FC2ブログ

宝満山の大師像(第七十番 宝光院)

参拝日 2011.4.16

『概略』

龍門山 宝光院 真言宗大覚寺派

佐賀県西松浦郡有田町広瀬甲354(地図

御本尊 十一面観音立像
ご真言 おん まか きゃろにきゃ そわか

宝光院は縁起によれば、江戸時代初期当地に流行り病が蔓延し、またたびたび天災にも見舞われ悩まされていました。

その時鍋島藩主の祈祷僧だった智乗和尚が十一面観音に祈願するとたちまちに平穏になりました。和尚は黒髪山を下りこの地に建立したのが宝光院を建立したのが始まりと伝わります。

境内に入ると楠の下に立つ修行大師様が迎えてくれます。

右手に入母屋造で妻入の本堂と棟続きの大師堂があります。

70-01.jpg

左手本堂に向かい合うように水子堂、正面奥には九州三十三観音霊場第二十七番札所並びにぼけ封じ三十三観音第三十一番札所の霊場本尊である青銅の観音像が立っています。

70-02.jpg

70-03.jpg

さて入母屋造平入の大師堂に安置されている大師像は昭和49年に宝満山の大日寺に安置されていたものが故あって安置場所を探していたそうです。
宝満山は大宰府の東にあって九州を代表する修験道の山で伝教大師最澄や弘法大師空海たちも登拝した霊場です。
その弘法大師像もおそらく明治の廃仏毀釈や修験道禁止令で混乱する中流出したものと思われますが、宝光院にお迎えして昭和51年から安置されたそうです。

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

70-04.jpg

ご詠歌

ありがたや 黒髪山の花開き
     あじさい寺の 宝光院

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  佐賀  有田町  第七十番  宝光院  真言宗大覚寺派  十一面観音  九州三十三観音霊場 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ