FC2ブログ

半夏生(はんげしょう)

昨日は「半夏生(はんげしょう)」でした。
半夏生」は節分や彼岸、土用などの雑節のひとつで夏至から数えて11日目くらいの日で、今年は7月2日でした。

由来は七十二候の「半夏生(はんげしょうず)からきていて、気候的には変わり目として、農作業の大切な目安とされています。
従前の農業では田植えも「夏至の後、半夏生に入る前」に終わらせるものとされ、それを過ぎると秋の収穫が減るといわれていました。

そして無事に田植えが終わると、水田や神棚に餅やお神酒を供え、田の神に感謝する「さなぶり」という行事を行なったり、全国各地に様々な風習が残っていますが、とりわけ知られているのがタコの足のように植えた稲が大地にしっかり根付くようタコを食べる風習でしょう。

タコを食べるのはゲンを担ぐだけではないのだそうです。
それはタコには疲労回復効果のある「タウリン」が多く含まれているので、まだ暑さに慣れていないからだ体に持ってこいの食材といえます。

170703.jpg

そこで私も先週末の酒のアテにタコを・・・
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 季節を感じる - ジャンル: ライフ

タグ: 半夏生    タウリン  雑節  七十二候  夏至 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ