FC2ブログ

第43回 那覇ハーリー

ゴールデンウィークもあっという間に終わってしまいましたね。

そんなGWも終盤、5日に久しぶりに「那覇ハーリー」に行ってきました。

170508-01.jpg

本来沖縄でのハーリー競漕は、旧暦の5月4日(ユッカヌヒー)に行われますが、那覇ハーリーは観光イベントのひとつとしてGWに開催されるようになったようです。

その那覇ハーリーの起源は諸説ありますが、14世紀に中国から沖縄に帰化した久米三十六姓が伝えたという説や、長浜太夫という人が南京で爬龍船を見て、帰国後まねて造り、那覇港で競漕したという説などが有力のようです。

170508-03.jpg

那覇以外の地域のハーリー舟は、主に漁労用のサバニを漕ぎ手10名、舵取り1名、鉦打ち1名の計12名で操りますが、那覇の舟は、漕ぎ手は32名、鐘打ち2名、舵取り2名や数名の旗持ちなど乗組員も大勢でそれに伴い舟も全長14.5メートル、幅2.1メートル、重さは2.5トンと大型のもので、舳(へさき)には竜頭を、艫(とも)には竜尾の彫り物を飾った特別な舟で競漕することが県内各地のハーリーとの一番の違いです。

170508-04.jpg

私が観に行った最終日は、青年会や企業団体などグループを結成し意地と名誉をかけて真剣対決する一般競漕に始まり、そしてクライマックスは古式ハーリーにのっとった衣装でハーリーウタ(歌)を歌いながら、ゆっくりとした櫂さばきで港内を回遊し豊穣を願う「御願(うがん)バーリー」とその衣装のまま「那覇」「泊」「久米」と地域対抗の「本バーリー」となります。

170508-05.jpg

今年の本バーリーの勝者は「那覇」が去年に引き続き勝ちました。

この日も心配した天気も何とか降られることもなく、ハーリー競漕以外にも様々なイベントやアトラクション盛りだくさんの会場にはたくさんの人々で溢れかえっていました。

170508-02.jpg
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 沖縄 - ジャンル: 地域情報

タグ: 沖縄  那覇港新港ふ頭  第43回  那覇ハーリー  御願バーリー  本バーリー  ハーリー競漕 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ