FC2ブログ

ヒンプン

18日の日記で、♪らぶり〜♪ガイドさんから、突然振られてしまったので、今日はちょっと「ヒンプン」のウンチクを(^^ゞ

 

ヒンプンとは、門の内側にもうけられた目隠しのための仕切り屏のことです。
でも、仕切りと言っても両サイドは開いていて、来る人を拒絶するようなものではなく、見えそうで見えない、ちょっとファジーな感じが沖縄っぽいです(^^)
瓦石垣、石積み、一枚石、チニブ、生垣(ゲッキツ、ブッソウゲ)、板屏などのいろいろなものがあります。
その左右が閉じていない塀もそれなりに意味があって、昔は男性は右側、女性や使用人、御用聞きなどは左側を通ったそうです。
このような様式は、鹿児島にもあるそうです。

 


 

20070920_111901_1.jpg

 

もうひとつヒンプンの役目には、外から魔が入ってくるのを防ぐという、マジナイ的な意味もあるそうです。
それは、沖縄の魔物は角を曲がるのが苦手なため、直進して入ってこないように、家の正面に衝立を建て、その進入を防ぐという次第です(^^)

 


 

20070920_111901_2.jpg


これと同様の魔除けは三叉路などにある「石敢當」も同じ意味です。(これはまた別の機会に・・・)

関連記事
スポンサーサイト



[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ