊霊場  九州三十三観音霊場  第三十二番 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ