FC2ブログ

お綱大明神(第百六番 眞光院)

参拝日 2010.11.27

『概略』

二上山 眞光院 真言宗醍醐派

福岡糸島市二丈福井395-1(地図

御本尊 大随求菩薩坐像
ご真言 おん ばらばら さんばら さんばら いんだりや びしゅだに うんうんろろ しゃれい そわか

眞光院の背に聳える山は、かつては山頂部は女人禁制で「霊峰二丈」と呼ばれ、近年では経筒も発見されている山岳信仰の霊山です。

二丈浜玉ロードに沿ったところにある山門ををくぐり、回り込むように境内を進むと、一番奥に庫裡と並んで本堂(随求堂)があります。
ここにお祀りされているご本尊は「大随求菩薩」で、この仏様をご本尊とされている寺院は珍しいそうです。
その脇仏には左に摩利支天、右には三宝荒神が奉安されています。

106-01.jpg

本堂の左手に護摩堂(五大堂)があり、大日大聖不動明王をはじめ、降三世明王、軍茶利明王、大威徳明王、烏枢沙摩明王と弘法大師が祀られています。

106-02.jpg

その護摩堂の裏手には清瀧水というご神水が湧いていて、その霊示を授けた清瀧権現をお祀りした清瀧堂が境内にありました。

106-03.jpg

そしてさらに福岡で最も凄惨な怪談として語り継がれている話にお綱の話がありますが、そのお綱の霊を鎮めるための「お綱大明神」も縁あってこの眞光院の境内に置かれています。

106-04.jpg

その話というのは
「お綱の夫は主命により遊女を下賜され、上屋敷に住んでいました。お綱と二人の子供は下屋敷に住まわされていました。その女に夢中になった夫は次第に足も遠のき、仕送りも滞りがちになりお綱たちの生活も困窮するようになってしまいました。
お綱は「せめて子供に桃の節句の祝いを」と仕えていた下男を夫の下へと差し向けたのですが、その願いは無碍に扱われ、下男は役目を果たせなかった申し訳なさに自害してしまいました。
その訃報に接したお綱は「最早これまで!」と二人の子供も道連れにと首をはね、それを腰に下げて夫と刺し違えんと上屋敷に向かいましたが、その形相の凄まじさに警備の者にあえなく刺殺されてしまいました。
その後関係者に異変、凶事が続いたため、お綱の霊を鎮めんと「お綱大明神」としてお祀りされました」

現在ではこの地で、お社内のお綱親子地蔵となって夫婦円満、家内和合と祈っているそうです。

境内はこじんまりとはしているものの充実したお参りを終えてご住職との会話もその滲み出る優しいお人柄からか、二丈岳を背に本堂正面に広がる玄界灘の海原も晩秋の陽を浴びて穏やかに輝いていました。

106-05.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

106-06.jpg

ご詠歌

まことある みちをおしえて もろびとの
      まよいをすくう のりのすめらぎ

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州八十八ヶ所百八霊場  遍路  巡拝  福岡  糸島  二丈岳  第百六番  眞光院  真言宗醍醐派  大随求菩薩 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ