FC2ブログ

不屈の修験道とともに(第三十三番 永願寺)

参拝日 2002.03.20

『概略』

吉祥山 永願寺

宮崎県東臼杵郡角川町加草2321-2(地図

御本尊 薬師如来立像

延岡から少し南下すると門川町。
鎌倉時代初期にこの地を支配していた門川氏がこの町の地名の由来だそうです。

永願寺の創建は平安時代にまで遡ります。
江田城主・草野大膳弘利が四海安徳を祈願するため能円了孝和尚を招き建立しました。

以来山岳修験の道場として最盛期には十二坊を数えるほど繁栄しましたが、やはり明治の神仏分離と修験道禁止令により永願寺も一時的には後退しました。

明治28年に現在地に移転して再興。かつての地には奥の院として薬師堂があり、行基作の薬師如来と十二神将が安置されているそうです。

入母屋造の山門へ続く石段は厄除坂となっているので、私も厄難を落としながら登りました。

33_01.jpg

山門をくぐると右前方に白い鉄筋コンクリート入母屋造の本堂が重量感を感じさせつつ建っています。

33_02.jpg

堂内の本尊は秘仏となっていて、直接拝することは出来ませんでしたが、こじんまりとまとまった境内には子宝観音などの石仏も点在し、南国宮崎の日差しの中、とても清浄な空気に充たされたお参りができました。

33_03.jpg

ご真言 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

*******************************************************
願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜん

33_04.jpg

ご詠歌 この世から 後の世かけて 願いおく
        お山さながら 浄土なるらん
*******************************************************
外部ブログ お暇な時にでも覗いてみてください(^^)

気ままな沖縄暮らし』・『まさの写真館

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)


*******************************************************
関連記事
スポンサーサイト



[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ