FC2ブログ

日本三薬師(第四十七番 永勝寺)

参拝日 2018.1.13

『概略』

  • 柳坂山 永勝寺 曹洞宗

  • 福岡県久留米市山本町豊田2155(地図

  • 御本尊 薬師如来

  • ご真言 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか



永勝寺は以前「櫨並木の紅葉」を観に来たついでに一度お参りをさせていただいていたのですが、今回は九州四十九院薬師霊場巡礼に訪ねることになりました。
その際も歴史が感じられる古刹であることは感じていましたが、出雲の一畑薬師、伊予の山田薬師と並ぶ「日本三薬師」の名刹だったことに驚きました。

天武天皇が皇后の病気平癒(へいゆ)を永勝寺に祈願され、その霊験のほどを喜ばれて七堂伽藍を建立され、勅願寺として「宝禄長久万民快楽」の祈祷を執り行ったそうです。

その後栄枯盛衰を経て、檀徒はわずかに十指を数えるのみとなり、堂宇を始め寺宝五百羅漢など荒廃してみるかげもなくなっていましたが、 昭和30年本寺創建1300年忌を期して庫裡を新築し、現在に至っています。

前置きが長くなりましたが、櫨並木を背にして進むとお寺の看板がある十数段の石段と正面の六地蔵堂が迎えてくれます。

49y47-01.jpg

そこより右に回りこむように長い石段が続いていて、上りつめるとこじんまりとした境内にたどり着きます。
最初の石段を上らずに少し先に行くと境内脇の駐車場に繋がる道もあるようなので、脚に自信のない方はそちらの方からがいいかもしれません。

49y47-02.jpg

境内に着くと小ぶりの仁王像に迎えられその間の石段を上れば本堂です。

49y47-03.jpg

49y47-04.jpg

堂内は曹洞宗のお寺らしく凛とした空気が漂っています。

49y47-05.jpg

気さくなご住職よりご朱印を授かり、境内の見学に向かいました。

境内には虚空蔵堂、五百羅漢など諸仏龕があり、寺の歴史をまじまじと感じさせてくれました。

49y47-09.jpg

49y47-08.jpg

49y47-07.jpg

とりわけ私の目を引いたのは五月の節句のときに武者人形と一緒に飾られていた鐘馗様の尊増でした。

49y47-06.jpg

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

ご朱印

49y47-00.jpg

薬師和讃

49y47-000.jpg

帰命頂来 薬師尊
諸病を除く 御仏の
誓にすがる 諸人を
もらさで救い たまわんと
大悲の光 くまもなく
眷属十二の神将も
願いをかくる人々に
無量の慈悲ぞ たれたもを
南無大悲 薬師尊

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州四十九院薬師霊場  遍路  ご朱印  巡礼  第四十七番  永勝寺  日本三薬師 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ