FC2ブログ

天然の奇勝・大石橋、御橋観音(第七十五番 御橋観音寺)

参拝日 2011.4.23

『概略』

石橋山 御橋観音寺 真言宗智山派

長崎佐世保市吉井町直谷94(地図

御本尊 十一面観音坐像
ご真言 おん まか きゃろにきゃ そわか

行基菩薩が海中から見出した3本の霊木を一刀三拝して三体の観音像を彫り、開眼供養後、有縁のところに届くようにと東の浦に流しました。
その内の一体が佐々の港に漂着し御橋観音としてお祀りしているのがご本尊、十一面観音坐像です。

ちなみに他の二体は佐世保港の松林の海辺と長崎外脇岬に漂着し、それぞれ「福石観音」「みさき観音」として篤く信仰されています。

さて山門をくぐり参道を進んだところに入母屋造のかつての本堂、現在は開山堂となっているお堂があります。

75-01.jpg

その右手を見上げると、巨大な二枚の岩が橋のように渡っている光景が目に入ります。
大石橋」と呼ばれ、寺号、山号もこれに由来しご詠歌にもうたわれています。大石橋の下は奥の院となっていて不動尊や地蔵尊などの石仏が点在しています。

現在の本堂は宝形造の美しい姿で山門手前に建っていて、観音菩薩がご本尊のお寺として九州三十三観音霊場第二十九番札所として訪れる参拝者も多いお寺です。

75-02.jpg

余談になりますが、境内のシダ植物群落は国の天然記念物に指定され、生育分布の北限とされる種類のシダも群生しているそうです。

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

75-03.jpg

ご詠歌

はるばると 登りて見れば 天かける
        二條の橋を 拝む極楽

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  長崎  佐世保  第七十五番  御橋観音寺  真言宗智山派  平戸八景  大石橋 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ