FC2ブログ

昨夜の肴

昨日の地名の読み方の正解は、
●今帰仁=なきじん
●保栄茂=びん
●為又=びぃまた
●東風平=こちんだ
●勢理客=じっちゃく  でしたぁ(^^)

 

その日記の私からのコメ返しの中で、昨晩の肴のメニューを書きましたが、
厚揚げ豆腐のアーサーあんかけ&ミミガーの和え物でした。

ミミガーとは、ご存知の方も多いと思いますが、豚の耳です。


スーパーで中華風に和えてあるものに、キューリのスライスを足して、ごまダレも追加して、ちょっと一手間加えてみました(^^ゞ

 

陰の声・・・これが一手間かぁ?(~-~;)ヾ(-_-;) オイオイ

 

ところで、沖縄の料理と言えば、豚肉のイメージが強いと思いますが、
普段の家庭料理は、チャンプルーを代表とする野菜料理や豆腐をたくさん食べるスタイルが本来の食生活でした。
豚肉といえば、沖縄ではご馳走料理でした。

 

戦前までは、沖縄の主食はさつまいもで、多くの農家では、その茎や葉を餌にして、フールという建物(フールの話は明日にでも)で、豚を飼っていました。
大晦日の日に、その大切に育てた豚をつぶして、正月にご馳走として食べ、残ったものは、塩漬けにして、折々の行事の時に食べたそうです。

沖縄の豚の利用法は、頭の先から脚の先まで、肉はもとより、毛・血・骨まですべて使うことだそうです。
これは、世界的に見れば珍しいことではないのですが、日本では珍しいケースではないでしょうか。
飽食の時代、食材を大切に使い切る・・・これも食文化といっても良いと思います・・・といった先人の教えも守っていきたいものです。


 

20070917_130803_1.jpg

 

関連記事
スポンサーサイト



[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ