FC2ブログ

豊前国分寺(第八番 国分寺)

参拝日 2018.3.17

『概略』
  • 金光明山 国分寺 高野山真言宗

  • 福岡県京都郡みやこ町国分280(地図

  • 御本尊 薬師如来

  • ご真言 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか


聖武天皇が天下泰平と鎮護国家の祈願を込めて行基菩薩に建立を命じた全国68カ所の寺院のひとつが、現在の福岡県東部と大分県北部域の豊前国にもありました。

豊前国分寺が整備された正確な時期については分かっていませんが、七堂伽藍が整備され壮麗な建物群が建ち並び仏教文化が花開いたものと思われます。
さらに平安時代には天台宗や山岳修行を採用して活発な活動を展開したようですが、鎌倉時代以降は国の支援も滞りがちになり衰退し始めていましたし、1500年代後半には大友氏による戦火で伽藍のすべてが焼失してしまったそうです。

その後、真言律宗の僧・英賢により跡地に草庵が構えられご本尊に薬師如来が安置されて真言宗の寺院として再興が図られました。
英賢らは伽藍再興の勧進を豊前各地で行いましたが、これに小倉藩の支援も加わり本格的な再建が進み、明治に入って宝塔である三重塔が建立され往時を偲ばせる復興がなりました。

現在の境内には寛文6年に再建された本堂

49y08-01.jpg

元禄6年の護摩堂

49y08-02.jpg

鐘楼

49y08-03.jpg

などが建ち並び、そして三重塔が聳えます。

49y08-04.jpg

その三重塔の裏手には旧国分寺の史跡がありました。

*******************************************************
回向文

願わくは この功徳をもって あまねく 一切に及ぼし われらと衆生と皆共に仏道を成ぜんことを

ご朱印

49y08-00.jpg

ご詠歌

49y08-000.jpg

天平の 香り伝える 梅の寺
   薬師の功徳 永遠に変わらず

*******************************************************

記事下の「コメント」をクリックしていただくと、コメントが投稿できます。よろしければご感想など聞かせていただけると嬉しいです(^^)

*******************************************************
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 古寺巡礼 - ジャンル: 旅行

タグ: 九州四十九院薬師霊場  遍路  ご朱印  巡礼  第八番  豊前国分寺  高野山真言宗  三重塔 

[edit]

trackback --   Comment (0)

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

ご訪問者数

プロフィール

リンク

最新コメント

月別アーカイブ